2017年12月11日

【逮捕続報】石川県宝達志水町85歳女性強盗殺人事件…32歳会社員男を逮捕


石川県宝達志水町85歳女性強盗殺人0.jpg
今年5月24日、石川県宝達志水町(ほうだつしみずちょう)散田の住宅で、1人暮らしの無職・安達幸(みゆき)さん(当時85)が浴室で殺害されて見つかった事件で、石川県警羽咋署(はくいしょ)捜査本部は11日、石川県羽咋市本町の会社員・末平征広(すえひら・まさひろ)容疑者(32)を強盗殺人の疑いで逮捕した。石川県警羽咋署捜査本部によると、末平征広容疑者は容疑を認めている。
付近の防犯カメラの映像などから浮上し、10日午前から事情を聴いていた。
石川県宝達志水町85歳女性強盗殺人2.jpg
石川県宝達志水町85歳女性強盗殺人1.jpg

逮捕容疑は5月23日17時00分〜21時00分頃、安達幸さんの背中を包丁で刺して殺害し、バッグなどを盗んだ強盗殺人の疑い。凶器の包丁は安達幸さん宅にあったもので、安達幸さんの死因は背中を複数回刺された事による失血死だった。
石川県警羽咋署(はくいしょ)捜査本部によると、末平征広容疑者は当時、設備工事の会社に勤めており、水道関係の仕事で安達幸さん宅を訪れた事が数回あった。石川県警羽咋署捜査本部は、金品を奪う目的で押し入ったと見て、状況を調べている。
5月月24日、数年前に亡くなった安達幸(みゆき)さんの夫の月命日で訪れた親族が、風呂場で服を着て俯せに倒れていた安達幸さんを発見した。
石川県宝達志水町85歳女性強盗殺人3.jpg
石川県宝達志水町85歳女性強盗殺人4.jpg






【事件発端】
2017年5月24日10時40分頃、石川県宝達志水町(ほうだつしみずちょう)散田(さんでん)の民家で、この家に住む無職・安達幸(みゆき)さん(85)が風呂場で倒れていると、親族の女性から110番通報があった。石川県警羽咋(はくい)署員が駆けつけたが、安達幸さんは既に死亡していた。安達幸さんの背中には刃物が刺さった状態で、司法解剖の結果、死因は背中を複数刺された事による失血死だった。石川県警は殺人事件として、石川県警羽咋(はくい)署に捜査本部を設置した。

石川県警羽咋署によると、安達幸(みゆき)さんは一人暮らし。親族の女性は、数年前に亡くなった安達幸さんの夫の月命日で訪れた。玄関の鍵は掛かっておらず、室内に荒らされた痕跡は無く、風呂場で服を着たままうつ伏せで倒れていたと言う。

安達幸さんはご遺体で見つかる前日の、23日21時00分頃に死亡したと見られる事が25日、石川県警羽咋署捜査本部への取材で分かった。
23日午前に、自宅近くの田んぼで日課の農作業をしている姿を見たと言う近所の男性は、「手を挙げると軽く会釈してくれた。おとなしくて真面目な人。信じられない」と、驚きを隠せない様子だった。
知らせを聞いて現場に駆けつけた、安達幸さんの次男は、20日にも田んぼの手入れで来たと言い、「こんな田舎でこんな事があるとは想像もしていなかった」と、肩を落とした。
現場は、石川県宝達志水町役場から南東約2キロメートル、JR七尾線南羽咋駅から約5.5キロメートルの田園地帯にある集落。




posted by かえぴょん at 17:10| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

新潟県新発田市の住宅で高齢夫婦死亡…寝込みを襲われた?!殺人事件で捜査


新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件.jpg

12月4日07時00分頃、新潟県新発田市(しばたし)豊町(ゆたかちょう)2丁目の無職、安藤寅男さん(79)方の住宅で、安藤寅男さんと妻の無職、安藤澄子さん(74)の2人が「死んでいるようだ」と、家族から110番通報があった。新潟県警新発田(しばた)署員が駆け付け、住宅1階寝室のベッドの上で、2人が頭から血を流して倒れ、死亡しているのを確認した。頭部に鈍器の様な物で殴られた複数の外傷があった事から、新潟県警新発田署は殺人事件として捜査本部を設置し捜査を始めた。
新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件1.jpg
新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件2.jpg

新潟県警新発田署によると、安藤さん夫婦のご遺体はベッドの上で、布団が掛かっている状態で見つかり、何かで殴られた様な傷跡が複数あり、枕元近くには血だまりが出来ていたと言う。
安藤寅男さん安藤澄子さん夫婦は長男夫婦と高校生の孫娘の5人暮らし。長男の妻が、4日の朝、2人が起きて来ないため寝室を確認した所、頭から血を流して倒れているのを見つけ、07時00分頃、110番通報した。
その後の調べで、安藤さん夫婦が長男の妻と最後に会話したのは、ご遺体で発見される9時間前の3日22時00分頃だった事が分かりました。
新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件3.jpg
新潟県新発田市高齢夫婦殺人事件5.jpg

新潟県警新発田署は、安藤さん夫婦が3日22時00分から4日07時00分までの9時間に殺害されたと見て、不審な人物が目撃されていないか捜査しています。
ご遺体発見時に長男は不在だったが、その後連絡が取れ、新潟県警新発田署は家族から事情を聴くなどして捜査を進めている。

近くに住む無職の五十嵐規さん(79)は、「(寅男さんは)ゴミステーションの小屋を作ってくれたり、公園の草むしりを率先してやるなど、町内のため一生懸命やってくれていた。2、3週間前に会った時も変わった様子は無かった」と、信じられない様子だった。
また、近くの無職の女性(81)は、「よく夫婦で一緒に車に乗って出かけている所を見た。殺人事件が起きて本当に不安だ」と話した。
近所に住む会社員の男性(51)も「ニュースで事件を知り、まさかと言う感じ。犯人がどこにいるか分からず、戸締まりで対策するしかない。早く捕まってほしい」と、早期の事件解決を願っていた。
現場は、JR羽越本線・新発田(しばた)駅から北東約600メートルの住宅街の一角。





posted by かえぴょん at 15:33| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

【静岡白骨死体続報】静岡市駿河区大谷の女性白骨死体遺棄…被害者の娘の夫を遺棄容疑で逮捕


静岡市の山中女性殺人死体遺棄事件で逮捕.jpg

静岡県警静岡南署捜査本部は26日夜、静岡県静岡市駿河区(するがく)大谷(おおや)の山林で10月、静岡県静岡市駿河区小鹿(おしか)の無職、神(じん)久美子さん(当時62)の一部が白骨化したご遺体が見つかった事件で、神久美子さんの義理の息子で、静岡県静岡市駿河区高松1丁目の無職、山本豊和容疑者(34)を死体遺棄容疑で逮捕した。
静岡県警静岡南署捜査本部によると、山本豊和容疑者は神久美子さんの次女の夫で、容疑を認めていると言う事です。
静岡市の山中女性殺人死体遺棄事件で逮捕1.jpg

静岡市の山中女性殺人死体遺棄事件で逮捕2.jpg

逮捕容疑は、10月6日頃、静岡県静岡市駿河区大谷の山中の道路脇に神久美子さんのご遺体を遺棄した疑いがある。司法解剖の結果では「死因は不詳」だった。
これまでの捜査で、神久美子さんが住んでいたアパートの部屋から、現金が失くなっていた事が分かっていますが、捜査関係者によりますと、山本豊和容疑者と神久美子さんの間には、金銭を巡るトラブルがあったと言う事です。
静岡市の山中女性殺人死体遺棄事件で逮捕4.jpg
静岡市の山中女性殺人死体遺棄事件で逮捕5.jpg

静岡県警静岡南署捜査本部は、山本豊和容疑者が神久美子さんが殺害された経緯についても何らかの事情を知っていると見て、調べを進める方針です。





【事件既報概要】
10月17日15時00分頃、静岡県静岡市駿河区(するがく)大谷(おおや)の山中の草むらで成人女性と見られるご遺体が、捜索に当たっていた災害救助犬によって発見された。現場やご遺体の状況などから、静岡県警は殺人・死体遺棄事件と断定し、静岡県警静岡南署に捜査本部を設置した。
静岡県静岡市駿河区山の中女性死体遺棄事件.jpg

10月11日に、静岡県静岡市駿河区の女性の家族から「女性が帰って来ない」と届けがあった。静岡県警静岡南署は、女性が失踪した経緯に不審な点がある事から、事件に巻き込まれた可能性があると見て自宅の周辺などを捜していた。
その後、歯型や指紋などの身体的特徴からご遺体が、行方不明の届け出がされていた静岡市駿河区の無職・神(じん)久美子さん(62)と判明した。




posted by かえぴょん at 17:54| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

福井県勝山市の住宅で84歳女性殴り殺害…長女の62歳元夫を殺人容疑で逮捕


福井県勝山市元高齢義母殺害事件.jpg

福井県警勝山署捜査本部は17日、福井県勝山市元町2丁目の住宅で、住人の無職・松山としさん(84)が頭から血を流して死亡しているのが見つかった事件で、殺人と住居侵入容疑で松山としさんの長女(60)の元夫で、福井県勝山市平泉寺町(ヘイセンジチョウ)平泉寺の無職・室坂(むろさか)一美容疑者(62)を逮捕した。室坂一美容疑者は「殺そうと思って家に行き、金槌で殴った」と、容疑を認めていると言う。
福井県勝山市元高齢義母殺害事件0.jpg
福井県勝山市元高齢義母殺害事件1.jpg

逮捕容疑は15日18時00分頃、松山としさんを殺害する目的で松山さん宅に侵入し、金槌で頭部を数回殴り殺害した疑い。金槌は長さ約40センチメートル。供述を基に捜索した結果、室坂一美容疑者の自宅近くの用水路で発見した。
福井県警勝山署捜査本部によると、15日22時10分頃、福井県勝山市元町2の松山としさん宅で、帰宅した長女(60)から、「母が頭から出血していて意識がない」と、110番通報があった。福井県警勝山署員と消防が駆け付けると、住宅1階の居間で、頭部から血を流して仰向けに倒れている松山としさんを発見。病院に搬送されたが、死亡が確認された。司法解剖の結果、頭の骨が複数箇所折れており、死因は脳挫傷と判明。鈍器のような物で頭部を複数回殴られたと見られるが、現場で凶器は見つからなかった。また室内が荒らされた形跡は無かったと言う。
福井県警勝山署は殺人事件と見て、捜査本部を設置し、捜査していた。
福井県勝山市元高齢義母殺害事件3.jpg
福井県勝山市元高齢義母殺害事件2.jpg

室坂一美容疑者は8年前に離婚した長女(60)に対し金を無心するなどトラブルがあり、長女は警察に相談していたと言う。福井県警勝山署捜査本部は、松山としさんの殺害に至った詳しい動機は捜査している。




posted by かえぴょん at 17:27| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

【岐阜廃屋白骨続報】中津川市の白骨遺体…通報の50歳男を詐欺容疑で逮捕


岐阜県中津川市白骨死体事件続報.jpg

岐阜県警捜査1課と岐阜県警中津川署は15日、昨年11月、岐阜県中津川市付知町(つけちちょう)の廃屋(はいおく)で、ビニール袋に入った白骨化した男性のご遺体が見つかった事件で、この男性になりすまして銀行口座を開設し、キャッシュカードを騙し取ったとして、ご遺体の発見を通報した岐阜県下呂市出身で、愛知県名古屋市西区菊井の無職・田中幸治容疑者(50)を詐欺の疑いで逮捕した。田中幸治容疑者は別の事件で服役中で、調べに「何の事だか分からない」と、容疑を否認している。
岐阜県中津川市白骨死体事件続報0.jpg
岐阜県中津川市白骨死体事件続報1.jpg

岐阜県警中津川署によると、白骨遺体で見つかったのは東京都足立区中央本町の元タクシー運転手・金田浩一さん(行方不明当時42)であるとDNA型鑑定で判明した。金田浩一さんは独身で1人暮らしだったと言い、2010年10月に両親から警視庁に行方不明届が出ていた。
田中幸治容疑者は2016年11月9日、「廃屋で、約1年前に死体らしきものを見た」と、岐阜県警中津川署付知(つけち)交番に届け出た。岐阜県警中津川署員が翌10日、廃屋の押し入れのビニールの布団袋から一部白骨化したご遺体を見つけた。
逮捕容疑は氏名不詳者と共謀し、他人に譲渡して金銭を得る目的で、2010年12月8日、金田浩一さんになりすまし、インターネット銀行の口座開設をオンライン上で申し込み、キャッシュカードを手に入れ、2011年2月21日、カードを紛失したとして再発行手続きを行い、カードを騙し取った疑い。岐阜県警捜査1課によると、口座は2011年3月末に凍結され、4月に転売されていた。
岐阜県中津川市白骨死体事件続報2.jpg

田中幸治容疑者は、ご遺体発見の通報当時、「遺体が誰か知らない」と話していたが、田中幸治容疑者の関係先から紛失したはずのカードや、金田浩一さんの身分証明書が見つかったと言う。
ご遺体が入ったビニール袋には有毒ガスの硫化水素を発生させた形跡が残っており、自殺の可能性もあると言う。2人は“自殺サイト”を通じて知り合った可能性があると言う。岐阜県警捜査1課は金田浩一さんが死亡した経緯を知らないか事情を聴く方針。

岐阜県中津川市白骨死体事件続報3.jpg

田中幸治容疑者は2016年4月、別事件の犯罪収益移転防止法違反の疑いで愛知県警に逮捕され、名古屋地方裁判所で2016年12月に懲役1年の判決を受けた。控訴したが棄却され、三重県内の刑務所で服役していた。通報当時は保釈中で、愛知県名古屋市に住んでいた。

◆田中幸治容疑者 3月の一問一答。
愛知県警に逮捕された田中幸治容疑者は、マネーロンダリング(資金洗浄)事件で服役する前の今年3月、岐阜新聞社の取材に2度応じた。仕事で関係した男に指示されて見知らぬ2人と会い、岐阜県中津川市に連れて行かれ、金田浩一さんのご遺体を初めて見たと言い、死亡への関与を否定した。
■一問一答は次の通り■
――遺体を初めて見たのはいつか。
「2015年の9月か10月頃。(男の指示で)名古屋駅で見知らぬ2人に車に乗せられて移動し、犯罪(口座を譲り受ける役割)を手伝えと言われた。まずは写真を見せられ、次に押し入れの遺体を見た」
――遺体の状況は。
「大きさなどから人間かなと思ったが直視できなかった。同じ目に遭うのではという恐怖心から犯行(資金洗浄)に協力する事にした」
――通報が昨年になった理由は。
「(資金洗浄)事件への関与に積極性がなかった事を伝えたかった。公判が始まる前日にレンタカーを借りて行って見た」
――金田さんの死亡に関わっていないか。
「(通報した当時)警察に聴かれた。『自殺を手助けした(のではないか)』とも言われたが、やってない。そこに行ったら(遺体が)あったと伝えた」




posted by かえぴょん at 17:44| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--中部北陸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする