2017年10月19日

佐賀県多久市で当時4歳長男を暴行死…31歳母親を傷害致死容疑で逮捕


佐賀県多久市4歳長男暴行殺人.jpg
佐賀県警小城(おぎ)署は18日、昨年8月に当時4歳だった長男の頭に暴行を加えて死亡させたとして、母親で福岡県筑前町の無職・藤村早紀容疑者(31)を傷害致死容疑で逮捕した。藤村早紀容疑者は容疑を認めていると言う。
藤村早紀容疑者は19日、佐賀地方検察庁に身柄が送検されました。

佐賀県多久市4歳長男暴行殺人1.jpg

佐賀県警小城署によると、亡くなったのは宮原陸碧(るきあ)ちゃん(当時4)で、逮捕容疑は、昨年8月5日18時00分から翌6日深夜0時00分頃、当時住んでいた佐賀県多久市(たくし)の自宅で、長男の宮原陸碧(るきあ)ちゃんの頭部に暴行を加え、約3カ月後に、急性硬膜下血腫による脳機能障害で死亡させた疑いがある。
藤村早紀容疑者は8月6日深夜02時00分頃、自ら「子供の具合が悪い」と、佐賀県佐賀市内の病院に意識不明の宮原陸碧ちゃんを連れて行った。宮原陸碧ちゃんの身体中に複数のアザがあった事から、病院が「虐待の可能性がある」と佐賀県警に通報があった。
佐賀県多久市4歳長男暴行殺人2.jpg
佐賀県多久市4歳長男暴行殺人3.jpg

藤村早紀容疑者は佐賀県警小城署に対し、当初「子供の具合が悪くなった」「(頭部の怪我は)自分で転んで打った」と、言う趣旨の説明をしていたと言う。
藤村早紀容疑者は当時、夫と陸碧ちゃんとの3人暮らしで、夫は仕事で福岡県内の職場に出張していた。佐賀県警小城署は、日常的に虐待していた可能性もあると見て、詳しい動機や経緯について調べている。




posted by かえぴょん at 16:41| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

静岡市駿河区の山中で女性の他殺遺体…殺人と死体遺棄事件で捜査


小菅晴香の女子アナニュース_静岡市駿河区女性死体遺棄事件1.jpg

17日15時00分頃、静岡県静岡市駿河区(するがく)大谷(おおや)の山中の草むらで成人女性と見られるご遺体が発見された。現場やご遺体の状況などから、静岡県警は殺人・死体遺棄事件と断定し、静岡県警静岡南署に捜査本部を設置した。
捜査関係者によると、静岡県静岡市駿河区小鹿(おしか)の60代の女性が行方不明になったとして、静岡県警静岡南署に届けが出ており、捜査本部はご遺体がこの女性の可能性があると見て、身元の確認を急いでいる。

静岡市駿河区女性死体遺棄事件0.jpg
静岡市駿河区女性死体遺棄事件1.jpg
静岡県警静岡南署捜査本部などによると、今月11日に、静岡県静岡市駿河区の女性の家族から「女性が帰って来ない」と届けがあった。静岡県警静岡南署は、女性が失踪した経緯に不審な点がある事から、事件に巻き込まれた可能性があると見て自宅の周辺などを捜していた所、17日15時00分頃、捜索に当たっていた災害救助犬が、自宅からおよそ1.4キロメートル離れた、静岡県静岡市駿河区大谷の山中の道路脇の草むらでうつ伏せのご遺体を発見した。
静岡市駿河区女性死体遺棄事件2.jpg
静岡市駿河区女性死体遺棄事件4.jpg

ご遺体は身長約160センチメートル、布のような物で巻かれ、トレーナーのような上着が一部めくれ上がり、紺色っぽい長ズボンがヒザ下まで下がっていて、靴は履いていなかったと言う事です。ご遺体は腐敗が進んでいて、死因特定などのため、18日に司法解剖を行うと共に、行方が分からなくなっている女性と見て、身元の確認作業を進める。
静岡市駿河区女性死体遺棄事件5.jpg
静岡県警静岡南署は、現場の状況などから別の場所で何者かに殺害された後、遺棄されたと見て捜査本部を設置し、詳しい足取りや経緯などを調べている。
ご遺体遺棄現場は、静岡大学から東に約600メートルの山中。
静岡県静岡市駿河区山の中女性死体遺棄事件.jpg

現場付近の住人の男性は「夕方、警察が来て話を聞かれた」と話した。
行方不明になった女性の自宅付近に住む男子大学生(21)は、「数日前に警察が駐車中の車を調べているのを見た。物々しい雰囲気だった」と振り返った。

【加筆続報】

静岡市女性殺人死体遺棄事件.jpg
静岡市女性殺人死体遺棄事件1.jpg
17日、静岡県静岡市駿河区大谷(おおや)の山林で、道路脇の草むらから一部が白骨化した女性のご遺体が見つかった事件で、司法解剖した結果、歯型や指紋などの身体的特徴からご遺体が、今月11日に行方不明の届け出がされていた静岡市駿河区の無職・神(じん)久美子さん(62)と判明した。
静岡県警静岡南署は、現場やご遺体の状況から、神久美子さんが何者かに殺害され、遺棄されたと断定し、捜査している。




posted by かえぴょん at 16:13| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

茨城県水戸市のラブホテルで女性の変死体…通報者の男は逃走!事件か病死か?


茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件.jpg

17日朝08時25分頃、茨城県水戸市谷田町(やだちょう)840のラブホテルの宿泊客を名乗る男性から、「起きたら一緒に泊まっていた女性が死んでいた」と、119番通報があった。駆け付けた消防隊員が、ベッドで仰向けに横たわった女性のご遺体を発見したが、男性の姿は無かった。茨城県警水戸署は、事件や事故、病死の可能性があると見て、身元の確認や司法解剖で死因を調べる。
茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件1.jpg
茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件2.jpg

茨城県警水戸署によると、死亡していたのは住所、職業不詳の女性(49)と見られ、ガウンを着ており、両頬が紫に変色したアザがあった。室内には女性の物と見られる財布やスマートフォンが入ったバッグが残されていた。男性は現場から車で立ち去ったと見られ、茨城県警水戸署は、男性が何らかの事情を知っていると見て所在を捜査している。
茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件3.jpg
茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件4.jpg





posted by かえぴょん at 23:36| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木県大田原市で病気の61歳妻殺害…末期がんの72歳夫を殺人容疑で逮捕


栃木県大田原市妻殺害事件.jpg

栃木県警大田原署は16日、自宅で病気の妻の首を刃物で刺して殺したとして、栃木県大田原市小滝(こだき)の無職・熊田正男容疑者(72)を殺人容疑で逮捕した。栃木県警大田原署によると、熊田正男容疑者は「間違いない」と、容疑を認め、病気の2人の将来を悲観したと言う趣旨の話をしていると言う。
逮捕容疑は、16日未明、自宅で妻の無職、熊田雅子さん(61)の首を鋭利な刃物で切り付けて殺害したとしている。
栃木県大田原市妻殺害事件1.jpg


栃木県大田原市妻殺害事件2.jpg
栃木県警大田原署と栃木県警捜査1課などによると、16日朝、熊田正男容疑者は、「妻を殺してしまった」と親類に電話し、話を聞いた別の親類の男性が夫婦宅を訪れ、血を流している熊田雅子さんを発見、16日08時00分頃に110番通報した。駆け付けた栃木県警大田原署員が血を流して倒れている雅子さんを発見した。熊田正男容疑者も現場に残っていた。
栃木県大田原市妻殺害事件3.jpg
栃木県大田原市妻殺害事件4.jpg

熊田正男容疑者は妻の熊田雅子さんと2人暮らし。熊田雅子さんは病気のため身体が不自由で、熊田正男容疑者が「要支援」状態の妻の世話をしていた。熊田正男容疑者も末期の大腸がんを患っており、栃木県警大田原署の調べに対し、「夫婦の行く末を案じた」と話し、そのために熊田雅子さんを刺したと言う趣旨の供述をしていると言う。
近くに住む60代女性は「(熊田容疑者は)4年ほど前に大腸がんで手術していた。今年は田んぼをやめて、最近2人を見ていなかった」と話した。




posted by かえぴょん at 22:50| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【掘起】神奈川県藤沢市の山林に組員の死体遺棄…服役中の42歳暴力団幹部逮捕


神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄.jpg
神奈川県警暴力団対策課は12日、平成27年(2015年)1月、神奈川県藤沢市用田(ようだ)の山林に暴力団組員のご遺体を埋めたとして、東京都豊島区東池袋の指定暴力団住吉会系組幹部、瀬川哲容疑者(42)を死体遺棄容疑で逮捕した。神奈川県警は瀬川哲容疑者の認否を明らかにしていません。
逮捕容疑は、平成27年1月11日頃、神奈川県藤沢市用田の山林で、複数人で共謀し同じ組の山田正幸組員(当時45)のご遺体を地中に埋めたとしている。
神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄1.jpg
神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄2.jpg

神奈川県警暴力団対策課によると、昨年12月、「藤沢市内の山林に死体が埋められている」などとの情報提供があり、今年8月に山林周辺を捜索した所、ご遺体を発見。一部が白骨化していたが、目立った外傷は無かった。ご遺体は服を着た状態で、司法解剖の結果、死因は分かっておらず、神奈川県警暴力団対策課が、山田正幸組員が死亡した経緯などを詳しく調べています。

神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄3.jpg
神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄4.jpg
その後の捜査で、山田正幸組員は平成27年(2015年)年1月5日に、現金自動預払機(ATM)で現金を引き出してから行方不明となっている事が分かった。
瀬川哲容疑者は、別の覚せい剤取締法違反事件で有罪判決を受け、服役していますが、神奈川県警暴力団対策課の調べで瀬川哲容疑者の関与が浮上した。神奈川県警暴力団対策課は、瀬川哲容疑者と山田正幸組員との間に何らかのトラブルがあったと見て、事件の経緯を調べている。




posted by かえぴょん at 00:46| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い