2017年10月10日

神奈川県川崎市の11年前女性通り魔殺人、別の殺人未遂で服役中の鈴木洋一容疑者を逮捕

鈴木美穂アナウンサー結婚.jpg
鈴木美穂アナウンサー結婚1.jpg
11年前(平成18年/2006年)の9月、神奈川県川崎市宮前区梶ケ谷のJRの高架下のトンネルで、近くに住む黒沼由理さん(当時27)が刃物で刺殺された通り魔事件で、神奈川県警は10日、別の通り魔事件で服役中の鈴木洋一(ひろかず)容疑者(37=現受刑者)が関わった疑いがあるとして、殺人の疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは、栃木県の黒羽刑務所に服役中の鈴木洋一(ひろかず)容疑者で、栃木県警大田原署に連行されました。今後、鈴木洋一容疑者の身柄を特別捜査本部のある神奈川県川崎市の、神奈川県警宮前署に移し、連続通り魔事件として本格的な取り調べを行う方針です。

神奈川県川崎市トンネル内女性殺人事件.jpg
神奈川県警などによりますと、鈴木洋一容疑者は11年前の平成18年9月23日、神奈川県川崎市宮前区梶ヶ谷のJRの高架下のトンネル内の歩道で、近くに住むアルバイト、黒沼由理さん(当時27)の胸や腹を刃物で刺して殺害した疑いが持たれています。
神奈川県川崎市トンネル内女性殺人事件2.jpg


神奈川県川崎市トンネル内女性殺人事件3.jpg
鈴木洋一容疑者は、この事件の半年余り後の平成19年(2007年)4月5日の22時30分頃に、同じ神奈川県川崎市宮前区の路上で、帰宅途中の面識のない女性(当時40)を刃物で刺して大怪我をさせたとして、殺人未遂の罪で逮捕・起訴され、平成21年、懲役10年の実刑判決を受けて栃木県内の黒羽刑務所に服役していましたが、去年1月になって、黒沼由理さんが殺害された事件への関与を伺わせる文書を神奈川県警に提出しました。このため捜査員が刑務所に出向くなどして捜査を進めて来た。
神奈川県警宮前署の特別捜査本部は、鈴木洋一(ひろかず)容疑者の説明と黒沼由理さんのご遺体の状況に矛盾がなく、現場周辺の防犯カメラの映像などから、鈴木洋一容疑者が事件に関わった疑いがあるとして逮捕しました。これまでの任意の調べに対し鈴木洋一容疑者は、「面識のない女性を襲った」と、説明していると言う事です。

11年前殺人事件2.jpg
事件は、平成18年(2006年)9月23日00時00分頃発生。
東京都内の勤務先から帰宅途中の黒沼由理さん(当時27)が、神奈川県川崎市宮前区梶ケ谷のトンネル内の歩道で、真正面から何者かに刃物で刺され、死亡した。黒沼由理さんは、胸と腹の2カ所に刃物で刺された傷があり、司法解剖の結果、死因は出血性ショックと判明し、神奈川県警は殺人事件と断定。神奈川県警宮前署に捜査本部を設置し、先月下旬までに、捜査員延べ約2万4千人を投入し、現場周辺で延べ約1万5千世帯・約2万3千人に聞き込みなどを行うなど、捜査を進めていたが犯人特定につながる情報は得られていなかった。
神奈川県川崎市トンネル内女性殺人事件5.jpg

黒沼由理さんが殺害された現場と、鈴木洋一容疑者が逮捕された別の通り魔事件の現場は、いずれも同じ神奈川県川崎市内で、南北におよそ1.5キロメートル離れています。当時、鈴木洋一容疑者は2つの現場からも近い神奈川県川崎市高津区に住んでいました。
付近の住民などによりますと、いずれの現場も、事件が起きた当時は人通りや車の通行量は少なかったと言う事です。
神奈川県警宮前署は2つの現場が近く、いずれも人通りが少ない場所で女性が刃物で襲われるという共通点があり、関連があると見て捜査していましたが、有力な目撃者などが見つからず、捜査は難航していた。
黒沼由理さんは事件が起きた夜、東京駅の近くでアルバイト先の送別会に参加したあと、23時40分頃、自宅の最寄り駅の東急田園都市線の梶が谷駅で降りたあと、自宅に帰る途中に事件に巻き込まれたと見られています。
黒沼由理さんは当時、東京都内のお菓子作りの専門学校に通い始めていて、「将来はケーキ教室を開きたい」と話していたと言います。

亡くなった黒沼由理さんの父親はNHKの取材に応じ、「今まで長い間、進展がありませんでしたので、今後、犯人が逮捕されると言う事を知り、驚いています。これから先に進んでいけたらと思います」と、話していました。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 15:53| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

茨城県大子町の住宅で高齢夫婦暴行され死傷…面識無い知的障害43歳男を逮捕


茨城県大子町高齢夫婦殺傷事件1.jpg

6日16時00分頃、茨城県久慈郡大子町(だいごまち)上金沢(かみかねさわ)の住宅で、この家に住む無職・須藤賢次郎さん(88)と83歳の妻が、顔や頭に大怪我をして倒れているのが見つかりました。2人は病院に運ばれて手当てを受けていましたが、須藤賢次郎さんが、7日14時00分過ぎになって死亡しました。妻も意識不明の重体だと言う事です。
茨城県大子町高齢夫婦殺傷事件2.jpg
茨城県大子町高齢夫婦殺傷事件3.jpg
茨城県警大子署は、6日15時45分頃、現場の住宅から自ら警察に通報した無職の男(43)が、2人の顔を殴るなどの暴行を加えた事を認めたため、駆け付けた茨城県警大子署員が、傷害の疑いで逮捕しました。茨城県警大子署によると、男は栃木県大田原市の知的障害者施設に入所しており、軽度の知的障害があると言う事です。
須藤賢次郎さん夫婦の親族は、「男と夫婦は面識は無い」と、話していると言う。
逮捕容疑は6日13時00分から同16時00分頃の間、須藤賢次郎さん宅で、須藤賢次郎さんと妻に暴行し、2人に脳出血や鼻の骨を折るなどのケガを負わせた疑い。
茨城県大子町高齢夫婦殺傷事件4.jpg
茨城県大子町高齢夫婦殺傷事件.jpg
茨城県警大子署は、男(43)の責任能力の有無や、被害者との関係などを調べると共に、容疑を傷害致死に切り替えて詳しい状況を調べています。
現場は、茨城県と栃木県の県境に近い山あいの住宅が点在する地域で、男の入所施設と約11.5キロ離れている。




posted by かえぴょん at 18:19| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

北海道岩内町で28歳妻刺殺…殺人未遂容疑で25歳夫逮捕


北海道岩内町28歳妻刺殺事件.jpg

7日早朝04時00分頃、北海道岩内町(いわないちょう)高台のアパートから「妻を刺した」と、110番通報があった。北海道警岩内署員が駆け付けた所、住人の西梨奈さん(28)が首を刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。北海道警岩内署は、夫で会社員の西京也(にし・きょうや)容疑者(25)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
北海道警岩内署によると、西京也容疑者は「妻と口論になり、カッとなって刺した」と、容疑を認めており、北海道警岩内署は殺人容疑に切り替えて、詳しい経緯を調べる。
北海道岩内町28歳妻刺殺事件1.jpg
北海道岩内町28歳妻刺殺事件3.jpg
北海道岩内町28歳妻刺殺事件2.jpg

逮捕容疑は7日明け方、北海道岩内町高台の自宅アパートの居間で、妻の西梨奈さんの首などを包丁で複数回刺し、殺害しようとした疑い。
西京也容疑者は、西梨奈さん、1歳の長女の三人暮らし。自宅には当時、長女が居たが、就寝中でケガは無かった。西京也容疑者は犯行後、自ら北海道警岩内署に電話で通報し発覚。駆け付けた北海道警岩内署員を玄関で迎え、部屋まで案内したと言う。
北海道岩内町28歳妻刺殺事件4.jpg
西梨奈さんは居間のソファにうつ伏せで倒れ、首の周辺に複数箇所の刺し傷があった。西京也容疑者は当時、酒を飲んでいたと言い、調べに「感情的になって殺すつもりで刺した」と、供述していると言う。

北海道岩内町は、南東方向にニセコアンヌプリ(山)を背にした日本海に面した町。
現場は北海道岩内町の中心部にあり、岩内町役場から西に約200メートルの住宅街。事件が起きたアパートには幼稚園が隣接し、園児たちは人形劇の観劇のため、この日(土曜)も保護者に送られて来ていた。
近所の男性(80)は「昨日昼ごろ、子供を抱いて乗用車に乗りこむ奥さんの姿を見た。夫妻とは話した事はないが、まさか近くで事件が起きるとは思わなかった。」
別の男性(70)は「普段は静かな場所。事件が起きるなんてありえない」と、驚いていた。


またしても首を複数回刺すと言う冷酷な事件!
容疑者は首を刺せば確実に死ぬ(殺せる)と分かったうえで、凶行に及んでいる。
情状酌量の余地は微塵も無い! 残された子供の行く末を思うと、惨い……。





posted by かえぴょん at 23:44| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

【殺戮】茨城県日立市のアパート殺人放火、妻子6人死亡…32歳父親を殺人容疑で逮捕

現場はJR常磐線・小木津駅の南西約2キロメートル。敷地内には約20棟の県営アパートが立ち並んでいる───。


榎本麗美NNN24日テレニュース24茨城県日立市一家6人皆殺し.jpg

6日朝05時00分頃、茨城県日立市田尻町2丁目の県営上田沢アパート(鉄筋コンクリート3階建て)の1階で火災があった。茨城県警によると、焼け跡の部屋で男児4人と成人女性1人のご遺体が見つかった。他に女児1人を病院に搬送したが、間もなく死亡が確認された。

茨城県日立市一家6人惨殺放火事件0.jpg
茨城県日立市一家6人惨殺放火事件1.jpg
死亡した6人は親子と見られ、女性の夫で、自称会社員の小松博文(ひろぶみ)容疑者(32)が、茨城県警日立署に出頭し、「自宅に火を付けて来た。妻と子供の5人がいた」と話した。殺害もほのめかした為、茨城県警日立署は小松博文容疑者を、病院に搬送され死亡した女児に対する殺人容疑で緊急逮捕した。
逮捕容疑は、6日早朝04時30頃、茨城県日立市田尻町2丁目の自宅アパートで、11歳の長女・小松夢妃(むうあ)ちゃんを殺害したとしている。小松夢妃ちゃんの身体には刃物で刺されたり切られたりした複数の傷がある。小松博文容疑者は容疑を認めており、他の家族5人についても殺害をほのめかしていると言う。
茨城県日立市一家6人惨殺放火事件3.jpg

茨城県日立市一家6人惨殺放火事件4.jpg
現場では他に、小松博文容疑者の妻・小松恵(めぐみ)さん(33)、長男・小松幸虎(たから)くん(7)、次男・小松龍煌(りゅうあ)くん(5)、双子で三男・小松頼瑠(らいる)くん(3)と四男・小松澪瑠(れいる)くん(3)の計5人の死亡が確認された。
日立市消防によると、火は朝06時00分前に鎮火したと言う。
茨城県警日立署によると、この家には3歳から11歳までの5人の子供と、両親の合わせて7人が住んでいたと言う事です。また死亡した6人は、全員が玄関を入って直ぐの所にある和室で見つかったと言う。
茨城県日立市一家6人惨殺放火事件2.jpg


茨城県日立市一家6人惨殺放火事件.jpg
茨城県住宅課によりますと、火事があった県営住宅は昭和54年(1981年)に建てられた鉄筋コンクリート3階建ての集合住宅で、火事のあった部屋は6畳の和室2部屋と居間と台所という2LDKの間取りで、広さはおよそ60平方メートルだと言う事です。

6日早朝の惨劇に、「仲のよい家族だったのに」と、一家の周囲から驚きの声が上がった。
亡くなったと見られる妻(33)の同級生で近所に住む女性は、「朝のニュースを見て、日立市内で子供が5人いるというのを聞いて、もしかしてと思い、駆けつけた。平和的な家庭で信じられない」と話し、涙が止まらない様子だった。
亡くなったと見られる小学6年の女子児童(11)の同級生(12)は、「(女子児童は)面倒見が良く、4人(の弟)をあやしたり、だっこして近くの公園で遊ばせたりしていた」と話した。
近くの棟に住む男性(56)は、「5時半頃に煙が出ているのが分かった。棟の向こう側に、ご主人の車がライトを点けたまま止まっており、中に人がいるようだった。知っている人だけに、何でこんな事が――」と話していた。
茨城県日立市一家6人惨殺放火事件6.jpg

小松博文容疑者が現在勤務している自動車修理会社の社長は、「6月の終わり頃、求人に応募して来て、見習いとして補助的な仕事をしていた。今週の月曜日に『身内が亡くなり、妻が倒れて入院するから1週間ほど休みが欲しい』と、会社の玄関にメモが貼られていた。その後は連絡を取っていない。それまで悩み事や困った事がある様子はなく、とてもショックです」と話していました。
茨城県日立市一家6人惨殺放火事件7.jpg

小松博文容疑者が3年前まで勤めていた建設会社の社長は、「パチンコが趣味で、よく近所の店に行っていた。仕事ぶりは真面目で、2年ほど勤めていたが夏の現場で熱中症になるなど仕事についていけなくなって辞めた。その後は仕事を転々として、最近は車の板金工場で働いていたようだ。最近、近所で会ったが特に変わった様子はなかった」と話していました。


■過去にあった親族間での多数死亡の殺人事件
2004年8月 兵庫県加古川市で、男(当時47)が親類らを包丁で刺し、7人を殺害。
2005年2月 岐阜県中津川市で、男(当時57)が乳幼児2人を含む家族5人を殺害。
2008年6月 千葉県柏市で、男(当時77)が妻や長男夫婦と孫の4人をハンマーで殴って殺害。
2010年4月 愛知県豊川市で、男(当時30)が父ら5人を包丁で刺し、父ら2人を殺害。
2016年4月 浜松市で、男(当時31)が祖母と母、姉をナイフで刺し、3人を殺害。父は重傷。
2017年6月 福岡県小郡市で、母子3人が死亡。男(39)が妻への殺人罪で起訴された。





posted by かえぴょん at 17:22| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

【滋賀強殺事件続報】名古屋市53歳女性強盗殺人で18歳少年逆送…名古屋家裁


名古屋市西区女性死体遺棄事件2.jpg
滋賀県多賀町萱原の山林で7月31日、愛知県名古屋市西区の飲食店のパート従業員・野田みゆきさん(当時53)がご遺体で見つかった事件で、名古屋家庭裁判所(手崎政人裁判長)は10月5日、強盗殺人と死体遺棄の非行内容で家庭裁判所送致された滋賀県愛荘町の少年(18)を、検察官送致(逆送)した。
近く起訴され、名古屋地方裁判所に於いて、成人と同様、裁判員裁判を受ける見通し。
決定で名古屋家庭裁判所の手崎政人裁判長は、「従属的な立場で利得も多くないが、殺害行為の大半を担うなど大きな役割を果たした」と指摘した。
この事件では、野田みゆきさんの知人で岐阜県大垣市笠木町の無職・西田市也被告(21)が9月8日、名古屋地方検察庁に強盗殺人罪と死体遺棄罪で起訴されている。

野田みゆきさん強盗殺人死体遺棄事件.jpg
起訴状によると、西田市也被告は18歳の少年と共謀して6月18日、滋賀県多賀町周辺で野田みゆきさんを車のトランクに押し込むなどの暴行を加え、現金約5万円やスマートフォンなどを奪った後、野田みゆきさんの胸部に馬乗りになって、首を両手やUSBケーブルなどで絞めて殺害。ご遺体をキャリーバッグに入れて滋賀県多賀町萱原周辺に隠し、20日に山林内の土中に埋めたとしている。
愛知県警と滋賀県警によると、野田みゆきさんは6月18日、愛知県春日井市で開かれた、化粧品などを販売するセミナーに参加した後に失踪。7月31日にご遺体が見つかった。



この検察官送致決定は、少年法に守られる18歳と言えども、凶悪で残酷な犯罪を犯したり、そういった犯罪に加担した場合、成人同様の裁判員裁判によって、大人として裁きを受けるべき、と言う家庭裁判所の凶悪犯罪に妥協しない揺るぎない姿勢をあらわしたものと言える。




posted by かえぴょん at 21:52| Comment(0) | 凶悪事件の顛末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い