2017年06月15日

札幌市清田区のアパートで同居男性刺殺…30歳女性を殺人容疑で逮捕



斉藤舞子アナがニュースを伝える札幌市男性殺人事件.jpg
13日21時45分頃、北海道札幌市清田区里塚(さとづか)3条2丁目のアパートの一室で、「交際相手を殺してしまった」などと、女の声で北海道警札幌西警察署に通報があった。連絡を受けた北海道警札幌豊平署員が現場に駆けつけると、室内の居間で、50代くらいの男性が胸から血を流して仰向けに倒れ、死亡しているのを発見した。胸には刺し傷があり、血の付いた包丁も見つかった。北海道警札幌豊平署は14日、その場に居た同住所、無職・橘愛菜(あいな)容疑者(30)を殺人容疑で緊急逮捕した。死因は出血性ショック。
札幌市同居男性殺人事件.jpg
札幌市同居男性殺人事件1.jpg

逮捕容疑は12日夜、アパートの室内で同居していた会社員、金隆博さん(50)を包丁(刃渡り約15センチメートル)で刺し、殺害した疑い。橘愛菜容疑者は通報の際、「交際相手を殺してしまった。ケンカが原因だった」との趣旨の内容を話していた。橘愛菜容疑者は、警察官が駆けつけた際、酒の臭いがしたと言う事です。
その後の調べに、「ひとりで殺った。刺した事は間違いないが、殺すつもりは無かった」と、容疑を認める一方で、殺意を否認していると言う。
また、橘愛菜容疑者は「以前、男性が酒を飲んだ際に暴力を振るわれた」とも話していて、北海道警札幌豊平署は、橘愛菜容疑者が金隆博さんと2人暮らしだったと見て、殺害に至った経緯を調べている。
札幌市同居男性殺人事件2.jpg

現場は、さっぽろ羊ヶ丘展望台から東へ直線で約5.8キロメートルの住宅街。同じアパートに住む70代の女性は「(橘容疑者は)いつも家に居たようだ。男性は除雪を手伝うなど優しい人だった」と話した。




posted by かえぴょん at 15:07| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

愛媛県西条市の路上で暴力団関係者刺殺…抗争も視野に殺人で捜査【続報あり】

13日19時30分頃、愛媛県西条市神拝甲(かんばいこう)で、「路上で50歳代の男性が倒れている」と、消防に通報があった。倒れていたのは愛媛県新居浜市新須賀町(シンスカチョウ)の職業不詳、岡充浩さん(52)で、刃物のような物で腹部など複数の部位を刺され、倒れているのが見つかった。岡充浩さんは病院に搬送されたが、約50分後に搬送先の病院で死亡が確認された。
愛媛県西条市暴力団男性殺人.jpg

愛媛県警は殺人事件と見て、犯人の行方を捜査すると共に、今後、ご遺体を司法解剖して死因を調べる。現場周辺では凶器は見つかっていない。
愛媛県警によると、岡充浩さんは暴力団関係者で、暴力団同士による抗争の可能性も視野に、交友関係などを調べている。

愛媛県西条市暴力団男性殺人1.jpg
また愛媛県警は、暴力団同士による抗争を見据え、愛媛県内にある"指定暴力団山口組"と"指定暴力団神戸山口組"の事務所を警戒している。
現場はJR予讃線・伊予西条駅から北西に約800メートルの西条市役所に近く、傍を幹線道路が通る住宅街の路地。


【続報・容疑者逮捕】

13日19時30分頃、愛媛県西条市神拝甲の路上で、愛媛県新居浜市新須賀町4丁目の職業不詳・岡充浩さん(52)が腹など数カ所を刺されて倒れているのが見つかり、死亡した事件で、愛媛県警は14日、指定暴力団・山口組系組長、横井興人(おきと)容疑者(75)を殺人容疑で逮捕した。愛媛県警は認否は明らかにしていない。





posted by かえぴょん at 13:08| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

東大阪市稲田新町の母親死亡の府営住宅火災、47歳次男を放火容疑で逮捕

東大阪市稲田新町殺人放火事件.jpg

今月8日、大阪府東大阪市稲田新町(いなだしんまち)の府営住宅2階の佐々木英夫さん(82)の部屋から火が出て、約60平方メートルが全焼し、この部屋の女性(75)が死亡した火事で、大阪府警は、同居する次男の佐々木実容疑者(47)が自宅に火をつけたとして放火の疑いで逮捕した。
東大阪市稲田新町殺人放火事件2.jpg
東大阪市稲田新町殺人放火事件3.jpg

この火事で焼け跡から、この部屋に住む佐々木英夫さんの妻、佐々木靜代さん(75)のご遺体が見つかりました。佐々木英夫さんや、同居している次男(47)など3人がケガをした。佐々木靜代さんの死因は、煙を吸った事による窒息死でした。
その後の大阪府警の調べで、ケガをした次男の佐々木実容疑者(47)がライターで部屋にあった布団やマットレスに自分で火をつけた事を認めた事などから、12日、放火の疑いで逮捕しました。
大阪府警の調べに対し「自分っでやった。人生が面白く無いので、布団やマットレスにライターで火をつけた」などと、供述していると言う事です。
東大阪市稲田新町殺人放火事件4.jpg
東大阪市稲田新町殺人放火事件5.jpg

これまでの調べによりますと、佐々木実容疑者は"軽度の知的障害"があると言う事で、大阪府警は火を付けた状況を更に調べる事にしています。





遣らかしたな。
親殺し……子供殺し……の地域性の顛末……
この展開は『精神鑑定留置』→『不起訴』→又は『処分保留』→かな?

一緒に住んでなくても殺され、一緒に住んでいても、いつ何時殺されるか分からない……福岡の件のように寝ている隙に殺され……、広島のように孫にも殺される。
これじゃ家族を信じられなくなる訳だ。





posted by かえぴょん at 16:29| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

【人命より役職名】堕落する福岡の警察官…妻子殺害容疑の警官


福岡県小郡市妻子惨殺事件.jpg

福岡県小郡市の住宅で母子3人のご遺体が見つかった事件で、福岡県警は8日19時00分から、福岡県警本部(福岡県福岡市博多区)で記者会見を開いた。冒頭、久田誠・警務部長が「本日午後5時31分、通信指令課員が殺人の被疑者として逮捕されました。重大な容疑で職員が逮捕された事を心よりお詫びします」と謝罪。同席した近藤康徳・首席監察官らと約3分半、型通りに頭を下げた。
福岡県小郡市妻子惨殺事件2.jpg


上司の監督責任に一切触れず、警察官が起こした狂悪事件も杓子定規に淡々と終わらせた。

〜飲酒事故、不倫相手と披露宴インチキ……福岡県警、相次ぐ不祥事〜

現職警察官が殺人容疑で逮捕された、福岡県警。
今年に入り不祥事が相次いで明らかになっており、実効性のある再発防止策が課題になっている。
福岡県警は、乗用車を飲酒運転し、パトカーに追跡され事故を起こしながら更に逃亡を続けたとして、福岡県警行橋署の30代の男性巡査部長を1月に、懲戒免職にした。調べに対し「飲酒運転がバレると職を失うので、怖くなって逃げた」と、説明したと言う。

2月には、既婚者なのに独身女性と不倫、結婚披露宴を開こうとした福岡県警小倉北署の40代の巡査部長を減給の懲戒処分にした。披露宴では「新婦」側の親族や友人が集まる中、巡査部長側は本人のみ。式場は紛糾し、警察官が出動する大騒ぎとなった。

3月には留置管理課内の猥褻行為、パワハラ事案が発覚。飲み会で同僚女性に猥褻行為をしたり、男性課員同士に「宴会芸」として氷の口移しをさせたりしたとして、計7人が懲戒処分された。うち50代の男性警部補2人=即退職=は強制猥褻罪で起訴された。

福岡県小郡市妻子惨殺事件0.jpg
福岡県小郡市妻子惨殺事件0a.jpg


福岡県小郡市妻子惨殺事件1.jpg

福岡県警監察官室によると、懲戒処分を受けた福岡県警職員は今年に入って既に12人に上る。そんな中で起きた、今回の凶悪な殺人容疑事件。8日の会見では、止まらない不祥事への認識や、再発防止策の効果を問う質問が相次いだ。





posted by かえぴょん at 17:27| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良県天理市で生後5か月長女が壁に複数回頭打ち付けられ死亡…24歳父親逮捕


奈良県天理市女児暴行死で父逮捕.jpg

奈良県警捜査1課と奈良県警天理署は8日、生後5か月の長女に身体を激しく揺さぶるなどの暴行を加え死亡させたとして、父親の奈良県天理市櫟本町(いちのもとちょう)の工員・瀧川奈緒哉容疑者(24)を傷害致死容疑で逮捕した。「ストレスがあり、揺さぶって2〜3回ほど壁に打ち付けた」などと供述し、容疑を認めていると言う。
奈良県天理市女児暴行死で父逮捕1.jpg

奈良県天理市女児暴行死で父逮捕2.jpg
奈良県警捜査1課によると、瀧川奈緒哉容疑者は2016年(平成28年)12月19日17時00分から同日22時35分頃までの間、自宅で長女の瀧川詩央里ちゃん(当時5カ月)の身体を掴んで前後に揺さぶり、部屋の壁に頭を打ち付けるなどの暴行を加え、21日13時20分頃、搬送先の病院で「急性硬膜下血腫による脳浮腫」で死亡させた疑いがある。

奈良県天理市女児暴行死で父逮捕4.jpg
瀧川奈緒哉容疑者は妻(26)、長男(2)、亡くなった瀧川詩央里ちゃんとの4人暮らし。犯行時、妻と長男は隣の部屋に居たと言い、妻が19日22時35分頃、「子供がグッタリしている」と119番通報した。瀧川奈緒哉容疑者と妻はその時、搬送先の病院で奈良県警天理署の聞き取りに、「数日前にベッドから落ちた事がある」と説明したと言う。病院が、奈良県中央こども家庭相談センター(児童相談所)に連絡し、こども家庭相談センターが両親から聞き取りを行い、奈良県警天理署に「虐待の疑いがある」と通報して発覚した。
奈良県警捜査1課が鑑定を依頼した複数の医師が、「乳幼児揺さぶられ症候群」(SBS)で死亡した可能性があるとの見解を示した事が、その後の捜査関係者への取材で分かった。
奈良県天理市女児暴行死で父逮捕5.jpg

奈良県天理市女児暴行死で父逮捕6.jpg
奈良県天理市などによると、瀧川詩央里ちゃんは未熟児として昨年6月に誕生し、同年10月末まで入院。奈良県天理市が初めて接触したのは、退院の約1カ月後に行われた保健師の家庭訪問だった。奈良県天理市によると「容体に問題は無かった」と言い、次は事件3日後の昨年12月22日に訪問の予定だった。
瀧川奈緒哉容疑者らが暮らしていたのは、住宅街の一角にある3階建て集合住宅の2階。付近住民からは「ごく普通の家庭だった」などと、驚きの声があがった。
近所付き合いは少なかったらしく、近くの女性(62)は、「去年は赤ちゃんの泣き声が聞こえていたが、顔は見た事が無い」と驚いた様子。
ある女性は「『いまどき』の若い夫婦」と語り、別の女性は「以前は母親と長女が出かけるのを見かけたが、最近は見ていなかった」と話した。




posted by かえぴょん at 16:03| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い