2016年08月20日

香川県高松市女性殺害事件、43歳無職の男を逮捕


高松市女性殺害で赤塚真樹を逮捕.jpg
今月13日、香川県高松市福岡町のアパートの一室で団体職員・木村友香さん(42)が殺害されご遺体が見つかった事件で、香川県警高松北署捜査本部は19日、本籍・宮城県で住所不定無職・赤塚真樹容疑者(43)を殺人容疑で逮捕した。赤塚真樹容疑者は「間違いない」と、容疑を認めていると言う。

高松市女性殺害で赤塚真樹を逮捕2.jpg

香川県警高松北署によると、赤塚真樹容疑者は12日09時00分頃、香川県高松市福岡町4丁目のアパートの一室で、この部屋に住む木村友香さんの首を絞めて殺害した疑いがある。木村友香さんのご遺体は、13日昼0時20分頃、電話に出ない事を心配して訪ねてきた義理の弟が見つけた。木村友香さんは両手を結束バンドで縛られた状態で見つかった。ご遺体に付着していた身体の組織片をDNA鑑定した結果、赤塚真樹容疑者の物と分かり、香川県警高松北署は18日に、赤塚真樹容疑者を全国に指名手配して行方を追っていた。
19日14時00分頃、逃走先の広島県広島市内にいた赤塚真樹容疑者を広島県警の警察官が見つけ、逮捕した。

高松市女性殺害で赤塚真樹を逮捕1.jpg
高松市女性殺害で赤塚真樹を逮捕3.jpg
香川県警高松北署によると、赤塚真樹容疑者は木村友香さんと面識が無かったと見られる。現場から木村友香さんの財布が無くなっており、赤塚真樹容疑者は金銭目的だった事をほのめかしていると言う。
木村友香さんの自宅からは、財布が無くなっている上、取り調べに対し赤塚真樹容疑者は、「お金を盗る目的で殺した」と、供述をしていて、香川県警高松北署は、強盗殺人容疑を視野に捜査している。
高松市女性殺害で赤塚真樹を逮捕5.jpg




posted by かえぴょん at 14:31| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

島根県の出雲大社近くの駐車場車内から男性変死体

13日17時00分頃、島根県出雲市大社町中荒木の駐車場に止められていた乗用車の中から、男性のご遺体が見つかった。男性の胸には刃物によると見られる複数の傷がある一方、車内にあったカバンの中に包丁が入っていたと言う。島根県警出雲署によると、駐車場を管理している男性(56)が、「1週間ほど前から止められている車の中に人の足の様な物が見える」と、警察に通報しました。

島根県出雲市男性腐乱死体.jpg
島根県出雲市男性腐乱死体1.jpg
現場の駐車場は、出雲大社の約2キロメートル南の農地が点在する場所にあり、観光バスの待機所などになっていたが、今月から使われていなかった。島根県警出雲署が14日に行った司法解剖の結果、死因は失血死と判明した。ご遺体は仰向けの状態で見つかり、腐敗が進んでいると言う事で、死亡してから1週間程経っていると見られると言う。

島根県出雲市男性腐乱死体2.jpg
島根県警出雲署によりますと、乗用車はエンジンキーが差し込まれたままの状態で、運転免許証と現金も車内にあり、ドアは鍵が掛かっていなかったと言う事です。運転免許証や車両ナンバーから、乗用車は島根県出雲市内の30代男性の名義で、今月7日から行方が分からなくなり、家族から行方不明(捜索願い)の届けが出されていた。島根県警出雲署は、事件と自殺の両面で調べると共に、腐敗が進んでいるご遺体の身元の確認を進めると共に、付近で不審な人物が目撃されていないかなどを調べています。


何か違和感‥‥
一部メディアでは、自殺と断定した書き方があるが、報道されている内容では、胸に刃物によると見られる複数の傷、とあるが、自分で胸を何度か刺して、その後刃物をカバンに入れ、出血多量で死ぬのを待っていたと言うのだろうか?
遠のく意識の中、凶器と思しき刃物を何故、カバンにいれる必要があった?




ここは糸村刑事の出番!?

遺留捜査3 DVD-BOX






posted by かえぴょん at 14:58| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

香川県高松市のアパートで両手首縛られた女性変死体、殺人で捜査


高松市女性緊縛変死事件.jpg

13日昼0時20分頃、香川県高松市福岡町4丁目のアパートの一室で、この部屋に1人で住む団体職員の木村友香さん(42)が倒れているのを、電話に出ない事を心配して訪ねてきた義理の弟が見つけ、119番通報しました。香川県警高松北署員と消防が駆けつけた時、木村友香さんは既に死亡しており、両手首が結束バンドで縛られていた。

香川県警高松北署によると、女性は玄関付近で、両手首を前にして縛られ、うつ伏せに倒れていた。部屋は全て施錠されていて、荒らされた形跡などは無かったと言う事です。ご遺体に目立った外傷や着衣に乱れなど無く、遺書などは見つかっていないと言う。
香川県警高松北署は当初、事件と自殺の両面で捜査していましたが、14日、ご遺体を詳しく調べた所、首を絞められて殺害された疑いが強い事が分かりました。この為、香川県警高松北署は殺人事件として、詳しい状況や、周辺で不審な人物が目撃されていないかなどを捜査しています。

※死因の特定が進み、殺人事件と判明した事と被害者の氏名が公表されたため、加筆修正しました。




posted by かえぴょん at 21:15| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

香川県丸亀市老人ホームポット撲殺事件、入所の57歳男を逮捕

香川県丸亀市新田町の老人ホーム「なでしこ垂水」で、入所者の男性(70)をポットで殴り死亡させたとして、香川県警丸亀署は17日、傷害致死容疑で、同じ施設に入所する無職の男(57)を逮捕した。57歳の男は「男性にケンカを売られた」と容疑を認めている。

香川県丸亀市老人ホーム殺人事件.jpg
香川県丸亀市老人ホーム殺人事件1.jpg

逮捕容疑は16日20時30分頃、香川県丸亀市新田町の住宅型有料老人ホーム「なでしこ垂水」の食堂で、無職の前川豊さん(70)の頭部をポットで複数回殴り、17日16時40分頃に頭蓋骨骨折などで死亡させたとしている。
香川県警丸亀署によると、前川豊さんが自室内で倒れているのを17日朝、老人ホームの職員が発見し、119番通報した。暴行前に2人は口論していたと見られ、詳しい原因を調べている。
※加害者側の氏名はまだ公表されていません。


57歳で住宅型とは言え、有料老人ホームに入居するのは早過ぎないか? 普通はアパートとかではないのか?
食堂でご飯が出るならグループホームのような所なのかも‥‥しかしポットでどれだけ激しく殴ったのか‥‥頭蓋骨骨折に至らしめるとは、加害者には老人ホームより刑務所で暮らす方がいいだろう・・・。




posted by かえぴょん at 18:06| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥取県米子市で56歳妹が熱湯を掛けられ死亡…傷害致死容疑で60歳兄逮捕

鳥取県警米子署は19日、自宅で寝ていた妹の香田久美子さん(当時56)の顔に、鍋で沸かした熱湯をかけ死亡させたとして、既に傷害罪で公判中の、鳥取県米子市下安曇の無職・香田正人容疑者(60)を傷害致死容疑で再逮捕した。

鳥取県米子市熱湯火傷殺人.jpg
再逮捕容疑は4月下旬、鳥取県米子市下安曇の自宅で寝ていた妹の香田久美子さんの顔に鍋で沸かした熱湯をかけて大ヤケドを負わせ、5月4日頃、顔面熱傷が原因の敗血症(細菌感染性)により死亡させたとしている。
鳥取県警米子署によると、香田正人容疑者は「熱湯を掛けた事は間違いないが、死亡させたと言うのは納得できない」と、容疑を一部否認している。

香田正人容疑者は両親らと4人暮らしで、香田久美子さんが死亡した直後の5月4日、同居する父親(84)が近所の住民に相談し、相談された近所の住民が警察に通報して発覚した。鳥取県警米子署は、母親(83)にも熱湯を掛けて、全治3週間のヤケドを負わせたとして5月上旬、傷害容疑で香田正人容疑者を逮捕した。
母親が妹の香田久美子さんへの行為を問い詰めた所、母親にも熱湯を掛けたと言う。
鳥取県警米子署は香田久美子さんが死亡した経緯を調べていた。その結果、香田久美子さんは熱湯を浴びてから亡くなるまで、治療せず自宅で放置されていたと言う。
香田正人容疑者は、「しっかりして欲しかった」と話していると言うが、更に詳しく熱湯を掛けるに至った経緯や動機を調べている。



posted by かえぴょん at 16:37| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

鳥取県岩美町の雑木林でポリ袋に乳児遺体、死体遺棄容疑で35歳母逮捕

鳥取県警鳥取署は13日夜、出産したばかりの女児のご遺体を遺棄したとして、鳥取県岩美町大谷に住むパート従業員の難波綾(なんばあや)容疑者(35)を死体遺棄容疑で逮捕した。調べに対し、難波綾容疑者は容疑を認めていると言う。

鳥取県乳児殺害死体遺棄事件.jpg
鳥取県警鳥取署によると、6月6日10時45分頃、鳥取県岩美町陸上(くがみ)の県道脇の雑木林で、不法投棄された電化製品の回収を行っていた作業員が、ポリ袋に入った乳児のご遺体を発見し、110番通報した。鳥取県警鳥取署は死体遺棄事件として捜査していた。
鳥取県警鳥取署によると、乳児はヘソの緒が付いたままの、生後間もない女児で、目立った外傷は無く、衣服は着けていなかった。ご遺体は県道から雑木林に約2メートル入った所で発見された。

鳥取県乳児殺害死体遺棄事件1.jpg
逮捕容疑は、難波綾容疑者が、出産して間もない女児のご遺体をポリ袋に入れ、鳥取県岩美町陸上の県道沿いの雑木林に遺棄した疑い。司法解剖の結果、女児の死因は窒息死だった。
難波綾容疑者は夫と3人の子供の5人暮らしで、調べに対し容疑を認め、自分が産んだ子だと話していると言う事です。
鳥取県警鳥取署は今後、死亡した経緯や動機などについて調べを進める。



posted by かえぴょん at 17:53| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛県松山市の「女性病死」が一転、薬物中毒死させた疑いで男逮捕


愛媛松山市薬物中毒死傷害致死事件.jpg

愛媛県警捜査1課と松山東署は13日、5年前に愛媛県松山市の当時21歳の女性店員を、急性薬物中毒に陥らせるなどして死亡させた疑いがあるとして、住所不定・無職の入交(いりまじり)龍太郎容疑者(53)を傷害致死の疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。
愛媛松山市薬物中毒傷害致死事件.jpg
愛媛松山市薬物中毒傷害致死事件1.jpg

愛媛県警捜査1課と松山東署によると、入交龍太郎容疑者は、2011年8月10日深夜03時30分頃、愛媛県松山市の当時21歳の女性のマンションの一室で、アルコールを含む薬物を女性に摂取させて、急性薬物中毒などで死亡させた疑いがある。当時、女性は接客業をしており、入交龍太郎容疑者との関係について調べている。当初、女性の遺体発見時、病死の可能性があるとして事件と断定出来なかったと言う。

愛媛松山市薬物中毒傷害致死事件2.jpg
愛媛松山市薬物中毒傷害致死事件3.jpg
しかし、昨年秋に入交龍太郎容疑者が愛媛県松山市で、当時19歳の少女から現金を脅し取ったとして、恐喝容疑で逮捕。押収したパソコンに入交龍太郎容疑者と女性が一緒に映っている動画が見つかり、2人の接点が浮上した事から、再捜査の結果、傷害致死事件と判断した。
当初、愛媛県警捜査1課と松山東署は司法解剖をして死因や事件性を調べたが、「犯罪性を断定できず、病死を示唆する所見があった為、病死と判断していた」としている。



posted by かえぴょん at 17:08| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

高知県高知市で兄の首絞め殺害、自首した弟を殺人容疑で逮捕

2日09時30分頃、高知県高知市曙町1丁目の高知南警察署朝倉交番に、「兄の首を絞めて殺した」と高知県高知市朝倉丙の無職・沢田雅司容疑者(57)が自首して来た。高知県警高知南警察署員が沢田雅司容疑者と現場に向かうと、同居する兄の澤田和俊さん(59)が自宅平屋の居間に敷かれた布団の上に仰向けで倒れ、既に死亡していた。澤田和俊さんの首に紐で絞められた痕があり、その場で澤田雅司容疑者を緊急逮捕した。高知県警高知南署は遺体を近く司法解剖して死因を詳しく調べる。

高知市で弟が兄を殺害.jpg
高知市で弟が兄を殺害1.jpg

逮捕容疑は、7月2日08時30分頃、兄の澤田和俊さんの首を紐状のもので絞めて殺害した疑い。高知県警高知南署が、詳しい動機を調べている。
現場は、「長田団地」内の一角にあり、高知県警高知南署によると、澤田雅司容疑者は兄・澤田和俊さんと2人で暮らしていた。
近所の男性(72)は「弟さんは町内会の班長を務めた事もあり、防災訓練や清掃活動にも参加していて、まじめでおとなしい人。(事件は)信じられない。兄の姿は外で見かけた事はない」と話していた。



posted by かえぴょん at 22:05| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

愛媛県今治市のアパートで80歳の母親殺害、53歳息子を逮捕

17日午後0時20分頃、愛媛県今治市広紹寺(こうじょうじ)町の50代の男から「母親を殺した。部屋の鍵は開いているので確認してほしい」と110番通報があり、愛媛県警今治署員が男の自宅アパートに駆け付けた所、居間から男の母親の遺体が見つかり、男から任意で事情を聴いていたが、18日未明、男を殺人の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは、愛媛県今治市広紹寺町の無職・藤原直樹容疑者(53)で、愛媛県警今治署の調べによると、藤原直樹容疑者は今月16日頃、自宅アパートで、同居していた母親の白石千津子さん(80)を殺害した疑いが持たれている。藤原直樹容疑者は、姓は違うが白石千津子さんの息子に当たる。
白石千津子さんは居間に仰向けの状態で倒れていて、痩せ細り、首には絞められたような痕があったと言う。藤原直樹容疑者は17日正午過ぎ、「母親を殺した」などと、自宅近くの公衆電話から警察に電話をしていて、「布団の上で横になっている母親の首を両手で絞めた」などと供述していると言う。
愛媛県警今治署は藤原直樹容疑者の生活実態を含め、詳しい犯行の動機などを調べる方針。




posted by かえぴょん at 16:10| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

冷酷陰惨!広島県呉市で生後8カ月乳児衰弱死、育児放棄で両親逮捕

2日午前8時頃、広島県呉市吉浦神賀町の民家から「子供が冷たくなっている」と、119番があった。救急隊員と広島県警呉署員が駆けつけた所、自宅1階和室の布団の上で、仰向けになっている生後8カ月の男児を見つけ、死亡が確認された。広島県警呉署は、衰弱した生後8カ月の長男を放置したとして、一緒にいた父親の無職・新井真央容疑者(41)と母親の新井綾香容疑者(22)を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。長男に目立った外傷は無いが、あばら骨が浮き上がるほど痩せ、体重は生後8カ月の男児の平均のほぼ半分の約4キロだった。広島県警呉署は3日、司法解剖をして死因を調べる。
調べに対し父親の新井真央容疑者は、「衰弱しておらず、世話をしていた」と容疑を否認。母親の新井綾香容疑者は、「子供を大事にしてやれなかった」と容疑を認めていると言う。

広島県警呉署によると、2人は2月上旬〜3月2日、長男が衰弱しているのを知りながら、医療機関の受診を受けさせたり、看護したりする事なく放置した疑いがある。
また捜査関係者への取材で、死亡した長男がやせ細っていた事から、広島県警呉署は2月上旬から食事を殆ど与えていなかったと見て調べる。
新井真央容疑者宅は2階建ての一軒家で、3人暮らし。2人は普段は2階で就寝し、長男を1階和室に1人で寝かせるなどして、2月上旬から長期間放置していたと見られる事も判明。
死亡した長男は寝返りも打てない程、衰弱していたと見られ、広島県警呉署は育児放棄(ネグレクト)の疑いがあると見て経緯と詳しい動機などを調べる。

現場はJr呉線吉浦駅の北東約500メートルの住宅街。近所の30代男性によると、一家は2〜3カ月前に引っ越して来た。乳児の姿は見た事が無く、泣き声も聞いた事が無いと言う。男性は取材に「子供が居るとは知らず驚いた。相談してくれたら助けられたかもしれないのに」と話した。


無職の男を繋ぎ止める為に、22歳の女が妊娠した事を利用したとも思える・・・。
育児放棄と言うより、生まれたばかりの乳幼児を「道具」のように扱っていたとしたら、稚拙で唯我独尊な身勝手極まりないとしか言いようがない!
自分たちは、毎日、何んらかの食べ物を満足気に食べていただろう事を考えると、長男を見殺しにした事の罰は重い!!




posted by かえぴょん at 16:59| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島県尾道市の雑木林39歳女性死体遺棄事件、風俗店店長を逮捕

今年1月上旬、広島県尾道市原田町の雑木林(ぞうきばやし)に女性の遺体を遺棄したとして、広島県警は2日、広島県福山市西深津町3丁目の風俗店店長・広保(ひろやす)雄一容疑者(37)を死体遺棄の疑いで逮捕した。取り調べに対し、広保雄一容疑者は容疑を認め、「殺しました」「死体を遺棄したことは間違いない」と供述していると言い、広島県警捜査1課は、広島県警福山北署に捜査本部を設置。殺人容疑での立件も視野に捜査する。
広島県警捜査1課のこれまでの捜査で、広保雄一容疑者は1月上旬、広島県福山市加茂町下加茂の無職・大橋愛姫(あき)さん(39)の遺体を広島県尾道市の山林・雑木林に車で運び、遺棄した疑いがある。遺体はプラスチック製の箱(縦約50センチ、横約1メートル、高さ約50センチ)に入れられていた。目立った外傷はなく、広島県警福山北署捜査本部は4日にも司法解剖して死因を調べる。遺体発見現場は、山陽自動車道尾道インターから数キロ北東の山間部。


捜査本部によると大橋愛姫さんは、子供2人との3人暮らしで、大橋愛姫さんの兄が先月、子供から1月6日以降、母親が家を出たまま帰って来ないと聞き、2月17日に「子供を残したまま妹が行方不明になっている」と警察に相談していました。
最後に会ったと見られる知人の広保雄一容疑者に事情を聴いた所、今月2日に死体遺棄を認め、3月2日午後、供述通り雑木林から、プラスチックケースに入れられた大橋愛姫さんの遺体が見つかったと言う。関係者に聞き込みをする中で、広保雄一容疑者が浮上。広保雄一容疑者と大橋愛姫さんは数年前に知り合ったと言う。

捜査関係者によりますと、広保雄一容疑者は大橋愛姫さんから数百万円の借金をしていた、と話している事が分かりました。殺害をほのめかす供述もしている事から、捜査本部は金銭トラブルが事件の背景になった可能性もあると見て捜査しています。



posted by かえぴょん at 15:31| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

鳥取市で82歳男性絞殺、妻も負傷…殺人事件か無理心中か

20日午前8時過ぎ、鳥取県鳥取市栗谷町の無職・伊藤禅さん(82)が自宅で倒れているのを、訪ねてきた息子が見つけ119番した。駆け付けた消防によって、伊藤禅さんは既に死亡が確認され、首に絞められた痕があった事から、鳥取県警鳥取署は殺害されたと見て捜査している。

鳥取高齢男性殺害.jpg


伊藤禅さんの首の絞められたような痕は、紐状の物が使われたと見られる事が21日、捜査関係者への取材で分かった。鳥取県警鳥取署は21日、司法解剖の結果、死因は窒息で、死亡推定時刻は20日午前0時〜未明と明らかにした。
同居している70代後半の妻も、同じ部屋で手首から血を流しているのが見つかり病院に搬送され、入院した。搬送時、意識はあったと言う。室内は荒らされておらず、外部から侵入された形跡は無かった。鳥取県警鳥取署は妻が事情を知っている可能性があると見て詳しい状況を調べる。

70代後半の妻は、身体の複数箇所に出血を伴う切り傷があり、手首の傷が深かった事から、鳥取県警鳥取署は無理心中を図った可能性もあると見て、事件と心中の両面から、妻の退院を待って詳しく事情を聴く事にしている。
鳥取県警鳥取署によると、伊藤禅さんと妻は2人暮らし。付近の住民によると、伊藤禅さんは地域の自治会長を長く務めていた。最近は要介護認定を受け、杖を使って歩いたり、週に3回介護デイサービスを利用していた。妻や近くに住む息子が世話をしていたと言う。
現場は鳥取市中心部で、鳥取県庁に近い住宅街。




posted by かえぴょん at 16:22| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

広島市の男子大学生変死、一転…43歳男を強盗殺人容疑で再逮捕

去年6月23日、広島県広島市安佐南区のアパートで、水を張った浴槽の中でこの部屋に住む大学生・佐藤裕樹さん(24)がうつ伏せで死亡しているのを家族が見つけました。広島県警が調べた所、佐藤裕樹さんに目立った外傷が無く、当初は死因は分からず、病死の可能性が高いと見ていましたが、病理検査の結果、体内から抗うつ剤やインスリンが検出されるなど不審な点があり、広島県警は佐藤裕樹さんの交友関係などを捜査していました。

広島市安佐南区大学生殺人事件.jpg


その結果、佐藤裕樹さんから100万円を騙し取った詐欺の疑いで、既に逮捕・起訴された広島県安芸高田市甲田町高田原の無職・山本勝博容疑者(43)を、騙し取った金の返済を免れる為に佐藤裕樹さんを殺害したなどとして、強盗殺人の疑いで再逮捕しました。

広島市安佐南区大学生殺人事件1.jpg


広島県警捜査1課によりますと、山本勝博容疑者は調べに対し、「返すようしつこく迫られたので殺そうと思い、抗うつ剤を飲ませた後、インスリンを注射し、浴槽に入れて殺害した」と供述していると言う事です。山本勝博容疑者は、佐藤裕樹さんとは6年前、同じ病院に入院中に知り合ったと説明していると言う事で、広島県警捜査1課は、薬物で意識を朦朧とさせて殺害したと見て、経緯や詳しい動機について捜査しています。

インスリンは糖尿病の患者が血糖値を下げる為に使われる薬剤で、抗うつ剤は、うつ病の治療に使われる向精神薬の一種。インスリンを健康な人に注射すると、血糖値が下がり過ぎて意識を失う事があります。
また、抗うつ剤の中には、服用すると副作用として眠気が強くなり意識が朦朧とする物があると言う事です。
いずれも医師の処方を受けて使われる医薬品で、一般的には、処方箋があれば薬局で購入して自宅に持ち帰る事が出来ます。

殺害された佐藤裕樹さんが、これらの医薬品を処方されていたかどうかは分かっていませんが、医師の処方が無いまま、健康な人が両方を同時に使用すると、意識が混濁する可能性があり、山本勝博容疑者が佐藤裕樹さんの意識が朦朧としている状態で、風呂場の浴槽につけて殺害した疑いがあるとして再逮捕しました。


posted by かえぴょん at 18:55| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

愛媛県西条市で男性刺され死亡、その場にいた知人男を逮捕

13日午前0時頃、愛媛県西条市洲之内のコンビニエンスストアの駐車場で、知人の男性の腹などを包丁で刺した男が殺人未遂容疑の現行犯で逮捕された。刺された男性が死亡したため、警察は殺人容疑に切り替え調べを進めている。
愛媛県警西条署によると、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、愛媛県西条市安知生(あんじゅう)の会社員・今川弥幸(やすゆき)容疑者(39)で、愛媛県西条市洲之内のコンビニエンスストア駐車場で、愛媛県伊予市の運送会社の社員・福井孝芳さん(37)の腹や胸を包丁で数回刺し、殺そうとした疑い。福井孝芳さんは搬送先の病院で死亡が確認された。福井孝芳さんの死因は出血性ショック死と見られる。

13日未明、コンビニ付近にいた女性から「男の人が血を流して倒れている」と消防に通報があり、駆けつけた愛媛県警西条署員が現場にいた今川弥幸容疑者が、犯行を認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
2人は以前からの知り合いだと言い、今川弥幸容疑者は酒を飲んだ状態だったと言う。
今川弥幸容疑者は「刺したことは間違いない」と、容疑を認めていて、犯行に使用した包丁は近くの田んぼに捨てていた。
愛媛県警西条署は、殺人容疑に切り替えて犯行の経緯や動機などを詳しく調べる方針だ。



posted by かえぴょん at 18:44| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

山口県山陽小野田市で80歳妹を殴って死亡させた疑い、83歳の兄を逮捕

山口県山陽小野田市で、80歳の妹を殴って死亡させた疑いで11月3日、83歳の兄が逮捕されました。逮捕されたのは、山口県山陽小野田市の農業・村田葵容疑者(83)です。
山口県警によりますと、村田葵容疑者は先月の10月28日頃、自宅で同居していた妹の律子さん(80)の顔や腹部、胸などを、素手や棒のようなもので何度も殴って死亡させた疑いがもたれています。村田葵容疑者から、「律子さんが冷たくなっている」と相談された近所の親戚が消防に通報しました。
律子さんの顔などに傷があった為、警察が司法解剖した所、肋骨が折れるなどの外傷性ショックで死亡した事が判りました。その後の調べで、村田葵容疑者が関与した疑いが強まり、11月3日、逮捕しました。

取り調べに対し村田葵容疑者は、「農作業の手伝いをしない妹に腹が立った。杖で殴った」と容疑を認めていると言う事です。村田葵容疑者は律子さんと2人暮らしで、警察で詳しい経緯などを捜査する事にしています。

83歳と言う年齢ながら壮健で、農業に精を出していたのだろうが、何故実妹を致死させるまでボコボコに殴らなければならなかったのか・・・。愚かで理解に苦しむ事件である。
山口県と言って直ぐ思い浮かぶのは、2013年7月21日に山口県周南市金峰の山間集落で起きた、猟奇的な高齢者5人が殺害された連続殺人・放火事件、そして山口県光市で当時18歳1か月の少年が主婦と乳児を惨殺した、光市母子殺害事件を想い出す。
無慈悲に、徹底的に殺意を暴発させ、これでもかと殺戮に至らしめる行動が、今回の事件と似ているようで身の毛もよだつ戦慄が走る。




posted by かえぴょん at 13:56| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

広島市で自宅浴室に女性遺体、52歳男を死体遺棄容疑で逮捕

広島県警広島南署は28日、自宅の風呂場に女性の遺体を遺棄したとして、広島県広島市南区青崎2の自称新聞販売店従業員・北野吉和容疑者(52)を死体遺棄容疑で逮捕した。広島県警によると、北野吉和容疑者は「遺体を遺棄した事に間違いありません」と、容疑を認めていると言う事です。

この事件は、9月22日から広島県廿日市市(はつかいちし)の団体職員・青森利香さん(46)の行方が分からなくなり、同月25日には家族から捜索願が出ていた。広島県警が女性の行方を捜していた所、広島県広島市内の住宅の浴室で、この女性と見られる遺体が見つかり、広島県警はこの住宅に住む52歳の北野吉和容疑者を28日未明、死体遺棄の疑いで逮捕した。

逮捕のきっかけは、27日夜、広島県広島市内で、青森利香さんが所有する軽自動車を運転している北野吉和容疑者を警察官が発見。自宅を調べた所、風呂場から青森利香さんの遺体が見つかった。
広島県警によりますと、遺体には目立った外傷は無いという事です。広島県警は死因や詳しい経緯を調べています。




posted by かえぴょん at 12:56| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

広島市で66歳男性の殺害遺体、殺人事件として捜査

9月7日午前11時過ぎ、広島県広島市西区のビルの一室で、この部屋に住む藤本明さん(66)が遺体が寝室で見つかった事件で、広島県警は捜査本部を設置し、殺人事件として捜査している。
捜査本部によると、7日午前11時過ぎ、男性と連絡がつかないため部屋を訪れた知人から「男性が亡くなっている」と110番通報があった・・・。
捜査関係者によると、藤本明さんの首にはビニール紐が巻かれ、頭はビニール袋をかぶった状態で、また、頭には鈍器のような物で殴られた痕が数か所あり、現場からは血の付着した灰皿も見つかったと言う事です。

捜査本部は目撃証言などから、発見される前日の6日午後9時半頃以降に殺害されたと見て、殺人事件と断定し捜査本部を設置した。また藤本明さんの財布や携帯電話が現場からは見つかっていないと言う事から、通話履歴などと交友関係を中心に捜査している。



posted by かえぴょん at 15:02| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

【岡山と千葉で高齢夫婦の殺害相次ぐ】岡山・妻が夫を、千葉・夫が妻を

8日から9日に掛けて、高齢の夫婦が配偶者を殺害する事件が相次いで起こった。

【岡山・夫撲殺事件】
8日午前9時頃、岡山県高梁市の山間いの住宅地の無職・藤岡貞三さん(86)宅で、妻の無職・藤岡安弥容疑者(85)が棒のような物を使って、夫の藤岡貞三さんの頭部を数回殴って殺害したとして逮捕された。妻の藤岡容疑者は、貞三さんと長男(61)との3人暮らし。事件後、藤岡容疑者は自宅近くの石材店で仕事をしていた長男のもとに赴き「お父さんが死んでいる」と伝えたと言う。その言葉を聞いた長男が119番通報した。
駆け付けた岡山県警の警察官が、自宅玄関を入った所にある廊下で、頭から血を流して倒れている貞三さんを発見。その後、自宅近くの医師によって死亡が確認された。
岡山県警の任意同行に応じた藤岡容疑者は、事情聴取に対し「木の棒で殴ったのは間違いない。殺すつもりでやった」と、容疑を認めていると言う。藤岡容疑者にケガなどは無かったが、 「夫に生活態度を注意したら暴力を振るわれた」と供述している。
岡山県警によると、藤岡容疑者は「特に体を鍛えていた様子などはなく、年相応の体格の女性」としている。現場では棒状の凶器は見付かっておらず、詳しい捜査を進めている。現場はJR備中高梁駅の南西約12キロにある山あいの住宅地。


【千葉・妻刺殺事件】
9日午前0時頃、千葉県船橋市宮本の無職・神村親(ちかし)容疑者(70)の自宅1階の寝室で、妻の神村登美子さん(64)さんが胸から血を流して死亡しているのを、通報で駆け付けた警察官が見つけました。夫の神村親容疑者が包丁で刺した事を認めたため、警察は殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。
登美子さんは少なくとも十数か所の刺された傷があり、千葉県警船橋署によると「メッタ刺しの状態」だったと言う事です。神村容疑者の逮捕後、ドクターカーで現場に着いた医師により午前0時51分、登美子さんの死亡が確認された為、今後、容疑を殺人に切り替えて詳細な動機を調べる事にしています。

千葉県警船橋署によると、事件が起きた時間近くに、夫婦と同居する次男(37)から「父と母が部屋で口論になっている」と110番通報があった。間もなく船橋署員が駆けつけ、次男と共に寝室に向かった所、ベッドの上で血だらけになり仰向けに横たわっている登美子さんを発見したと言う。
寝室は普段、登美子さんが1人で使っている部屋で、次男が口論に気付いた時には、内側から鍵が掛けられていたと言う。船橋署員の呼びかけにより、神村親容疑者は素直に鍵を開けたが、その際には凶器の包丁は床に落ちていた。口論の内容などは明らかになっていないが、神村容疑者は「殺そうとしたのは間違いない」と話していると言う。


