2017年12月06日

神奈川県葉山町で自宅放火の50歳女、義理の母親殺害容疑で再逮捕


山田幸美アナウンサーのニュース・神奈川県葉山町義母撲殺事件.jpg

2016年3月、神奈川県葉山町木古庭(きこば)の自宅に放火し、火災保険金を騙し取ろうとしたとして、2017年11月に逮捕・起訴されていた女が、2016年2月に義理の母親を殺害したとして殺人の疑いで再逮捕された。
再逮捕されたのは、埼玉県川口市西川口の介護士・石川玉華(ようか)容疑者(50)で、石川玉華容疑者は2016年2月9日、神奈川県三浦郡葉山町木古庭の自宅から1.5キロメートル離れた山道で、当時、同居していた義理の母親・石川タキさん(当時81)の頭を鈍器の様な物で殴るなどの暴行を加え、殺害した疑いが持たれている。石川玉華(ようか)容疑者は、「自分には関係ありません」と容疑を否認しています。
神奈川県葉山町義母撲殺事件で石川玉華を逮捕1.jpg
神奈川県葉山町義母撲殺事件で石川玉華を逮捕2.jpg
神奈川県葉山町義母撲殺事件で石川玉華を逮捕3.jpg

近所の人は「嫁に殺される、殺されるって、おばあちゃんが言っていて」、「いろんな物を詰めて、捨てていた。おばあさんが使っていた物を」などと話した。
神奈川県警捜査1課は、嫁姑(よめしゅうと=仲の悪い間柄の例え)のトラブルがあったと見て、殺害に至った経緯を詳しく調べている。
神奈川県葉山町義母撲殺事件で石川玉華を逮捕4.jpg
2017年11月10日現住建造物等放火と詐欺未遂などの疑いで逮捕されたのは、無職の石川栄さん(84)の次男夫婦ら男女4人です。
石川栄さんの妻・石川タキさんは火災の1カ月前、自宅近くの山中で何者かに頭を殴られて死亡しているのが見つかっており、神奈川県警捜査1課が関連を調べていた。
逮捕されたのは、石川栄さんの次男で大工の石川孝容疑者(59)、石川孝容疑者の妻の石川玉華(ようか)容疑者(50)、石川玉華容疑者の息子で無職、石川峰男容疑者(27)ら男女4人。
捜査関係者によると、石川栄さん方は当時、石川玉華容疑者らと同居。出火当時、家には誰もおらず神奈川県警捜査1課が不審火として捜査していた。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 20:10| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茨城県坂東市で出産直後の赤ちゃん遺体、畑に埋める…死体遺棄容疑で男女を逮捕

生後間もない赤ちゃんのご遺体を茨城県坂東市内の畑に埋め遺棄したとして、栃木県警小山署は33歳の母親と、当時交際していた42歳の男を逮捕しました。
死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、茨城県坂東市の無職、石塚洋二容疑者(42)と、交際相手の栃木県野木町の飲食店従業員、塚田留菜容疑者(33)です。
茨城県坂東市乳児殺人死体遺棄事件1.jpg
茨城県坂東市乳児殺人死体遺棄事件2.jpg

栃木県警小山署などによりますと、石塚洋二容疑者と塚田留菜容疑者は2016年8月、2人の子供と見られる生後間もない赤ちゃんのご遺体を、茨城県坂東市内にある石塚洋二容疑者の自宅の畑に埋めて遺棄した疑いが持たれています。
12月5日未明、石塚洋二容疑者が栃木県警小山署に「子供を殺してしまった」と、自首して来たため、警察官らが畑を調べた所、供述通りの場所から白骨化した赤ちゃんのご遺体が見つかったと言う事です。
石塚洋二容疑者と塚田留菜容疑者は当時(昨年)、交際中で、赤ちゃんは出産後、間もなく遺棄されたと見られると言う事です。
茨城県坂東市乳児殺人死体遺棄事件3.jpg
栃木県警小山署の調べに対し石塚洋二容疑者は、「生活に困窮していて埋めるしかなかった」と言い、塚田留菜容疑者は「埋める事に同意した事は間違いありません」と供述し、いずれも容疑を認めていると言う事です。
栃木県警小山署は、赤ちゃんが死亡した経緯についても詳しく調べる事にしている。
茨城県坂東市乳児殺人死体遺棄事件4.jpg





posted by かえぴょん at 19:11| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

新潟県新発田市の住宅で高齢夫婦死亡…寝込みを襲われた?!殺人事件で捜査


新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件.jpg

12月4日07時00分頃、新潟県新発田市(しばたし)豊町(ゆたかちょう)2丁目の無職、安藤寅男さん(79)方の住宅で、安藤寅男さんと妻の無職、安藤澄子さん(74)の2人が「死んでいるようだ」と、家族から110番通報があった。新潟県警新発田(しばた)署員が駆け付け、住宅1階寝室のベッドの上で、2人が頭から血を流して倒れ、死亡しているのを確認した。頭部に鈍器の様な物で殴られた複数の外傷があった事から、新潟県警新発田署は殺人事件として捜査本部を設置し捜査を始めた。
新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件1.jpg
新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件2.jpg

新潟県警新発田署によると、安藤さん夫婦のご遺体はベッドの上で、布団が掛かっている状態で見つかり、何かで殴られた様な傷跡が複数あり、枕元近くには血だまりが出来ていたと言う。
安藤寅男さん安藤澄子さん夫婦は長男夫婦と高校生の孫娘の5人暮らし。長男の妻が、4日の朝、2人が起きて来ないため寝室を確認した所、頭から血を流して倒れているのを見つけ、07時00分頃、110番通報した。
その後の調べで、安藤さん夫婦が長男の妻と最後に会話したのは、ご遺体で発見される9時間前の3日22時00分頃だった事が分かりました。
新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件3.jpg
新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件5.jpg

新潟県警新発田署は、安藤さん夫婦が3日22時00分から4日07時00分までの9時間に殺害されたと見て、不審な人物が目撃されていないか捜査しています。
ご遺体発見時に長男は不在だったが、その後連絡が取れ、新潟県警新発田署は家族から事情を聴くなどして捜査を進めている。

近くに住む無職の五十嵐規さん(79)は、「(寅男さんは)ゴミステーションの小屋を作ってくれたり、公園の草むしりを率先してやるなど、町内のため一生懸命やってくれていた。2、3週間前に会った時も変わった様子は無かった」と、信じられない様子だった。
また、近くの無職の女性(81)は、「よく夫婦で一緒に車に乗って出かけている所を見た。殺人事件が起きて本当に不安だ」と話した。
近所に住む会社員の男性(51)も「ニュースで事件を知り、まさかと言う感じ。犯人がどこにいるか分からず、戸締まりで対策するしかない。早く捕まってほしい」と、早期の事件解決を願っていた。
現場は、JR羽越本線・新発田(しばた)駅から北東約600メートルの住宅街の一角。





posted by かえぴょん at 15:33| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

茨城県潮来市の山林で白骨化した身元不明遺体見つかる、事件と事故で捜査

12月1日、茨城県潮来市川尾の山林で白骨化した1人の遺体が見つかりました。茨城県警が事件と事故の両面で調べています。
1日14時00分頃、茨城県潮来市川尾の山林で「頭蓋骨のようなものが落ちている」と、近くで立木の調査をしていた男性(66)から110番通報がありました。
茨城県潮来市川尾で白骨遺体.jpg
茨城県潮来市川尾で白骨遺体1.jpg

茨城県警が調べた所、人の頭蓋骨が見つかったほか、2日までの捜索で、直ぐ近くの場所から肋骨や大腿骨などの骨が見つかったと言う事です。性別や年齢、身長などは、判かっていません。
この現場の近くでは黒色のリュックサックと、サイズが26.5センチメートルの運動靴も見つかりましたが、身元に繋がる情報は無かったと言う事です。
茨城県潮来市川尾で白骨遺体2.jpg
茨城県潮来市川尾で白骨遺体3.jpg
見つかった頭蓋骨とその他の骨は、ほぼ人1人分と見られ、茨城県警は事件と事故の両面で調べ、近く司法解剖を行う予定です。
現場の山林は、団地とゴルフ場・潮来カントリー倶楽部のある場所に点在する山林で、海からも近い場所。





posted by かえぴょん at 16:09| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市西区の路上で首絞められ男性死亡…居酒屋で口論の男逃走、殺人容疑で捜査



山田幸美アナウンサー美人で可愛い_大阪市殺人事件読む.jpg

12月1日夜、大阪府大阪市西区千代崎(ちよざき)1丁目の路上で、大阪府大阪市西区本田(ほんでん)1丁目の無職・奈良木茂明さん(65)が50〜60代の男に、首を絞められるなどして意識不明の重体となっていましたが、12月3日、奈良木茂明さんが搬送先の病院で死亡した。大阪府警は容疑を殺人未遂事件から殺人事件に切り替え、大阪府警西署に捜査本部を設置し、逃げた男の行方を追うと共に、司法解剖して奈良木茂明さんの死因を調べる。
大阪市西区千代崎男性扼殺事件1.jpg
大阪市西区千代崎男性扼殺事件2.jpg

大阪府警西署捜査本部と大阪府警捜査1課によると、1日21時20分頃、奈良木茂明さんが現場の傍の居酒屋に入店した直後、男も店に入って来て『どこの若い衆じゃ』などと因縁をつけ、口論となった。2人は言い争ったまま店外に出て、奈良木茂明さんが店の前の路上で男に馬乗りされ、首を絞められていた為、店員が仲裁に入った。男はタクシーで現場から逃げ、奈良木茂明さんは「胸が苦しい」などと訴えた後、意識不明になり救急搬送された。
大阪市西区千代崎男性扼殺事件3.jpg
大阪市西区千代崎男性扼殺事件4.jpg
逃走した男は、身長約170〜175センチメートル、坊主頭でがっちりした体格。黒っぽいジャンパーとズボンを着用しキャップ帽をかぶっていた。大阪府警西署捜査本部は、2人が入店前から何らかのトラブルになっていた可能性もあると見ている。奈良木茂明さんはこの店の常連客だったと言う。
現場は、大阪市営地下鉄九条駅の東約400メートルの住宅や店舗などが建ち並ぶ地域。




posted by かえぴょん at 15:46| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする