2017年06月11日

名古屋市北区の民家で女性の腐敗遺体…死体遺棄容疑で48歳長男逮捕

名古屋市北区母親遺体遺棄.jpg

9日16時00分頃、愛知県名古屋市北区楠5の民家で、住んでいる女性(82)の姿が見えないと通報を受けた愛知県警北署員が、木造2階建て民家の1階トイレでご遺体を発見した。住人の女性(82)と見られ、愛知県警北署は同居する長男でパート従業員の加藤誠士容疑者(48)を死体遺棄容疑で逮捕した。愛知県警北署はご遺体を司法解剖して死因などの確認を急ぐ。
逮捕容疑は、今年3月頃、自宅で母親と見られる女性のご遺体を放置し、埋葬せず遺棄したとされる。加藤誠士容疑者は、「自分がやったことです」と、容疑を認めていると言う。
愛知県警北署によると、ご遺体は性別が分からないほど腐敗が進んでいたが、明らかな外傷は確認されていない。
地域の民生委員が女性を訪問しても会えない事を不審に思い、加藤誠士容疑者に安否を尋ねたが、返事が曖昧だった為、「女性に会えない」と愛知県名古屋市北区福祉課に連絡し相談、9日に福祉課員が訪れた際、異臭に気付き、愛知県警北署に通報した。





posted by かえぴょん at 14:45| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

福岡県小郡市母子3人惨殺事件…心中から一転偽装殺人で捜査


福岡県小郡市親子3人惨殺事件.jpg
6日09時10分頃、福岡県小郡市(おごおりし)小板井の住宅で、38歳の母親と小学生の長男と長女の親子3人が死亡しているのが見つかった事件で、福岡県警小郡署は7日、当初、母親による無理心中と見られていたが、一転して何者かが3人を殺害した殺人事件と断定し、福岡県警小郡署に捜査本部を設置し、捜査を始めた。
無理心中ではなく、殺人事件だった――。

福岡県小郡市親子3人惨殺事件0.jpg
ご遺体で見つかったのは、母親の中田由紀子さん(38)と小学4年生の長男・中田涼介君(9)、小学1年生の長女・中田実優さん(6)の3人。
福岡県警小郡署は当初、中田由紀子さんに目立った外傷が無く、中田涼介君と中田実優さんの首に紐で絞められたような痕があった事などから、中田由紀子さんが無理心中を図ったと見ていた。しかし、司法解剖の結果、中田由紀子さんの死因が首を絞められた事による窒息死と判明。3人が殺害されたと判断した。
福岡県小郡市親子3人惨殺事件1.jpg
福岡県小郡市親子3人惨殺事件2.jpg

中田由紀子さんは6日深夜00時00分から同日09時00分頃までの間に、死亡したと見られると言う。一家は夫婦と子供2人の4人暮らしで、夫は福岡県警の警察官。夫が6日朝08時40分頃、学校から「子供たちが登校していない」と、連絡を受けた。中田由紀子さんの姉が家を訪ね3人を発見、110番通報した。その際、玄関の鍵は掛かっておらず、中田由紀子さんは1階の台所で仰向けに倒れ、中田涼介君と中田実優さんは2階の寝室で、布団の上にうつ伏せの状態だった。台所には、練炭のような物が置かれていた。室内に荒らされた痕跡は無かったと言う。
姉らは遺体発見時、警察に「(由紀子さんが)育児で悩んでいた」などと話していたと言う。
死亡した中田由紀子さん(38)、中田涼介君(9)、中田実優さん(6)の自宅は、福岡県小郡市の中心部の住宅街にある。
福岡県小郡市親子3人惨殺事件3.jpg

殺人事件の報に、近所の人達に衝撃が広がった。
近くに住む江上勲さん(69)は事件が発覚した6日早朝、犬の散歩の際に中田さんの自宅前を通ったが、「特に変わった様子は無かった」。母親が、登校する子供2人を玄関で見送る姿を良く見かけていたと言う。
「ちゃんとお子さんに気を配っている、明るい感じのお母さんに思えた」と振り返る。
近くに住む女性(78)によると、中田さん一家は数年前に引っ越して来た。「自宅の庭のサクランボを奥さんとお子さんが取りに来た事がある。仲が良さそうだった」と話した。

2人が通う小学校では7日朝、学校の教職員や小郡市教育委員会の職員が緊張した面持ちで正門や裏門前に立って見守る中、児童が保護者らに付き添われて登校した。車で送る保護者も多く、車が頻繁に正門を出入りしていた。別れ際に「帰りも迎えに来るからね」などと声を掛けたり、親子で抱き合ったりする姿が見られた。
現場は西鉄小郡駅から東に約400メートル。住宅や商業施設が並んでいる地域。




posted by かえぴょん at 21:50| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【続報】愛知県豊山町廃業ホテル男性殺人〜出国した比人に逮捕状、国際手配へ


豊山町イラン人殺害でフィリピン人国際手配.jpg

愛知県西春日井郡豊山町(とよやまちょう)豊場(とよば)の廃業したラブホテル「サン」の室内で4月6日、刃物で殺害されたと見られるイラン人の男性のご遺体が見つかった事件で、愛知県警西枇杷島(にしびわじま)署捜査本部が、イラン人男性の知人で、事件に関与したと見られるフィリピン人の30代の男を特定し、強盗殺人と死体遺棄の容疑で逮捕状を取ったことが捜査関係者への取材で分かった。フィリピン人の男は、事件後にフィリピンに帰国しており、愛知県警本部は近く、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて現地警察などと連携し捜査する方針。
豊山町イラン人殺害でフィリピン人国際手配1.jpg
豊山町イラン人殺害でフィリピン人国際手配2.jpg

捜査関係者によると、殺害されたのはイラン国籍で住所職業不詳ハーメッド・ガンバリさん(当時29)で、4月3〜6日頃、フィリピン人の男が殺害後、覚醒剤を奪い、愛知県西春日井郡豊山町豊場大山の元ラブホテル「サン」の客室にご遺体を捨てた疑いが持たれている。
ご遺体発見現場の周辺からは、覚醒剤などの薬物投与に使用すると見られる複数の注射器が見つかり、愛知県警西枇杷島署は、薬物売買を巡るトラブルの可能性もあると見て調べていた。
司法解剖の結果、ハーメッド・ガンバリさんの死因は、大動脈と肺動脈を切られた事による出血性ショックだった。
豊山町イラン人殺害でフィリピン人国際手配3.jpg
豊山町イラン人殺害でフィリピン人国際手配4.jpg
近くに止めてあった乗用車の助手席に、ハーメッド・ガンバリさんの血痕が付着していた為、愛知県警西枇杷島署は、別の場所で殺害された後、浴室まで運び込まれたと見て捜査。付近から、ハーメッド・ガンバリさんの知人で4月7日にフィリピンに出国した男の指紋などが見つかり、事件に関わった疑いが強まった。




posted by かえぴょん at 16:30| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都八王子市同居男性殺人事件…自首した男を殺人容疑で逮捕


八王子市同居男性殺人事件.jpg

6日朝06時10分頃、警視庁八王子署に男が訪れ、「人を刺してしまった」と自首した。警視庁八王子署員が男の説明通り、東京都八王子市暁町2丁目の民家の1階寝室の布団の上で、血まみれの状態で仰向けに倒れている男性を発見。男性はその場で死亡が確認された。警視庁八王子署は、殺人容疑で自首して来た住所不詳・無職の本田拓也容疑者(27)を緊急逮捕。本田拓也容疑者は、「同居人から暴行を受けていた。我慢の限界が来て殺した」と、容疑を認めている。
八王子市同居男性殺人事件1.jpg
八王子市同居男性殺人事件2.jpg
警視庁八王子署によると、殺人容疑で逮捕された無職・本田拓也容疑者(27)は、東京都八王子市暁町2丁目の住宅で、同居していた会社員の古田賢司さん(27)の首や腹など複数カ所を包丁のような物で刺し、殺害した疑いが持たれている。付近には凶器と見られる包丁が落ちていた。
八王子市同居男性殺人事件3.jpg
本田拓也容疑者も、揉み合った際に手に切り傷を負っており、病院に搬送された。2人はこの家で同居していたと見られ、今年に入り、この民家でケンカをしていると言う通報が複数回あり、その度に警察が訪れていた。5日午前にも通報があったと言う。本田拓也容疑者は古田賢司さんから暴行を受けていたと話していると言う。
現場はJR中央本線・八高線八王子駅から北に約1.5キロメートルの住宅街。





posted by かえぴょん at 15:34| Comment(1) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

戦慄!59年ぶり!広島女児投げ落とし…殺人未遂で中3男子逮捕!

広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕.jpg
広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕1.jpg
広島県警三原署は6日、広島県三原市の複合施設スポーツセンター「三原リージョンプラザ」2階から女児(5)を投げ落とし殺害しようとしたとして、広島県三原市立中学3年の男子生徒(14)を殺人未遂容疑で逮捕した。広島県警三原署によると、女児(5)は顎の骨を折る3週間の重傷。2人は面識が無く、男子生徒(14)は「女の子が纏わりついて腹が立った」と、容疑を認めているが、殺意は否認していると言う。
「三原リージョンプラザ」の関係者によると、男子生徒(14)は現場で、警察官に「大変な事をしてしまった。反省している」と、話していたと言う。
広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕2.jpg
広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕3.jpg

広島県警三原署の発表によると、逮捕容疑は5日18時15分頃、広島県三原市円一(えんいち)町の複合施設スポーツセンター「三原リージョンプラザ」の本館2階から、抱き上げた女児(5)を約6メートル下の1階に投げ落として殺害しようとした疑い。女児(5)は顎の骨を折るなどの重傷。
男子生徒(14)は特別支援学級に通っており、女児(5)と面識は無かったと言う。事件直前、1階で女児(5)が男子生徒(14)の足に纏わりつく様子が目撃されていた。
広島県三原市女児投げ落とし中3男子逮捕4.jpg




【特別支援学級】に通っているからとバカにするな! と言う声や、知的障害や発達障害等があるからと特別視しないで欲しい! と言う声は至極当然の事ではあるけれど、こういう犯罪行為が起こった時だけ発達障害や情緒障害を理由に、相当量の減刑が為される事が、腑に落ちないのです。
現在、これほど知的障害や発達障害等によって【特別支援学級】に通っている子供が多くなっているにも関わらず、犯罪を起こすと常に『特例』扱いとなる。
障害の程度によって等級が決められているのに、法律は知的障害や発達障害等のある人を裁く法律が規定されず、毎回、事例ごとに判断が異なるのは被害者にとっては、この上ない不平等!
立法府と国会の怠慢としか言いようがない! これからもこうした突発的な犯罪は増えるぞ!


59年前の卑劣な事件とは……
昭和33年(1958年)5月12日【中2カッとして幼児殺人】広島県で、当時中学2年生(14)の男子が男児(6)を殺害。男児が造っていた砂山を中学2年男子が蹴飛ばした為、男児から悪口を言われ、カッとして頭を竹で突いて転倒させて失神させ、処置に困って林に運んだが、まだ生きていると気づいてこれ以上苦しまないように殺そうと石で頭を殴って殺害。
 こう言う事件、無い所では全く無いし、起こる所では似たような事件が起こる。




posted by かえぴょん at 15:34| Comment(0) | 少年法を盾にする非道徳的若者たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い