2017年12月08日

滋賀県草津市で3歳長男に激昂し暴行死…傷害致死容疑で36歳父親逮捕


滋賀県草津市3歳長男暴行死事件.jpg
滋賀県警草津署は8日、3歳の長男に暴行を加え死亡させたとして、滋賀県草津市木川町(キノカワチョウ)の父親で無職の坂野和寛容疑者(36)を傷害致死の疑いで逮捕した。坂野和寛容疑者は、「部屋の中を散らかしていたので頭に血が上った」と供述し、容疑を認めていると言う。
滋賀県草津市3歳長男暴行死事件1.jpg
滋賀県草津市3歳長男暴行死事件4.jpg

逮捕容疑は今年8月13日正午から14時00分頃までの間、自宅で坂野和寛容疑者の長男(当時3)に対し、投げたり、頭部や腰を踏み付けるなどの暴行を加え、外傷性脳腫脹で死亡させた疑い。
滋賀県警草津署によると、8月13日15時15分頃、坂野和寛容疑者が「子供が自宅で転倒して顔が真っ青になった」と119番した。長男は救急搬送された滋賀県栗東市(りっとうし)内の病院で死亡が確認された。病院側が、虐待の疑いがあるとして滋賀県警草津署に通報した。
滋賀県草津市3歳長男暴行死事件2.jpg
滋賀県草津市3歳長男暴行死事件3.jpg

坂野和寛容疑者は、妻(26)と長男(当時3)、次男(1)、長女の5人家族。当時、妻は長女の出産のため入院中だったと言う。滋賀県警草津署は、日常的な虐待の有無などを調べている。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 19:09| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀県近江八幡市などで知人男性を監禁暴行死…監禁と殺人容疑で男女5人逮捕


滋賀県近江八幡市男性監禁暴行致死.jpg
滋賀県警捜査1課などは7日、知人男性を大阪府堺市内や滋賀県近江八幡市末広町の民家で監禁し、暴行するなどして衰弱死させたとして、大阪府堺市堺区の無職・萩原(はぎはら)真一容疑者(39)と大阪府堺市堺区のアルバイト・井坪政容疑者(29)、大阪府堺市堺区の無職・宮崎佑佳容疑者(24)、大阪府堺市堺区の無職・飯星飛香(あすか)容疑者(29)、それに大阪府大阪市住之江区の無職・亀井徳嗣容疑者(21)の5人を監禁と殺人の疑いで逮捕した。滋賀県警捜査1課などは5人の認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は、5人は8月12日から17日に掛けて、飯星飛香容疑者宅や滋賀県近江八幡市内の民家などで、大阪府堺市堺区の無職、渡邉彰宏さん(当時31)を監禁。暴行を加えたほか、食事を与えず、細菌性肺炎で死なせたとしている。
滋賀県近江八幡市男性監禁暴行致死1.jpg

滋賀県警捜査1課によると、5人と渡邉彰宏さんは知人。渡邉彰宏さんは8月17日15時00分頃、滋賀県近江八幡市内の病院に救急搬送され、死亡が確認された。病院から連絡を受けた滋賀県警が捜査していた。

これまでの捜査で、萩原(はぎはら)真一容疑者らは今年8月12日から15日に掛け、知人で大阪府堺市堺区の渡邉彰宏さん(31)を大阪府堺市内にある飯星飛香容疑者の自宅に監禁して暴行を加え、その後、滋賀県近江八幡市末広町にある萩原真一容疑者所有の住宅に移動させた上、再び渡邉彰宏さんを監禁、救護などをせず放置して殺害した疑いです。渡邉彰宏さんは滋賀県近江八幡市末広町の家に連れて来られ、8月17日に救急搬送され亡くなった。
滋賀県近江八幡市男性監禁暴行致死2.jpg
滋賀県近江八幡市男性監禁暴行致死3.jpg

逮捕された5人のうち萩原真一容疑者ら3人は、事件の約1か月前に渡邉彰宏さんを金属製の溝蓋などで殴ったなどとして、傷害の疑いで先月に逮捕されていました。

近くに住む女性は「萩原容疑者の家の前に救急車などが来ていたのを見た。半ズボン姿の男性が心臓マッサージを受けていて、足が青ざめていて怖かった」と話し「心臓マッサージを受けていた人が亡くなっていたとしたら、気の毒だし怖い。とにかくビックリしている」と、不安な表情を浮かべていた。
渡辺彰宏さんが監禁されていた、滋賀県近江八幡市末広町の萩原真一容疑者が所有する民家周辺では、「どこにでもいる家庭の父親だと思っていた。静かな住宅街でこんな事が起きたとは驚きだ」と、住民に不安と戸惑いが広がった。
近くに住む女性会社員によると、萩原真一容疑者は約1年前に妻と見られる女性と子供で引っ越して来たと言う。気さくに挨拶をし、ベビーカーを公園で押す姿を見かけており、「物腰が柔らかく、普通の家庭の印象だった」と話す。
ただ、別の近所の人によると、今年夏頃から女性と子供は見かけなくなり、自宅前に「なにわ」や「和泉」ナンバーの車がよく訪れるようになった。萩原真一容疑者ら男女数人が乗っているのを見かけたと言う。





■ 戒め。■
気をつけろ、普通のご近所さんが殺人鬼。物腰の柔らかさは見せ掛けの隠れ蓑‥‥





posted by かえぴょん at 18:11| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【戦慄呪い神】東京都江東区の富岡八幡宮3人惨殺事件、姉弟骨肉の争い…被疑者自殺


東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件0.jpg

7日20時35分頃、東京都江東区富岡1丁目の富岡八幡宮付近で「女が刀を持って暴れている」と、通行人から110番通報があった。警視庁によると、富岡八幡宮敷地内や近くの路上などで男女4人が頭や腹から血を流すなどして倒れており、病院へ救急搬送されましたが、3人の死亡が確認された。他に男性1人が重傷と言う。
警視庁捜査1課などによると、死亡したのは宮司の富岡長子(ながこ)さん(58)と富岡長子さんの弟で元宮司の富岡茂永(しげなが)容疑者(56)、それに富岡茂永容疑者の妻(30代)が襲ったと見られ、重傷は富岡長子さんの運転手の男性(33)で、右腕などを切られ重傷だが命に別条は無いと言う。
現場には、サバイバルナイフや日本刀などが残されており、血が付着していたと言う。富岡茂永容疑者と富岡茂永容疑者の妻が、富岡長子さんらを襲った後、富岡茂永容疑者が妻を刺し、富岡茂永容疑者も自殺を図った可能性があると言う。
東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件2.jpg
東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件3.jpg
警視庁捜査1課によると、7日20時25分頃、東京都江東区富岡1丁目の富岡八幡宮の敷地内にある富岡長子さんの自宅近くに、富岡長子さんの車が停車した所、付近の建物の陰から富岡茂永(しげなが)容疑者と富岡茂永容疑者の妻と見られる女が飛び出して来たと言う。
周辺の防犯カメラには、車から降りた富岡長子さんを弟の富岡茂永(しげなが)容疑者が日本刀で襲い切りつけ、富岡長子さんの首や胸を日本刀で刺し、妻と見られる女が短い刃物で、逃げ出した運転手の男性(33)を約100メートル追いかけて、別の日本刀で切りつける様子が写っていた。
東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件4.jpg
東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件5.jpg

犯行後、富岡茂永容疑者が妻と見られる女の胸や腹を日本刀で刺し、その後、自分の心臓付近を複数回刺して自殺を図ったと見られる。
富岡長子さんは地元警察との会合から帰宅した所だった。

東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件1.jpg

富岡長子さんは胸などを刺され、富岡茂永容疑者も左胸3カ所に刺し傷があった。妻と見られる女も胸や腹などを刺されていた。
富岡長子さんが襲われた場所には、真ん中から折れた刀が落ちていた。富岡茂永容疑者が自殺したと見られる現場にも、別の短い日本刀とサバイバルナイフ2本があった。警視庁捜査1課は、富岡茂永容疑者と妻と見られる女が計画的に富岡長子さんを襲ったと見ている。

東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件6.jpg
捜査関係者によると、富岡茂永容疑者は2001年に宮司を解任され、富岡長子さんは2002年、警視庁に「宮司の地位を巡る親族間のトラブルがある」と、相談していた。富岡茂永容疑者は2006年1月、富岡長子さんを脅すような内容のハガキ2枚を送りつけたとして、脅迫容疑で逮捕、起訴されていた。警視庁捜査1課は直近にも富岡長子さんと富岡茂永容疑者の間に何らかのトラブルがあり、殺傷事件に発展した可能性があると見て、富岡茂永容疑者らを被疑者死亡のまま殺人容疑などで書類送検する方針。

富岡八幡宮宮司惨殺事件.jpg
現場は、地下鉄門前仲町駅から東に約300メートル。富岡八幡宮は、江戸初期の創建で、将軍家の保護を受け、「深川の八幡さま」として信仰を集めて来た。江戸三大祭りの一つ、「深川八幡祭り」で知られる。
江戸勧進(かんじん)相撲の発祥の地として「横綱力士碑」など、相撲関連の石碑が境内に立つ。
富岡八幡宮を巡っては今年5月に、神社本庁(宗教法人)からの離脱を決めた事が話題になった。神社の代理人弁護士は当時の取材に、宮司の人事を具申(ぐしん=上役に意見等を詳しく申し述べる事)しても神社本庁から発令が無い、などと説明していた。






由緒あるとか、歴史があるとかも、こんなドロドロ惨劇の神社なんて、
なんと縁起悪い! おぞましい怨霊・死霊に取り憑かれそうだ‥‥‥ゾぉ!!


posted by かえぴょん at 16:28| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

長崎県諫早市のスナックで睡眠薬昏睡強盗で客死亡…強盗致死容疑で男女5人逮捕


長崎県諫早市スナック睡眠薬強盗殺人.jpg

長崎県警諫早署は6日、2017年4月、長崎県諫早市(いさはやし)天満町(てんまんまち)のスナックで、男性客(当時37)に睡眠薬を入れた酒を飲ませて昏睡状態にし、現金およそ4万円を奪った上、男性が嘔吐した物をノドに詰まらせ窒息死させたとして、強盗致死の疑いで男女5人を逮捕しました。
逮捕されたのは、長崎県諫早市天満町にあるスナックの実質的な経営者で長崎県諫早市八天町(はってんまち)の中野稚也(わくや)容疑者(27)や、飲食店経営の山中宏哉容疑者(26)など、アルバイトの17歳の少女を含む男女合わせて5人です。
長崎県諫早市スナック睡眠薬強盗殺人0.jpg
長崎県諫早市スナック睡眠薬強盗殺人1.jpg

長崎県警諫早署によりますと、中野稚也容疑者らは今年4月8日未明、長崎県諫早市天満町の飲食店兼スナックで、長崎県内に住む当時37歳の会社員の男性に、強い睡眠薬を入れた酒などを飲ませて昏睡状態にして、およそ4万円を奪った。男性は吐いた物がノドに詰まり、窒息して死亡しています。
死亡した男性から睡眠薬の成分が検出されたほか、別の客から、身に覚えのない代金を請求されたと言う相談が相次いだ事から捜査を進めた結果、6日、5人を逮捕したと言う事です。
長崎県諫早市スナック睡眠薬強盗殺人1a.jpg
長崎県警諫早署の調べによりますと、男性が飲まされたのは、短時間で作用する効果の強い催眠鎮静薬だった可能性があると言う事で、長崎県警諫早署は入手先を調べています。
中野稚也(わくや)容疑者らは11月、別の昏睡強盗事件で既に逮捕されていて、捜査の中で今回の犯行が明らかになりました。他にも同じような方法でスナックの客から現金を奪っていた疑いがあると見て、長崎県警諫早署に捜査本部を設置し、余罪があると見て捜査する。
捜査関係者によると、当初5人の認否を明らかにしていませんでしたが、その後、逮捕された容疑者5人のうち、複数人が容疑を認めていると言う。
長崎県諫早市スナック睡眠薬強盗殺人2a.jpg





posted by かえぴょん at 16:36| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

【大阪市路上殺人続報】大阪市西区路上扼殺事件…殺人容疑で神戸の57歳男逮捕

大阪府大阪市西区千代崎1丁目の路上で12月1日夜、65歳の男性が首を絞められ、その後死亡した事件で、大阪府警西署捜査本部と大阪府警捜査1課は5日、兵庫県神戸市長田区に住む無職、東久保(とうくぼ)政孝容疑者(57)を殺人容疑で逮捕した。
大阪市西区路上殺人で犯人逮捕.jpg
大阪府警捜査1課などによりますと、東久保政孝容疑者は今月1日21時20分頃、大阪府大阪市西区千代崎1丁目の路上で、近くに住む無職・奈良木茂明さん(65)に馬乗りになって首を絞め、2日後に低酸素脳症で死亡させた疑いがもたれています。
大阪市西区路上殺人で犯人逮捕1.jpg
東久保政孝容疑者は奈良木茂明さんと面識が無く、直前に別の場所でトラブルになったと見られ、現場まで奈良木茂明さんを追いかけて来て「どこの若い衆や」などと因縁をつけ、路上で揉み合いになった後、タクシーで逃走するのが目撃されていた。大阪府警西署捜査1課は防犯カメラ映像などから、東久保政孝容疑者を特定した。
調べに対し、東久保政孝容疑者は「大阪に行っていないし、誰かとトラブルにもなっていない」と、容疑を否認していると言う事です。
大阪市西区路上殺人で犯人逮捕2.jpg



【事件発端】

12月1日夜、大阪府大阪市西区千代崎(ちよざき)1丁目の路上で、大阪府大阪市西区本田(ほんでん)1丁目の無職・奈良木茂明さん(65)が50〜60代の男に、首を絞められるなどして意識不明の重体となっていましたが、12月3日、奈良木茂明さんが搬送先の病院で死亡した。大阪府警は容疑を殺人未遂事件から殺人事件に切り替え、大阪府警西署に捜査本部を設置し、逃げた男の行方を追うと共に、司法解剖して奈良木茂明さんの死因を調べる。
大阪市西区千代崎男性扼殺事件1.jpg

大阪府警西署捜査本部と大阪府警捜査1課によると、1日21時20分頃、奈良木茂明さんが現場の傍の居酒屋に入店した直後、男も店に入って来て『どこの若い衆じゃ』などと因縁をつけ、口論となった。2人は言い争ったまま店外に出て、奈良木茂明さんが店の前の路上で男に馬乗りされ、首を絞められていた為、店員が仲裁に入った。男はタクシーで現場から逃げ、奈良木茂明さんは「胸が苦しい」などと訴えた後、意識不明になり救急搬送された。
大阪市西区千代崎男性扼殺事件2.jpg
逃走した男は、身長約170〜175センチメートル、坊主頭でがっちりした体格。黒っぽいジャンパーとズボンを着用しキャップ帽をかぶっていた。大阪府警西署捜査本部は、2人が入店前から何らかのトラブルになっていた可能性もあると見ている。奈良木茂明さんはこの店の常連客だったと言う。
現場は、大阪市営地下鉄九条駅の東約400メートルの住宅や店舗などが建ち並ぶ地域。




posted by かえぴょん at 22:14| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする