2017年10月20日

【宮崎店主殺人続報】宮崎県宮崎市の食堂店長惨殺事件…窃盗容疑の客の男を殺人容疑で逮捕


宮崎市食堂店主強盗殺人逮捕.jpg

宮崎県宮崎市江平東(えはらひがし)1丁目の食堂で9月、店主の大西達夫さん(当時65)が殺害された強盗殺人事件で、宮崎県警宮崎北署と宮崎県警捜査1課は19日、宮崎県宮崎市天満町の無職・末永幸一容疑者(62)を殺人の疑いで逮捕した。末永幸一容疑者は、「殺害した事は間違いない」と、容疑を認めていると言う。
宮崎県警捜査1課などの発表によると、末永幸一容疑者は9月8日12時00分頃から9月8日22時30分頃の間に、宮崎県宮崎市江平東1丁目の「江平四ツ目食堂」で、大西達夫さんの首を刃物で突き刺したり、顔を鈍器で殴ったりした上で、アイスピックを頭に突き刺して殺害した疑いがある。
宮崎市食堂店主強盗殺人逮捕1.jpg
宮崎市食堂店主強盗殺人逮捕2.jpg

末永幸一容疑者は食堂の客で、大西達夫さんとは顔見知りだった。調べに対して、「店内で些細な事で腹が立った」と言う、趣旨の供述をしていると言う。
9月9日11時50分頃に食堂を訪れた客が、調理場で頭から血を流して倒れている大西達夫さんを発見。頭にはアイスピックが刺さった状態で、開いたレジの中には紙幣が無かったと言う。
末永幸一容疑者は9月9日から12日の間に、大分県杵築市の資材置き場で乗用車1台を盗んだとして、9月13日、新潟県内で新潟県警に逮捕され、起訴された。盗んだ乗用車で大分県から新潟県まで1人で移動した見られ、9月12日に新潟県柏崎市で検問をすり抜けて逃走。乗用車を乗り捨てて新潟県柏崎市内の山中に隠れていたと言う。
宮崎市食堂店主強盗殺人逮捕3.jpg
宮崎市食堂店主強盗殺人逮捕4.jpg

その後、宮崎県宮崎市の事件への関与をほのめかした為、宮崎県警宮崎北署の捜査員が出向き、任意で事情を聴いていた。
末永幸一容疑者は19日、宮崎県警宮崎北署に移送された。




【既報:第一報2017年09月10日14:19からの続報】

宮崎県宮崎市の食堂店主強盗殺人事件.jpg
9日11時50分頃、宮崎県宮崎市江平東(えはらひがし)1丁目の「江平四ツ目(えはらよつめ)食堂」の厨房で、「店主が倒れている」と、訪れた客から通報があった。倒れていたのは店長の大西達夫さん(65)と見られ、発見時には既に死亡していた。宮崎県警宮崎北署によると、頭にアイスピックが刺さっており、店のレジが開いたままで中身が空だった。
宮崎県宮崎市の食堂店主強盗殺人事件3.jpg

宮崎県宮崎市の食堂店主強盗殺人事件1.jpg

捜査関係者によると、凶器のアイスピックは店にあったもので、大西達夫さんの顔には複数の殴られた痕もあったと言う。宮崎県警宮崎北署は強盗殺人事件として捜査本部を設置した。
宮崎県警宮崎北署によると、男性客が大西達夫さんのご遺体を見つけた時は、入り口は無施錠で、他に客などはいなかった。普段は朝07時00頃から21時00頃まで営業し、定休日は水曜日だったと言う。「江平四ツ目食堂」は、3階建てビルの1階にあり、店長の大西達夫さんは、ビルの住居で1人暮らしをしていたと見られる。店内はテーブルが並びカウンターの奥が厨房になっていると言う。
宮崎県宮崎市の食堂店主強盗殺人事件4.jpg
宮崎県警宮崎北署は、顔見知りの犯行も視野に入れて捜査を進めている。
現場はJR宮崎駅の北西約1.3キロメートルの商店やビルが立ち並ぶ一角で、国道10号に面している。




posted by かえぴょん at 17:54| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

佐賀県多久市で当時4歳長男を暴行死…31歳母親を傷害致死容疑で逮捕


佐賀県多久市4歳長男暴行殺人.jpg
佐賀県警小城(おぎ)署は18日、昨年8月に当時4歳だった長男の頭に暴行を加えて死亡させたとして、母親で福岡県筑前町の無職・藤村早紀容疑者(31)を傷害致死容疑で逮捕した。藤村早紀容疑者は容疑を認めていると言う。
藤村早紀容疑者は19日、佐賀地方検察庁に身柄が送検されました。

佐賀県多久市4歳長男暴行殺人1.jpg

佐賀県警小城署によると、亡くなったのは宮原陸碧(るきあ)ちゃん(当時4)で、逮捕容疑は、昨年8月5日18時00分から翌6日深夜0時00分頃、当時住んでいた佐賀県多久市(たくし)の自宅で、長男の宮原陸碧(るきあ)ちゃんの頭部に暴行を加え、約3カ月後に、急性硬膜下血腫による脳機能障害で死亡させた疑いがある。
藤村早紀容疑者は8月6日深夜02時00分頃、自ら「子供の具合が悪い」と、佐賀県佐賀市内の病院に意識不明の宮原陸碧ちゃんを連れて行った。宮原陸碧ちゃんの身体中に複数のアザがあった事から、病院が「虐待の可能性がある」と佐賀県警に通報があった。
佐賀県多久市4歳長男暴行殺人2.jpg
佐賀県多久市4歳長男暴行殺人3.jpg

藤村早紀容疑者は佐賀県警小城署に対し、当初「子供の具合が悪くなった」「(頭部の怪我は)自分で転んで打った」と、言う趣旨の説明をしていたと言う。
藤村早紀容疑者は当時、夫と陸碧ちゃんとの3人暮らしで、夫は仕事で福岡県内の職場に出張していた。佐賀県警小城署は、日常的に虐待していた可能性もあると見て、詳しい動機や経緯について調べている。




posted by かえぴょん at 16:41| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

福岡県朝倉市相窪で同居の85歳義母殺害…62歳男を殺人容疑で逮捕


福岡県朝倉市相窪の義母殺人事件.jpg

福岡県警捜査1課と福岡県警朝倉署は9日、福岡県朝倉市相窪(あいのくぼ)の自宅で、同居する義母を殺害したとして清掃員の中嶋孝敏容疑者(62)を殺人容疑で逮捕した。中嶋孝敏容疑者は「間違いありません」と、容疑を認めていると言う。
逮捕容疑は7日夜、自宅で義母・桑野ミチヱさん(85)の頸部を圧迫し窒息死させた疑い。
福岡県朝倉市相窪の義母殺人事件1.jpg


福岡県朝倉市相窪の義母殺人事件3.jpg
福岡県警捜査1課によると、中嶋孝敏容疑者は50代の妻と、桑野ミチヱさんとの3人暮らし。妻が仕事先から7日深夜に帰宅し、和室の布団の上で耳から出血して倒れている桑野ミチヱさんを発見。同日23時00分頃、119番通報した。桑野ミチヱさんは病院に搬送されたが、8日未明に死亡が確認された。
福岡県朝倉市相窪の義母殺人事件2.jpg
桑野ミチヱさんに目立った外傷は無かったが、司法解剖の結果、首を圧迫された事による窒息死と判明。福岡県警朝倉署は7日夜、自宅に居た中嶋孝敏容疑者が事情を知っていると見て、話を聴いていた。
福岡県警捜査1課などは詳しい動機などを調べる。




posted by かえぴょん at 17:34| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

福岡県北九州市小倉南区の川でほぼ全身の女性白骨切断遺体…死体遺棄で捜査


斉藤舞子が伝えるニュース北九州市切断白骨化女性死体遺棄.jpg

9月30日16時35分頃、福岡県北九州市小倉南区上吉田4の吉田川に架かる猪ノ口橋下流で、通行人の近隣住人の男性から、「川の中に人の頭蓋骨のような物を見つけた」と、110番通報があった。
福岡県警小倉南署の警察官が確認した所、猪ノ口橋の下流約10メートルの川の中から、人の頭蓋骨を発見した。福岡県警小倉南署が周辺を捜索した所、1日までに他の部位の骨を複数発見。見つかった骨は成人女性の物と見られ、ほぼ白骨化しており、検視の結果、遺棄されてから相当の時間が経過している可能性が高いと言う。
骨の一部に切断された痕も見つかったため、福岡県警小倉南署は、死体遺棄事件と断定し、捜査本部を設置した。今後、司法解剖を進め、身元や死因の特定を急ぐ。
北九州市切断白骨化女性死体遺棄3.jpg
北九州市切断白骨化女性死体遺棄4.jpg
北九州市切断白骨化女性死体遺棄2a.jpg


福岡県警小倉南署によると、頭蓋骨は通行人の男性が29日朝8時00分頃、近くの猪ノ口橋の上から川の中に頭蓋骨のような物を見つけ、翌日に確認してから通報したと言う。
福岡県警小倉南署によると、周辺から見つかった人骨は、ほぼ全身の骨が揃っていると言う事で、更に現場周辺の捜索を続け、身元の特定につながる所持品や着衣などの遺留物が無いかも調べている。
北九州市切断白骨化女性死体遺棄5.jpg
北九州市切断白骨化女性死体遺棄6.jpg

現場は、JR日豊線下曽根駅から北東に約3キロメートルの住宅街で、周辺には田畑が点在する地域。川幅は約3.8メートルで、水深は約15センチ。橋の上からも目視できたとみられる。
福岡県警小倉南署は、付近で不審な人物が目撃されていないか捜査を進める事にしています。




posted by かえぴょん at 16:54| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

福岡市早良区で父親を数十回蹴り殺害…同居の42歳息子を殺人容疑で逮捕


福岡市早良区賀茂の父親殺人事件.jpg

福岡県警は24日夜、自宅で父親に暴行し殺害したとして、福岡県福岡市早良区(サワラク)賀茂3丁目の無職・田中貴之容疑者(42)を殺人容疑で逮捕した。
逮捕容疑は21日頃、自宅1階の寝室で、同居する父親の田中誠二さん(75)の頭や胸、腹などを数十回蹴り、外傷性ショックで死亡させたとしている。
福岡市早良区賀茂の父親殺人事件1.jpg
福岡市早良区賀茂の父親殺人事件2.jpg

福岡県警によると、22日10時00分過ぎ、田中貴之容疑者から「父親が呼吸をしていない」と、119番があり、消防が到着した際、田中誠二さんが布団の上に仰向けで倒れた状態で見つかった。上半身に多数のアザがあり、田中貴之容疑者が暴行した事は認めているが、「殺すつもりはなく気付いたら死んでいた」と、殺意を否認する供述をしていると言う。
福岡市早良区賀茂の父親殺人事件3.jpg
福岡市早良区賀茂の父親殺人事件4.jpg
田中誠二さんと田中貴之容疑者は約5年前から2人で暮らしていた。田中貴之容疑者は、「父親は具合が悪く介護していた」と話しており、福岡県警は殺害に至った経緯や詳しい動機を調べている。




posted by かえぴょん at 15:42| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い