どちらも高齢夫婦だけで住んでいる訳ではなく、身内が同居している点が共通しているが、妻が夫に、夫が妻に日頃から不満を持っていたから、同居している家族がその愚痴を聞かされていたのかもしれない。
特に船橋の事件では夫婦が口論している段階で、警察へ通報している点がその気配を感じさせるが・・・。

しかし本当に突発的な犯行なのだろうか?
2組の夫婦とも高齢ながら元気だった。しかし積年の恨みではなく、夫婦が元気で一戸建てともなれば、財産の事が気になりだしていても不思議ではないし、金銭の使い方に端を発し、凶行に行き着いたとも考えられるが、それが殺害行動を起こす事となった根底の引き金は何んだったのだろうか?
鬱積した感情を抑えられない、何んらかの「言葉」を口にしてしまったのかもしれない・・・。




posted by かえぴょん at 11:30| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

愛媛県八幡浜市、アパートから乳児5遺体、34歳女性を遺体遺棄容疑で逮捕

愛媛県八幡浜市江戸岡2丁目のアパート2階一室の押入れで今月14日、乳児の遺体が見つかり、死体遺棄の疑いで、この部屋に住む無職・若林映美容疑者(34)が逮捕された事件で、愛媛県警は供述に基づき20日、アパートの軒下の物置から、生後間もない乳児と見られる4遺体を置いてあったポリ袋から発見したと発表した。若林映美容疑者は見つかった計5遺体全てについて「2006年(平成18年)頃から自分が出産し、自分で捨てた」と供述し、そのうち数人の殺害を遠回しで匂わせてもいると言う。愛媛県警は八幡浜署に捜査本部を設置し、殺人や保護責任者遺棄致死などの容疑も視野に事件の全容解明を進める。

近隣住民の多くは、若林容疑者について「これまで大きなおなかが小さくなった事があったのに、赤ん坊を見た事がない」と証言。50代女性は「知る限りでも3回はあった。里子か施設に出したのかと思っていた」と、首を傾げた。また別の70代の男性も「4、5年前に変化に気付いて、不思議だった」と、語った。
若林容疑者は結婚歴があるが現在は独身で、父と弟、長男と同居。アパートは2世帯が住めるが、他に住人はいない。
愛媛県乳児5遺体遺棄事件の場所.jpg


愛媛県警八幡浜署によると、今年6月下旬、八幡浜署に「臨月ほどの大きさだった女性のおなかが急にへこんだのに、赤ちゃんの姿が見当たらない」などの情報提供があり、署員が今月14日、若林容疑者から事情を聞き、自宅押し入れのナイロン袋から、生後間もない女児の遺体を発見。愛媛県警は、供述などから今月3日頃に遺棄されたとみて若林容疑者を緊急逮捕した。
また事件発覚前の今年5月以降、自宅を訪問した八幡浜市職員に2回、長男が通う中学校の教諭に1回、妊娠を疑われたが、若林容疑者が否定していた事が21日、八幡浜市への取材で分かった。市職員らの訪問に先立ち、地域の民生委員が、以前から若林容疑者が複数回妊娠したような様子があったのに、小さい子供の姿が見えないとして、八幡浜市に事実関係を確認するよう要請していた。
しかし結局八幡浜市職員は巧みにあしらわれ、近所住民が直接警察に不審相談するまで発覚する事はなかった。

5遺体は大きさなどから出産直後の乳児と見られるが、傷みが激しく白骨化しており、最初に押し入れで見つかった1人は女児で、今月3日頃に産み直ぐに遺棄したと説明していることも判明。愛媛県警八幡浜署は4遺体の性別や死因の特定を進める。




posted by かえぴょん at 13:13| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

山口県山陽小野田市 自宅で出産後男児を殺害、29歳母親逮捕

自宅で産んだ男児を殺害したとして、山口県警は、山口県山陽小野田市厚狭の店員・田辺愛貴(あき)容疑者(29)を殺人の疑いで逮捕したと24日発表した。「家族に迷惑をかけられないと思って殺した」と容疑を認めているという。

山口県出産直後男児殺害事件.jpg

山陽小野田署によると、田辺容疑者は今月7日午後1時ごろ、自宅2階で男児を出産後、鼻や口を手で塞ぎ、窒息死させた疑いがある。同日夜、田辺容疑者の同居する家族がベッドの上で赤ちゃんが死亡し、そばで倒れていた田辺容疑者を発見して消防に通報し、搬送先の病院から警察に通報があったということです。
警察は、入院していた田辺容疑者の回復を待って事情を聴き、犯行を認めたため、23日に逮捕しました。田辺容疑者は「これ以上、家族に迷惑はかけられないと思ったので殺害した」と供述しているということです。



posted by かえぴょん at 13:28| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

香川県善通寺市52歳女性刺殺、同居の25歳長男逮捕

17日午前1時40分ごろ、香川県善通寺市弘田町の安川定男さん(80)宅で、定男さんの妻(73)から、「娘が腹から血を流して倒れている」と119番通報があった。

香川県善通寺市女性殺人事件.jpg

香川県警によると、香川県善通寺市弘田町の無職・安川栄子さん(52)が自宅寝室で腹部など6〜7カ所を包丁で刺され、ベッド脇のソファにうつ伏せになって倒れ、悲鳴を聞いて寝室をのぞいた親族が、119番通報し、病院に運ばれたが死亡した。現場には長男の安川光容疑者(25)がいたというが、その後、現場から逃走し、県警が行方を捜していた。光容疑者は約6時間後に自宅から約4キロ離れた、香川県丸亀市内で警察官に見つかり、事件への関与を認めたため、殺人の疑いで緊急逮捕された。光容疑者は「母親を刺した」と容疑を認めていると言う。
凶器とみられる血のついた包丁(刃体約20センチ)は、現場そばの民家の敷地内で見つかった。光容疑者は、「(母親を)刺したことは間違いない。家にあった包丁で刺した」と話しているという。

香川県警丸亀署によると、安川さん宅は妻と栄子さん、長男の4人暮らし。栄子さんはおととし11月、警察署に「息子の生活態度に困っている」と相談していたということです。
現場は、民家や田畑が広がる善通寺市の郊外。300メートルほど離れた場所には小学校もあり、事件を受けて、多くの保護者が子どもを車で学校に送っていた。





posted by かえぴょん at 13:14| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

愛媛県松山市の37歳女性殺害容疑、29歳僧侶の男を逮捕

四国・愛媛県松山市の集合住宅(アパート)で昨年12月16日、住人の黒田美貴さん(37)が殺害された事件で、愛媛県警は6月4日、徳島県徳島市八万町千鳥の浄土真宗本願寺派の僧侶・来見佳典(くるみよしのり)容疑者(29)を殺人容疑で逮捕した。
来見容疑者は「黒田さんを殺したことは間違いない」と容疑を認めていると言う。

松山市女性殺害事件の犯人の僧侶.jpg

愛媛県警捜査1課によると、来見容疑者は昨年12月16日午後4時半〜午後8時半頃、愛媛県松山市千舟(ちふね)町1丁目のアパート3階の1室で、住人の黒田美貴(みき)さんの首を刃物で突き刺すなどして失血死させ、殺害した疑い。黒田さんは保険勧誘や美容(ネイル関係)、接客の仕事をしており、仕事で徳島へ出向くことがあり、来見容疑者とは顔見知りだったと言う。
来見容疑者は事件当日、車で徳島から松山へ向かい、殺害後に徳島へ戻ったと説明しているという。その夜、黒田さんが自室居間で血を流して倒れているのを訪れた知人男性が見つけた。凶器や黒田さんの携帯電話がなく、県警は交友関係を中心に捜査、防犯カメラの映像などから来見容疑者が浮上した。
殺害の現場となったアパートは、JR松山駅から約2キロ東で、マンションなどが立ち並ぶ一角。

来見佳典(くるみよしのり)容疑者は昨日夜、逮捕されたが、殺害に至った動機などはまだ分かっていない。
黒田美貴さんの父親は県警を通じ、「逮捕を仏前に報告した。今は娘の冥福を祈るだけです」などとするコメントを出した。


 それにしても毎回思うのだが、人を殺したと言うのに、12月16日から6月4日の昨夜までの半年間、何ら反省する事なく普通に食事を摂り、風呂にも入り、う○こも小便も排泄し、ぬくぬくと平然としていて大胆不敵に、素知らぬ顔で僧侶のまねごとをしていたかと思うと、全く反省の態度すら見えてこない!
 なんと図々しい性格なのか!
 己の生活を臆する事なく続けていた事に、この男の腐った腹の底が見えて来そうで、実に虫酸が走る!!





posted by かえぴょん at 13:37| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

兵庫県姫路市・中3女子刺傷事件、殺人未遂容疑で36歳男逮捕

卑劣、悪質、残忍、兇悪・・・
なんと惨忍な犯行か!最初の一撃で、致命傷にもなり得る深傷を負わせる手口は、殺害の意志がなかったとしても決して人間がするべき事ではない。そういう凶行を起こした時点で、既に脅しの域を越えた、完全な殺意が伺える・・・!



兵庫県姫路市の路上で5月11日、中学3年の女子生徒(14)が刃物で刺され重傷を負った事件で、兵庫県警捜査1課は19日、兵庫県加古川市平岡町新在家の無職、無職勝田州彦(くにひこ)容疑者(36)を殺人未遂容疑で逮捕した。女子生徒は右肺に達する傷のほか、右腕の腱(けん)を切られるなど全治約1カ月の重傷を負った。
捜査1課によると、勝田容疑者は「刃物で腹部を数回刺したことは間違いない」と供述しているが、「殺すつもりはなかった」と殺意を否認していると言う。勝田容疑者と女子生徒には面識がなく、兵庫県警は詳しい動機などを調べる。

兵庫県警捜査1課によると、勝田容疑者は11日午後4時55分ごろ、兵庫県姫路市車崎2丁目の路上で、女子生徒の胸などを刃物で複数回刺すなどした疑いがある。女子生徒の胸の刺し傷は右肺に達し、右腕の腱(けん)も切れ、約1カ月の重傷だった。ナイフで刺したと供述しているが、凶器は見つかっていない。
姫路西消防署によると、女子生徒は駆けつけた救急隊員に「自転車に乗ってきた見知らぬ男に切られた」と説明。
勝田容疑者は犯行当時、自転車に乗っていたが、兵庫県警は現場周辺の防犯カメラの映像などに、自転車の不審な男が写っていたことなどから勝田容疑者を特定したという。現場はJR姫路駅の北西約1.8キロの住宅街の一角。


何ら落ち度のない女子生徒が、こうした狂った人格の男の標的になり、重傷を負った事で、身体と精神に重い後遺症が残らないよう、周囲の人々が癒しの心で接し、労り合いの中でゆっくり回復する事を切に願うばかりです。


posted by かえぴょん at 13:39| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

広島殺人未遂、19歳少年が元同級生の一家襲う.....中等少年院送致

去年12月、広島市中区のマンションで、このマンションに住む小学校時代の同級生の少年と両親がナイフで切り付けられて大けがをした事件で、広島家庭裁判所は5月7日、元同級生の19歳の少年について、 「動機は理不尽で身勝手なもので、犯行の重大性を受け止め問題点を改善するためには、相当期間の指導が必要だ」などとして、少年を少年院に送る決定をしました。

広島同級生傷害事件犯人少年院送致.jpg

去年12月(2014年12月23日)、広島市中区大手町のマンションの部屋で、この部屋に住む小学校の同級生だった男子高校生(18歳)を殺害しようと、高校生の自宅マンションに侵入。両親と少年の3人にナイフで切り付けるなどし、それぞれに約2週間の大けがを負わせ、犯行に及んだ少年と小学校時代の同級生で19歳の少年が殺人未遂の疑いで逮捕されました。
逮捕時の警察の調べに対し動機について少年は、「小学生のときにとられた1万円を取り返しに行った」と供述。襲った高校生に、「小学校の時に現金1万円を取られたことを思い出し、いら立ちを解消するため」、としていたが家裁は事実関係を認めなかった。
少年はその後、家庭裁判所に送られていました。

7日の審判で、広島家庭裁判所の植田智彦裁判官は、「死の危険を伴うもので被害者の精神的被害も大きい。動機は理不尽で身勝手なもので非常に悪質だ」と指摘しました。
そのうえで、「性格が未成熟で問題解決能力が極めて乏しい状態にあり、矯正教育は可能だが、犯行の重大性を受け止め問題点を改善するためには、相当期間(2〜3年程度)の指導が必要だ」などとして、少年を中等少年院送致とする保護処分を決定しました。


この期に及んで唐突に1万円の事を思い出し、返してもらおうと「ナイフ」を持って相手宅に押し入り、3人にケガを負わせるという、実に自制の欠片も他の手段を思いつく微塵も無い拙く、軽骨短絡的性格。
このような捻じ曲がった屈折した性格が2〜3年の矯正期間で、果たして軌道修正出来るのだろうか?

小学生で1万円と言うのも驚くが、これはもやは独特の瑘愳躦一叢と言うか、取立て屋と同じ・・・。小学生で貸金業でもしていたのか・・・
しかも発想が直ぐ「ナイフ/凶器」と言うのが何とも悍ましい。


posted by かえぴょん at 13:47| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

香川県小豆島で60代夫婦が血を流して死亡、殺人事件として捜査

香川県の小豆島にある土庄町(とのしょうちょう)で30日夜、60代の夫婦が死亡しているのが見つかった。香川県警は、殺人事件とみて調べている。

香川県小豆島2人殺人事件1.jpg

午後7時15分ごろ、香川・土庄町にある自宅と事務所を兼ねた喜田水道工業所の2階の部屋で、喜田春夫さん(65)と喜田 加代子さん(63)が、血を流して死亡しているのが見つかった。
喜田さん夫婦が職場に来ないので、従業員が心配して、住宅になっている2階をのぞいたところ、春夫さんはこたつで、加代子さんはベッドの上で、頭から血を流した状態だったという。
喜田さん夫婦は2人暮らしで、警察は殺人事件とみて捜査している。
現場は、土庄町役場がある小豆島の西部で、土庄港から直線距離でおよそ2kmほど離れた山の中にある。


何とも惨い!
現場に荒らされたような跡があり、強盗殺人の可能性もあるとみて捜査しているとの事だが、瀬戸内海の島と言えば、記憶に生々しい今年3月9日、兵庫県淡路島の洲本市で発生した5人殺害事件を想起する。
犯人は既に小豆島を出たか・・・或いは、地元の住人なのか?
いずれにしても戦慄と狂気の沙汰としか言いようが無い。


posted by かえぴょん at 00:55| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

広島県福山市の事務所に男性刺殺遺体─殺人容疑で捜査 

20日午後9時15分頃、広島県福山市新市町の衣料品卸売り会社の倉庫を兼ねた事務所の前で、「夫が帰ってこない。会社の中にいるかもしれない」と女性から通報がありました。現場に駆けつけた警察官が、午後9時35分ごろ広島県福山市新市町新市の衣料品関係の倉庫兼事務所1階にある作業場で、この事務所で働く清水弘裕さん(51)=同県府中市土生町=が床にうつぶせに倒れて死亡しているのを、県警福山北署員らが見つけた。男性の胸に刺し傷のようなものがあり、県警は殺人事件と断定し、捜査本部を設置した。

県警によると、男性は20日朝、自宅から出勤。
妻が同日午後9時15分ごろ、「夫が帰ってこない」と110番し、警察官と一緒に事務所を訪れた。清水弘裕さんは仕事用の作業着姿で、争った様子はなかった。福山北署は、事務所の施錠の有無など当時の状況を詳しく調べる。
現場の建物は一部3階の2階建てで、1階しか使っていなかったという。
警察は殺人事件と断定し、70人態勢で捜査しています。



今更言うまでもないが、またまた広島県で惨たらしい殺人事件が起こってしまった。
人を殺す事しか教わって来なかったとしか言いようがない残虐非道な県民気質が、恐ろしい凄惨な事件の連鎖を招いているとしか言いようがない・・・。





posted by かえぴょん at 16:49| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

徳島県東みよし町の放火殺人!でも未必の故意と言い逃れ

今月1日、徳島県東みよし町で住宅の一部が焼け、この家に住む64歳の女性が死亡した火事で、警察は、同居する67歳の夫が自宅に火をつけて妻を殺害した疑いなどで逮捕しました。警察の調べに対し、夫は「火はつけたが殺すつもりはなかった」などと殺意について否認しているということです。

逮捕されたのは、徳島県東みよし町の無職木村照雄容疑者(67)です。今月1日、東みよし町で木造2階建ての住宅の2階部分およそ70平方メートルが焼け、この家に住む木村順子さん(64)が遺体で見つかったほか、39歳の長男が軽いけがをしました。36歳の次男にけがはありませんでした。
警察は放火の疑いがあるとみて捜査を進めた結果、同居している夫の照雄容疑者が、自宅に火をつけて妻を殺害し、息子2人も殺害しようとした疑いが強まったということで、殺人と放火、それに殺人未遂の疑いで逮捕しました。
警察の調べに対して照雄容疑者は「火はつけたが殺すつもりはなかった」などと殺意について否認しているということです。
警察は犯行のいきさつや動機などについて調べを進めることにしています。


さすが言い逃れの上手い関西弁圏の徳島県だけの事はあって、そうそう素直に供述しそうもない。
この辺一帯の奴らは必ず「いちゃもん」つける。謝らない。しぶとい恨みの塊のような精神状態の人間ばかり。
どうせ心神耗弱・・・とか言いだし、無罪とか不起訴とか・・・。
人殺しばかりが増殖してゆく・・・。

posted by かえぴょん at 22:50| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

岡山県でロリコン変態事件多発!誘拐に盗撮、女児を狙った凶悪犯罪

人口192万5218人の岡山県で、女児を狙った中年ロリコン変態男がそこら中に湧き出し、常軌を逸した犯罪が横行する危険県と化している。

藤原武容疑者.jpg

東日本大震災以降、移住先として急浮上した岡山県・・・などと、雑誌『いなか暮らしの本』(宝島社)の読者対象アンケートをもとにした「移住したい都道府県ランキング」で4位らしいが、妄想は想像だけしておいた方が賢明のようだ。
地震による揺れや津波の恐怖は他より僅かに低いかもしれないが、女児ばかりが立て続けに襲われ、狙われる県に住みたいなとど、愚か者の思考と言えるだろう。
これほど治安が悪く、夜苦残が蔓延る県に安住を求めるとは、こうしたアンケート・ランキングは真に受けない方が賢明だろう。

岡山県倉敷市で小学5年の女児が行方不明になった事件で、岡山市北区の自称イラストレーター・藤原武容疑者(49)が逮捕された。

大阪市港区の海遊館で女児のスカート内を盗撮しようとした、岡山県倉敷市農林水産課職員、脇本一男容疑者(45)を逮捕した。

しかもこの卑劣な犯罪者は、何年もしないうちに刑務所から出てくるか、起訴猶予・執行猶予になると言う事。性犯罪者に至っては必ず再犯するという事。こんな変態男が、そこかしこに住んでいる岡山県に移住って・・・


posted by かえぴょん at 23:33| 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする