2019年03月31日

東京都杉並区下井草のアパート32歳女性保育士惨殺事件…31歳の同僚男を殺人容疑で逮捕


東京都杉並区女性保育士惨殺で同僚男逮捕.jpg

今月26日、東京都杉並区下井草3丁目のアパート2階の1室で、住人の乳児院保育士・照井津久美(つぐみ)さん(32)が殺害された事件で、警視庁荻窪署捜査本部は30日夜、照井津久美さんの勤務先の同僚で、照井津久美さんのアパートから約1キロメートルの所に住む、保育士の松岡佑輔容疑者(31)を殺人容疑で逮捕した。
東京都杉並区女性保育士惨殺で同僚男逮捕1.jpg

東京都杉並区女性保育士惨殺で同僚男逮捕2.jpg
照井津久美さんは26日正午頃、勤務先の乳児院から夜勤明けで帰宅した直後に襲われ、室内にあった包丁で背中などを刺され殺害された。凶器の包丁は、背中の左肩部分に約15センチメートルの深さで刺さり、柄の部分が折れた状態で室内から見つかった。死因は失血死だった。
また、室内やベランダには抵抗したり争ったような形跡があり、照井津久美さんの首や手には、争った際に付いたと見られる圧迫痕や皮下出血があった。照井津久美さんの携帯電話と、現金入りの財布は残されていた。
事件直後、現場アパートからは、黒っぽいコートを着た30代と見られる男が逃げる姿が目撃されていたが、松岡佑輔容疑者の自宅を家宅捜索した際、目撃情報と似た黒いコートを押収したと言う。
東京都杉並区女性保育士惨殺で同僚男逮捕5.jpg
捜査関係者によると、事件の翌日、勤務先の乳児院から「様子がおかしい職員がいる。事件後、欠勤している職員がいる」との情報提供があった事から、警視庁荻窪署捜査本部は、慎重に裏付け捜査を進めた結果、周辺の防犯カメラに、松岡佑輔容疑者が写っている事などを確認、任意同行して事情聴取していた。
照井津久美さんのアパート2階の外廊下側から、屋根の上を照井津久美さん方のベランダへ一直線に向かう足跡が見つかり、ベランダの掃き出し窓の鍵付近のガラスが、工具などで割られたような形跡があった。更に、外廊下などには血痕が残されており、鑑定の結果、照井津久美さんのものと確認したとしている。
東京都杉並区女性保育士惨殺で同僚男逮捕6.jpg
松岡佑輔容疑者は、手にケガをしているとの情報があり、照井津久美さんと揉み合った際に負傷した可能性があり、松岡佑輔容疑者は「わたしは刺していません」などと容疑を否認しているものの、現場に残された遺留物のDNA型が松岡佑輔容疑者と一致した事も判明した。
東京都杉並区女性保育士惨殺で同僚男逮捕3.jpg
松岡佑輔容疑者は、6年前から保育士として照井津久美さんと同じ施設で働いていて、警視庁荻窪署捜査本部は、照井津久美さんとの間にトラブルがあった可能性があると見て、動機や犯行に至った経緯について調べを進めている。
東京都杉並区女性保育士惨殺で同僚男逮捕4.jpg
照井津久美さんは岩手県花巻市の出身。
保育士の資格を取り、東京都杉並区の乳児院で働いていました。


【既報】
東京都杉並区下井草のアパート32歳女性保育士惨殺事件、犯人は屋根伝いに窓から侵入したか?

東京都杉並区女性保育士殺人事件.jpg
東京都杉並区女性保育士殺人事件0.jpg

26日12時05分頃、東京都杉並区下井草3丁目のアパートの2階の部屋から、「助けて」と言う女性の声が聞こえたと、110番通報があった。警視庁荻窪署員らが駆け付けた所、アパート2階の部屋のベランダ近くの床の上で、住人の保育士・照井津久美(つぐみ)さん(32)が上半身を複数箇所、刃物で刺され、左肩に刃物が刺さった状態で倒れており、病院に搬送されましたが、死亡が確認された。
東京都杉並区女性保育士殺人事件2a.jpg
東京都杉並区女性保育士殺人事件2.jpg

警視庁荻窪署によると、アパートからは黒っぽいコート姿の男が立ち去る姿が目撃されており、西武新宿線の下井草駅の方角に向かって逃げる姿が目撃されていると言う事です。
警視庁荻窪署は、殺人事件として捜査本部を設置し、逃げた男の行方を追っている。男は、黒っぽい色のコートを着た身長160〜165センチメートル位で、30〜35歳ぐらいの男だと言う。
東京都杉並区女性保育士殺人事件5.jpg
東京都杉並区女性保育士殺人事件4.jpg

警視庁荻窪署捜査1課などによると、照井津久美さんはベランダから身を乗り出すように助けを求めていたと言う。
照井津久美さんは、26日午前中は勤務先に出勤。帰宅途中に飲食店に立ち寄り食事をしていた事が確認されている。それから事件のおよそ30分前に昼食を購入して持ち帰っていた事がわかった。
照井津久美さんは、帰宅直後に襲われたと見られ、部屋には争った様な跡があったほか、凶器の刃物が残されていたと言う事です。またベランダ側の窓の鍵付近のガラスが割れており、警視庁荻窪署捜査1課は、犯人がここから侵入した可能性があると見ている。
東京都杉並区女性保育士殺人事件7.jpg

警視庁荻窪署捜査1課によると、これまでにストーカーなどについて警視庁へ相談した記録は無いと言う。
現場は西武新宿線・下井草駅の南西約550メートルの住宅密集地。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 20:03| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

【猿芝居】東京都台東区マンション宅配業者装い男性殺害…54歳元妻と60歳交際相手の男を殺人容疑で逮捕


東京都台東区マンション男性殺人.jpg

警視庁捜査1課は27日、東京都台東区北上野のマンションの7階で、3月9日、宅配業者を装った男が侵入し、住人の無職・須藤大(まさる)さん(52)が首を絞められ殺害された事件で、同居中の元妻・坂下乃ぶ江(のぶえ)容疑者(54)と、坂下乃ぶ江容疑者の交際相手で、住居・職業不詳の川井淳容疑者(60)を殺人容疑で逮捕した 。
東京都台東区マンション男性殺人0.jpg

東京都台東区マンション男性殺人1.jpg
逮捕容疑は、2人は9日19時00分頃、東京都台東区北上野のマンションの須藤大さん宅で、須藤大さんの首を締めるなどして窒息死させたとしている。凶器は、坂下乃ぶ江容疑者のベルトと見られる。坂下乃ぶ江容疑者は、須藤大さんの元妻で、当時は同居していたと言う事です。
調べに対し、坂下乃ぶ江容疑者は容疑を否認。川井淳容疑者は容疑を認めているが、「1人で殺った」と共謀を否定している。
東京都台東区マンション男性殺人3.jpg
東京都台東区マンション男性殺人4.jpg

事件当時、須藤大さんと一緒に居た坂下乃ぶ江(のぶえ)容疑者は、「宅配業者を装った男に蹴られて気を失って、気がついたら夫が首を絞められていた」と、捜査員に説明していた。しかしその後、坂下乃ぶ江容疑者に暴行を受けた形跡がなく、事件前後に、携帯電話で川井淳容疑者と連絡を取っていた事が判明し、元妻の関与が浮上した。
東京都台東区マンション男性殺人2.jpg

警視庁捜査1課によると、防犯カメラに映っていた黒っぽい服にフードをかぶり、マスク姿の男の行方を捜査していたが、3月23日、川井淳容疑者から警視庁に、「私が男を殺した」と言う趣旨の電話があったと言う。警視庁捜査1課は、坂下乃ぶ江容疑者と川井淳容疑者が共謀し、計画的に犯行に及んだ可能性があると見て調べている。




posted by かえぴょん at 23:04| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年9月、東京都大田区のアパートで酔って知人を殴り1ヶ月後に死亡…44歳男を傷害致死容疑で逮捕<不起訴処分>


東京大田区アパート酔っ払い男性暴行死.jpg

今年9月、東京都大田区西蒲田のアパートで知人の男性を殴って死亡させたとして、警視庁は20日、傷害致死の疑いで東京都大田区西蒲田の無職、男(44)を逮捕した。
警視庁によると、男は今年9月、東京都大田区西蒲田の自宅アパートで、知人の藤井厚さん(当時61)の頭を殴るなど暴行を加え、死亡させた疑いが持たれています
東京大田区アパート酔っ払い男性暴行死2.jpg

事件当時、2人は男の部屋で酒を飲んでいたと言う事で、藤井厚さんは頭部に大ケガをして意識不明のまま病院に搬送されたが、およそ1ヶ月後に死亡しました。
警視庁のこれまでの調べで、男は事件後、現場近くの飲食店で別の知人と酒を飲み、その際、藤井厚さんについて、「連れて来ようと思ったが、イビキをかいて寝ていたから、ブチキレてぶん殴ってやった」などと話していました。
その後、部屋に戻った男が、「知り合いが死にそうだ」と、自ら119番通報した。
逮捕後の取り調べに対して、男は、「酒を飲んで酔っ払っていたので覚えていません」と、容疑を否認していると言う。



posted by かえぴょん at 01:00| Comment(0) | 凶悪犯が不可解な無罪放免 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島県庄原市の帝釈峡近くの漁協養魚場で高齢男性頭から血を流し死亡、殺人か事故か


.広島県庄原市東城町漁協男性殺人.jpg
.広島県庄原市東城町漁協男性殺人1.jpg

27日07時30分頃、広島県庄原市(しょうばらし)東城町(とうじょうちょう)帝釈宇山(たいしゃくうやま)にある漁業協同組合から、「男性が頭から血を流して倒れている」と、消防に通報があった。男性は広島県神石郡(じんせきぐん)神石高原町(じんせきこうげんちょう)に住む漁協の職員(74)で、広島県庄原市内の病院に運ばれたが死亡が確認された。現場には血の付いた包丁が落ちており、広島県警は、事件と自殺・事故の両面で捜査している。
.広島県庄原市東城町漁協男性殺人4.jpg

広島県警によると、男性は首に切り傷があるほか、腹部にも数カ所の傷があった。また、家族の話では、男性は27日04時00分頃に広島県庄原市内の自宅を出たと言う事です。
.広島県庄原市東城町漁協男性殺人5.jpg
.広島県庄原市東城町漁協男性殺人6.jpg

現場は、広島県庄原市北部の山間部にある国定公園・帝釈峡(たいしゃくきょう)の川沿いにある庄原市漁協の施設と事務所で、漁業共同組合で鮎の養殖などを行っていると言う事です。







posted by かえぴょん at 00:07| Comment(0) | 凶悪殺戮‥中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

宮城県仙台市青葉区のマンションで「妻との不仲」から7歳次男を絞殺…殺人容疑で39歳父親逮捕


宮城県仙台市7歳男児殺人事件.jpg

宮城県仙台市青葉区上杉(かみすぎ)1丁目のマンションで、小学1年生の二男・菱沼慶士(けいし)くん(7)を殺害したとして、父親で無職の菱沼芳徳容疑者(39)が殺人容疑で逮捕された。
宮城県警仙台北署によると、菱沼芳徳容疑者は、27日23時00分頃、宮城県仙台市青葉区上杉1丁目の自宅マンションで、二男の菱沼慶士くん(7)を殺害した疑いが持たれている。
宮城県仙台市7歳男児殺人事件1.jpg
宮城県仙台市7歳男児殺人事件2.jpg

菱沼芳徳容疑者は、28日07時30分頃、「部屋で子供が亡くなっているので家に来て欲しい。来れば分かる」と、110番通報した。宮城県警仙台北署員らが駆け付けると、菱沼慶士くんが布団の上で倒れており、運ばれた病院で死亡が確認された。
宮城県警仙台北署の調べに対し、「首を絞めて殺した」と、容疑を認めていると言う。
宮城県仙台市7歳男児殺人事件3.jpg

宮城県警仙台北署によると、菱沼芳徳容疑者は、妻(39)と子供3人の合わせて5人で暮らしていた。事件が起きたと見られる27日23時00分頃、菱沼芳徳容疑者は、菱沼慶士くんと長男(9)、長女(5)とマンションの自室の寝室におり、3人の子供は就寝中で、菱沼芳徳容疑者は、隣で寝ていた菱沼慶士くんの首を手で絞めて殺害したと見られると言う。司法解剖の結果、菱沼慶士くんの死因は窒息死と判明した。
また、菱沼芳徳容疑者の右の脇腹に、刃物で刺したような軽い刺し傷が数カ所あり、寝室外には菱沼芳徳容疑者のモノと見られる血痕があった。妻は当時仕事で外出していた。
宮城県仙台市7歳男児殺人事件4a.jpg

宮城県仙台市7歳男児殺人事件4b.jpg
宮城県警仙台北署は、菱沼芳徳容疑者が3人の子供を道連れに、無理心中しようとしたとの趣旨の供述をしている事から、実際に意思があったかどうか慎重に調べる。また、妻との間にトラブルがあったとも供述しており、犯行動機との関連を調べている。





posted by かえぴょん at 23:27| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東北篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

【精神疾患で殺人未遂は主治医に責任】滋賀県長浜市の量販店母娘致傷事件、加害者女と主治医に損害賠償求め提訴


滋賀県長浜市量販店母娘切りつけ事件で提訴3.jpg
2017年4月、滋賀県長浜市の大型量販店で女児と母親が刃物で刺され重傷を負った事件で、被害に遭った母娘が、加害者女(44)やその当時の主治医らに対し、「後遺障害による逸失利益」や「慰謝料」など計約4200万円の損害賠償を求める訴えを28日、滋賀県大津地方裁判所長浜支部に起こした。
事件では、女児と母親を刃物で切りつけたとして、殺人未遂などの罪に問われた被告の女(44)の裁判員裁判の初公判が2018年4月18日、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)であり、被告側は殺意について否認。
起訴状では、被告の女(44)は2017年4月16日20時25分頃、小学2年の女児(当時7)の腹部を果物ナイフで突き刺した後、母親(当時41)の下腹部にもナイフを突き刺して、2人を殺害しようとした――などとしている。弁護側は、母子にケガを負わせた事は認めたが、「刃物は振り回しただけ」などと主張して、殺意を否定。責任能力についても争う姿勢を示した。
滋賀県長浜市量販店母娘切りつけ事件で提訴.jpg


提訴の訴状などによると、女は2016年11月に刃物を用いた問題行動を起こして入院。治療の一環で投与されていた薬剤への依存が続いたまま、主治医は女が治癒しないまま2017年1月に退院させた。女が退院後も、薬剤を大量に服用したり、事件直前の4月には、数日おきに緊急受診して薬剤注射を要求したりしていたにも関わらず、主治医は精神保健福祉法に基づく再入院などの措置を取らなかった、としている。
滋賀県長浜市量販店母娘切りつけ事件で提訴2.jpg

今回の提訴ついて原告側弁護士によると、主治医に対しては、事件前に適切な治療を受けさせないまま女を退院させた他、再入院させる措置を怠った過失があるとして、連帯責任を問うている。連帯責任の被告は、当時の主治医と、主治医が勤務する長浜赤十字病院(滋賀県長浜市)の病院長、それに病院を運営する日本赤十字社(東京都)で、共同不法行為に当たると主張している。

本件確定判決によると、2017年4月16日20時25分頃、滋賀県長浜市の大型量販店で、女児(当時7)の腹部を果物ナイフで突き刺し、助けようとした母親(当時41)の下腹部にも刺して2人を殺害しようとした。弁護側は公判で、精神障害の影響などを主張したが、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)は完全責任能力を認定した。
滋賀県長浜市量販店母娘切りつけ事件で提訴1.jpg
女は、刑事裁判で殺人未遂などの罪に問われ、懲役11年を言い渡した大津地裁判決が確定している。



精神疾患を理由に刑を逃げ失せる事は法の下の平等に甚だしく反する!
精神疾患の人間が犯した罪は主治医にも相応の連帯責任が生じる恐れがあると言う前例になり得るか!?







posted by かえぴょん at 22:14| Comment(0) | 凶悪殺戮‥近畿編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。