2017年06月17日

宮崎県西都市で63歳夫を殺害…63歳妻を殺人容疑で逮捕〜DVの果てに

16日朝05時50分頃、宮崎県西都市(さいとし)妻(ツマ)の住宅で、この家に住む職業不詳、高倉義勝さん(63)が倒れていると、近くに住む30代の長男から110番通報があった。宮崎県警西都署員が駆けつけた所、高倉義勝さんが室内の居間で顔面から血を流して倒れており、その場で死亡が確認された。宮崎県警西都署によると、高倉義勝さんは60代の妻と20代の長女の3人暮らし。帰宅した長女が倒れている高倉義勝さんを発見し、連絡を受けた30代の長男が通報した。
宮崎県西都市夫殺害で妻逮捕1.jpg
宮崎県西都市夫殺害で妻逮捕2.jpg
宮崎県警西都署は、高倉義勝さんの顔や身体に刃物で刺されたような数十カ所の傷があった事などから、一時所在が分からなくなっていた妻の高倉美和子容疑者(63)を、16日朝08時00分頃、自宅から約500メートル離れたスーパー駐車場のベンチで発見し、殺人容疑で逮捕した。宮崎県警西都署は、高倉義勝さんの死亡の経緯を知っていると見て、高倉美和子容疑者から事情を聴いていた。
逮捕容疑は、15日22時00分頃から16日早朝までの間、自宅で高倉義勝さんを殺害した疑い。高倉美和子容疑者は「記憶にありません」と、容疑を否認している。
宮崎県西都市夫殺害で妻逮捕3.jpg

宮崎県警西都署は、同居の次女から「父が母から暴力を受けている」と、過去に相談を受けていた事を明らかにした上で、「西都署員が定期的に次女に連絡し、しかるべき措置をとった」と説明している。
宮崎県西都市夫殺害で妻逮捕.jpg
宮崎県警西都署によると、高倉美和子容疑者は2015年2月、夫の高倉義勝さんへの暴力を理由に、ドメスティックバイオレンス(DV)防止法に基づく接近禁止命令を受けた。高倉義勝さんは社会福祉施設に保護されたが、2015年12月には自宅に戻り、宮崎県西都市の福祉担当者が定期的に訪ねていた。これ以外にも、2014年8月と2016年7月の2回、宮崎県警西都署でDVについて相談を受けたと言う。


63歳同士の夫婦、気性の激しい強暴な妻……
これでは容疑を否認する訳だ。





posted by かえぴょん at 16:45| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

【人命より役職名】堕落する福岡の警察官…妻子殺害容疑の警官


福岡県小郡市妻子惨殺事件.jpg

福岡県小郡市の住宅で母子3人のご遺体が見つかった事件で、福岡県警は8日19時00分から、福岡県警本部(福岡県福岡市博多区)で記者会見を開いた。冒頭、久田誠・警務部長が「本日午後5時31分、通信指令課員が殺人の被疑者として逮捕されました。重大な容疑で職員が逮捕された事を心よりお詫びします」と謝罪。同席した近藤康徳・首席監察官らと約3分半、型通りに頭を下げた。
福岡県小郡市妻子惨殺事件2.jpg


上司の監督責任に一切触れず、警察官が起こした狂悪事件も杓子定規に淡々と終わらせた。

〜飲酒事故、不倫相手と披露宴インチキ……福岡県警、相次ぐ不祥事〜

現職警察官が殺人容疑で逮捕された、福岡県警。
今年に入り不祥事が相次いで明らかになっており、実効性のある再発防止策が課題になっている。
福岡県警は、乗用車を飲酒運転し、パトカーに追跡され事故を起こしながら更に逃亡を続けたとして、福岡県警行橋署の30代の男性巡査部長を1月に、懲戒免職にした。調べに対し「飲酒運転がバレると職を失うので、怖くなって逃げた」と、説明したと言う。

2月には、既婚者なのに独身女性と不倫、結婚披露宴を開こうとした福岡県警小倉北署の40代の巡査部長を減給の懲戒処分にした。披露宴では「新婦」側の親族や友人が集まる中、巡査部長側は本人のみ。式場は紛糾し、警察官が出動する大騒ぎとなった。

3月には留置管理課内の猥褻行為、パワハラ事案が発覚。飲み会で同僚女性に猥褻行為をしたり、男性課員同士に「宴会芸」として氷の口移しをさせたりしたとして、計7人が懲戒処分された。うち50代の男性警部補2人=即退職=は強制猥褻罪で起訴された。

福岡県小郡市妻子惨殺事件0.jpg
福岡県小郡市妻子惨殺事件0a.jpg


福岡県小郡市妻子惨殺事件1.jpg

福岡県警監察官室によると、懲戒処分を受けた福岡県警職員は今年に入って既に12人に上る。そんな中で起きた、今回の凶悪な殺人容疑事件。8日の会見では、止まらない不祥事への認識や、再発防止策の効果を問う質問が相次いだ。





posted by かえぴょん at 17:27| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

福岡県小郡市母子3人惨殺事件…心中から一転偽装殺人で捜査


福岡県小郡市親子3人惨殺事件.jpg
6日09時10分頃、福岡県小郡市(おごおりし)小板井の住宅で、38歳の母親と小学生の長男と長女の親子3人が死亡しているのが見つかった事件で、福岡県警小郡署は7日、当初、母親による無理心中と見られていたが、一転して何者かが3人を殺害した殺人事件と断定し、福岡県警小郡署に捜査本部を設置し、捜査を始めた。
無理心中ではなく、殺人事件だった――。

福岡県小郡市親子3人惨殺事件0.jpg
ご遺体で見つかったのは、母親の中田由紀子さん(38)と小学4年生の長男・中田涼介君(9)、小学1年生の長女・中田実優さん(6)の3人。
福岡県警小郡署は当初、中田由紀子さんに目立った外傷が無く、中田涼介君と中田実優さんの首に紐で絞められたような痕があった事などから、中田由紀子さんが無理心中を図ったと見ていた。しかし、司法解剖の結果、中田由紀子さんの死因が首を絞められた事による窒息死と判明。3人が殺害されたと判断した。
福岡県小郡市親子3人惨殺事件1.jpg
福岡県小郡市親子3人惨殺事件2.jpg

中田由紀子さんは6日深夜00時00分から同日09時00分頃までの間に、死亡したと見られると言う。一家は夫婦と子供2人の4人暮らしで、夫は福岡県警の警察官。夫が6日朝08時40分頃、学校から「子供たちが登校していない」と、連絡を受けた。中田由紀子さんの姉が家を訪ね3人を発見、110番通報した。その際、玄関の鍵は掛かっておらず、中田由紀子さんは1階の台所で仰向けに倒れ、中田涼介君と中田実優さんは2階の寝室で、布団の上にうつ伏せの状態だった。台所には、練炭のような物が置かれていた。室内に荒らされた痕跡は無かったと言う。
姉らは遺体発見時、警察に「(由紀子さんが)育児で悩んでいた」などと話していたと言う。
死亡した中田由紀子さん(38)、中田涼介君(9)、中田実優さん(6)の自宅は、福岡県小郡市の中心部の住宅街にある。
福岡県小郡市親子3人惨殺事件3.jpg

殺人事件の報に、近所の人達に衝撃が広がった。
近くに住む江上勲さん(69)は事件が発覚した6日早朝、犬の散歩の際に中田さんの自宅前を通ったが、「特に変わった様子は無かった」。母親が、登校する子供2人を玄関で見送る姿を良く見かけていたと言う。
「ちゃんとお子さんに気を配っている、明るい感じのお母さんに思えた」と振り返る。
近くに住む女性(78)によると、中田さん一家は数年前に引っ越して来た。「自宅の庭のサクランボを奥さんとお子さんが取りに来た事がある。仲が良さそうだった」と話した。

2人が通う小学校では7日朝、学校の教職員や小郡市教育委員会の職員が緊張した面持ちで正門や裏門前に立って見守る中、児童が保護者らに付き添われて登校した。車で送る保護者も多く、車が頻繁に正門を出入りしていた。別れ際に「帰りも迎えに来るからね」などと声を掛けたり、親子で抱き合ったりする姿が見られた。
現場は西鉄小郡駅から東に約400メートル。住宅や商業施設が並んでいる地域。




posted by かえぴょん at 21:50| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

熊本県熊本市東区で介護妻を絞殺…73歳夫を殺人容疑で逮捕


熊本市東区妻絞殺事件.jpg
8日11時00分過ぎ、熊本県熊本市東区東野1丁目の2階建て共同住宅の1階に住む男性から、「妻の首を絞めた」と、119番通報があり、消防からの通報で警察官が駆け付けた所、この部屋に住む岩下ヤエさん(74)が居間で倒れているのが見つかりました。熊本県警は、通報して来た夫の岩下洋見(ひろみ)容疑者(73)がタオルで首を絞めた事を認めた為、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。岩下ヤエさんは、意識不明の重体で病院に運ばれましたが、約1時間30分後、死亡が確認され、熊本県警は殺人容疑に切り替えて調べている。
熊本市東区妻絞殺事件2.jpg
熊本市東区妻絞殺事件1.jpg

熊本県警によりますと、岩下洋見容疑者は「病気の妻の介護に疲れてやった」などと、供述していると言う事で、詳しい経緯を調べています。
逮捕容疑は8日10時50分頃、2階建て共同住宅1階の自宅で、妻・岩下ヤエさんの首をタオルで絞めて殺害しようとしたとしている。
熊本県警によりますと、2人は去年4月、現場から約500メートル離れたアパートに住んでいたが、熊本地震で自宅が被害を受け住めなくなり、1〜2カ月後に、今の共同住宅に引っ越して来たと言う。
岩下洋見容疑者は、妻の岩下ヤエさんと2人暮らしで、岩下ヤエさんは7年ほど前から足が悪くなり、地震当時は入院していたが昨年秋に退院したと言う。
熊本市東区妻絞殺事件3.jpg


近くに住む60代の男性は、「岩下さん(容疑者)からは、『益城町の自宅が地震で被害を受けた為、去年5月に夫婦で引っ越して来た』と聞きました。妻の岩下ヤエさんは身体が弱っているように見えました」と、話していました。
また、70代の女性は「妻がデイサービスに行っていると聞きました。岩下さん(容疑者)とは良く声を掛け合っていたので、相談相手になってあげれば良かったと後悔しています」と、話していました。
岩下ヤエさんの知人女性は、「ヤエさんはいつもご主人に感謝していたのに」と、ショックを受けていた。
現場は熊本市交通局(熊本市電)健軍町駅から南東約600メートルの住宅密集地。



posted by かえぴょん at 15:05| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

熊本県熊本市で父親刺され死亡…37歳息子を殺人未遂容疑で逮捕

3月31日21時30分頃、熊本県熊本市北区の県営住宅で父親を包丁で刺して殺そうとしたとして、37歳の長男が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。刺された父親は搬送先の病院で死亡しました。殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、熊本県熊本市北区清水万石(シミズマンゴク)4丁目の自称・解体作業員の平井貴行容疑者(37)です。
熊本市父親刺殺事件息子逮捕.jpg
熊本市父親刺殺事件息子逮捕1.jpg

熊本県警熊本北署によりますと、平井貴行容疑者は3月31日21時30分頃、自宅で父親の平井勝行さん(68)の右胸などを包丁で複数回刺して殺そうとした疑いです。平井勝行さんは運ばれた病院で約1時間30分後に死亡しました。
平井貴行容疑者は3月31日夜、父親の平井勝行さんと2人で酒を飲んでいたと言う事で、調べに対し「カッとなり刺した事は認めるが、殺すつもりは無かった」と、供述しています。熊本県警熊本北署は、容疑を殺人に切り替えて調べを進めている。
熊本市父親刺殺事件息子逮捕2.jpg
熊本市父親刺殺事件息子逮捕3.jpg




posted by かえぴょん at 15:45| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い