2017年10月10日

宮城県岩沼市の震災慰霊公園に54歳女性遺体…複数の骨折、死体遺棄で捜査


宮城県岩沼市女性死体遺棄事件1.jpg
8日朝06時00分頃、宮城県岩沼市押分(おしわけ)の「千年希望の丘・二野倉(にのくら)公園」南側の空き地で、通りかかった人が、成人女性のご遺体を見つけ110番通報した。
宮城県警岩沼署は9日、女性が事件や事故に巻き込まれた後、何者かがご遺体を運んだ死体遺棄事件と見て、岩沼署に捜査本部を設置した。
宮城県岩沼市女性死体遺棄事件2.jpg
宮城県岩沼市女性死体遺棄事件3.jpg

宮城県警岩沼署によると、女性は40〜60代。ご遺体はあばら骨が多数折れ、恥骨や大腿骨が砕けており、司法解剖の結果、死因は多発外傷と見られる。死亡してから1週間ほど経っており、ご遺体の傷みが激しいと言う。女性の身長は約165センチメートルで、長袖のワンピースを身に着けていた。女性が別の場所で車に撥ねられたり、転落したりした後、何者かが空き地に遺棄したと見ている。
女性の近くには靴やカバンがあり、カバンの中には現金入りの財布と、宮城県内の中年女性名義の免許証があった。この女性の家族に宮城県警岩沼署が問い合わせた所、1週間ほど前から連絡が取れないと言う。宮城県警岩沼署は被害女性と見て、DNA型鑑定などで身元の特定を急いでいる。

宮城県岩沼市女性死体遺棄事件.jpg
「千年希望の丘・二野倉公園」の空き地がある二野倉地区には、東日本大震災前に約90世帯が住んでいたが、津波で被災し、内陸部に集団移転した。宮城県岩沼市は集落の跡地を買い上げ、避難用の丘として高さ10メートルの「千年希望の丘」と公園を整備。2015年夏に完成した。周辺は未利用の空き地も広がっている。
周辺に街灯が殆ど無く、日没後の人通りは殆ど無い。
ご遺体発見現場は仙台空港から南に約4.3キロメートル。


宮城県岩沼市震災慰霊公園女性死体遺棄.jpg
【遺体身元判明続報】

宮城県岩沼市押分の「千年希望の丘」二野倉公園の死体遺棄事件で、宮城県警岩沼署がご遺体の身元の確認を進めていたが、歯型による鑑定の結果、宮城県仙台市太白区(たいはくく)の無職・高松瑞絵(みずえ)さん(54)である事が分かった。
宮城県岩沼市震災慰霊公園女性死体遺棄1.jpg
宮城県岩沼市震災慰霊公園女性死体遺棄2.jpg
高松瑞絵さんは、両親と子供との4人暮らしで、先月30日夕方頃、母親に「出かけてくる」と言って家を出たまま、連絡が取れなくなっていた。ご遺体発見現場からは、高松瑞絵さんの財布や免許証などが入ったバッグが見つかったが、いまだに携帯電話が見つかっていないと言う。




posted by かえぴょん at 16:45| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

北海道岩内町で28歳妻刺殺…殺人未遂容疑で25歳夫逮捕


北海道岩内町28歳妻刺殺事件.jpg

7日早朝04時00分頃、北海道岩内町(いわないちょう)高台のアパートから「妻を刺した」と、110番通報があった。北海道警岩内署員が駆け付けた所、住人の西梨奈さん(28)が首を刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。北海道警岩内署は、夫で会社員の西京也(にし・きょうや)容疑者(25)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
北海道警岩内署によると、西京也容疑者は「妻と口論になり、カッとなって刺した」と、容疑を認めており、北海道警岩内署は殺人容疑に切り替えて、詳しい経緯を調べる。
北海道岩内町28歳妻刺殺事件1.jpg
北海道岩内町28歳妻刺殺事件3.jpg
北海道岩内町28歳妻刺殺事件2.jpg

逮捕容疑は7日明け方、北海道岩内町高台の自宅アパートの居間で、妻の西梨奈さんの首などを包丁で複数回刺し、殺害しようとした疑い。
西京也容疑者は、西梨奈さん、1歳の長女の三人暮らし。自宅には当時、長女が居たが、就寝中でケガは無かった。西京也容疑者は犯行後、自ら北海道警岩内署に電話で通報し発覚。駆け付けた北海道警岩内署員を玄関で迎え、部屋まで案内したと言う。
北海道岩内町28歳妻刺殺事件4.jpg
西梨奈さんは居間のソファにうつ伏せで倒れ、首の周辺に複数箇所の刺し傷があった。西京也容疑者は当時、酒を飲んでいたと言い、調べに「感情的になって殺すつもりで刺した」と、供述していると言う。

北海道岩内町は、南東方向にニセコアンヌプリ(山)を背にした日本海に面した町。
現場は北海道岩内町の中心部にあり、岩内町役場から西に約200メートルの住宅街。事件が起きたアパートには幼稚園が隣接し、園児たちは人形劇の観劇のため、この日(土曜)も保護者に送られて来ていた。
近所の男性(80)は「昨日昼ごろ、子供を抱いて乗用車に乗りこむ奥さんの姿を見た。夫妻とは話した事はないが、まさか近くで事件が起きるとは思わなかった。」
別の男性(70)は「普段は静かな場所。事件が起きるなんてありえない」と、驚いていた。


またしても首を複数回刺すと言う冷酷な事件!
容疑者は首を刺せば確実に死ぬ(殺せる)と分かったうえで、凶行に及んでいる。
情状酌量の余地は微塵も無い! 残された子供の行く末を思うと、惨い……。





posted by かえぴょん at 23:44| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

青森県五所川原市の市営団地で50歳母親刺殺…23歳息子を殺人容疑で逮捕


青森県五所川原市の団地で母親殺害事件1.jpg
6日早朝04時10分頃、青森県五所川原市(ごしょがわらし)みどり町1丁目にある市営団地の一室で、この部屋に住むスナック経営の対馬(正しくは旧字体:對馬)美千代さん(50)が、首から血を流して倒れていると、対馬美千代さんの20代の娘から119番通報があった。青森県警五所川原署員が駆け付けると、対馬美千代さんはアゴの下あたりを刃物で刺され、間もなく搬送先の病院で死亡した。司法解剖の結果、対馬美千代さんの死因は、刃物で刺された事による失血死と判明。
青森県五所川原市の団地で母親殺害事件.jpg
青森県五所川原市の団地で母親殺害事件2.jpg

事件後、一時逃走した息子で無職の対馬純也容疑者(23)を、6日07時00分前、自宅から約3キロメートル離れた青森県五所川原市中心街の路上で、青森県警の警察官が身柄を確保して事情を聴いていたが、6日午後、対馬純也容疑者を殺人容疑で逮捕した。対馬美千代さんは、対馬純也容疑者と20代の娘の3人暮らし。
対馬美千代さんの傷が1か所である事や、抵抗する際にできる傷が無い事などから青森県警五所川原署は、対馬純也容疑者が突然、対馬美千代さんを正面から刺した可能性が高いと見ています。

青森県五所川原市の団地で母親殺害事件3.jpg
捜査関係者によりますと、対馬純也容疑者は自身の就職について口論になり、「カッとなって刺した」と当初は容疑を認めていましたが、その後「やっていない」と、供述をひるがえすなど、曖昧な受け答えを繰り返していると言う事です。青森県警五所川原署は、對馬純也容疑者の身柄を青森地方検察庁弘前支部に送り、責任能力の有無も含めて詳しい経緯を調べる事にしています。
青森県五所川原市の団地で母親殺害事件4.jpg

現場はJR五所川原駅から南へ約3キロメートルの集合住宅が立ち並ぶ一角。




posted by かえぴょん at 00:41| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

福島県二本松市のアパートで同居男性殺害…除染作業員の男を殺人容疑で逮捕


福島県二本松市アパート同居男性殺人事件.jpg
福島県警二本松署は28日、アパートで同居する同僚を刃物で切り付けるなどして殺害したとして、殺人の疑いで、福島県二本松市榎戸1丁目の除染作業員・横井一広容疑者(63)を逮捕した。
逮捕容疑は27日から28日未明に掛け、福島県二本松市榎戸の自宅アパートで、同居していた会社の同僚で作業員の橋本和幸さん(58)の頭や腰を刃物で刺したり、殴るなどして殺害した疑い。
福島県二本松市アパート同居男性殺人事件1.jpg

福島県二本松市アパート同居男性殺人事件2.jpg
福島県二本松市アパート同居男性殺人事件3.jpg

福島県警二本松署によると、横井一広容疑者は「自分がやった」などと話している。福島県警二本松署は29日に司法解剖すると共に、2人の間にトラブルがあった事が原因と見て、動機などを調べる。
福島県警二本松署によると、横井一広容疑者から28日朝09時50分頃、「橋本さんとトラブルがあった」と、言う旨の電話を受けた会社の上司がアパートに駆け付け、ベッドに倒れ込んでいた橋本和幸さんを見つけ通報した。室内には当時、横井一広容疑者が居た。橋本和幸さんのご遺体には、頭や腰などに刃物で刺されたような複数の傷や、顔に殴られた痕もあり、現場には血の付いた包丁も落ちていたと言う。
福島県二本松市アパート同居男性殺人事件4.jpg
福島県警二本松署が詳しい動機などを調べています。
現場は国道4号から西に400メートル離れた住宅街。




posted by かえぴょん at 22:45| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

北海道黒松内町の住宅で高齢女性の遺体…知人の72歳男を逮捕


北海道黒松内町高齢女性撲殺事件.jpg

17日09時50分頃、北海道後志(しりべし)管内黒松内町(くろまつないちょう)赤井川(あかいかわ)の沢田(澤田)世津子さん(74)の自宅で、知人の男性から「澤田さんが倒れている」と、119番通報がありました。北海道警寿都署(すっつしょ)の警察官が駆け付けた所、玄関付近の廊下で、女性が頭部から出血し倒れた状態で見つかり、現場で死亡が確認されました。
頭には殴られたような傷があった事から北海道警が調べた所、最初に通報した沢田世津子さんの知人で、北海道小樽市最上(モガミ)の職業不詳、三井一政容疑者(72)が、沢田世津子さんに暴行を加えた事を認めた為、北海道警は傷害致死の疑いで逮捕しました。北海道警寿都署は司法解剖を行って死因の特定を進めています。
北海道黒松内町高齢女性撲殺事件1.jpg
北海道黒松内町高齢女性撲殺事件2.jpg
北海道黒松内町高齢女性撲殺事件3.jpg

北海道警寿都署によりますと、沢田世津子さんは1人暮らしで、三井一政容疑者が数日前から沢田世津子さん宅に泊まっていて、ご遺体の状況などから、16日に沢田世津子さんに暴行を加えて死亡させたと言う事です。
北海道警寿都署は、2人の間に何らかのトラブルがあったと見て詳しい経緯を調べています。
現場はJR北海道・函館本線熱郛駅(ねっぷえき)の南西に広がる山間地域。




posted by かえぴょん at 00:06| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--北日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い