2016年07月23日

信頼失墜!佐賀県の龍谷高校野球部、喫煙問題で準決勝を辞退


佐賀市の龍谷高校野球部員の喫煙.jpg


高校野球選手が外部で飲酒していたとか言う事例は聞いた事があるが、
いけしゃあしゃあと悪びれもせず部室でプカプカ‥‥とは、ニコチン中毒か…!?
そんなに吸いたきゃ二十歳過ぎて社会人野球にでも入るといい…!


佐賀県佐賀市の私立龍谷高等学校の野球部室棟から出火し、複数の部員が喫煙していた事を認めた問題で、私立龍谷高等学校は22日、出場中の全国高等学校野球選手権佐賀大会の準決勝を辞退すると発表した。大会開催中の不祥事による参加校の出場辞退は異例。

22日に会見した徳重清隆校長は、「対戦校や参加校、高校野球を応援するファンの信頼を裏切る結果になり申し訳ない」と陳謝した。校内規則に従い、喫煙した部員を処分すると共に、野球部の練習や試合を当面自粛する方針を示した。私立龍谷高等学校によると、3年生部員5人が6月中旬から喫煙していた事を認めており、21日は試合に出た2人を含む4人が喫煙していたと言う。
佐賀県高等学校野球連盟によると、準決勝で対戦する予定だった唐津商業高等学校が不戦勝で決勝に進む。
佐賀県高等学校野球連盟の吉冨壽泰理事長は、大会期間中の不祥事による出場辞退について「記憶に無い。あってはならない事で今後、不祥事を根絶するよう対策を取りたい」としている。

佐賀市の龍谷高校野球部員の喫煙1.jpg
佐賀市の龍谷高校野球部員の喫煙2.jpg

21日11時20分頃、佐賀県佐賀市水ケ江3丁目の私立龍谷(りゅうこく)高等学校で、部室棟から煙が出ていると、近くを通りがかった男性から、消防に通報があった。消防が駆けつけた時には、教員らによって既に消し止められていたが、野球部の部室の一部が焼けた。佐賀県警佐賀署によると、火が出た1階の部室は、野球部員が用具などを置いていて、現場には、蚊取り線香と、その缶の中に、タバコの吸い殻が20本ほどあったと言う。ケガ人はいなかった。他に火元となるような器具などは無く、窓も閉まっていたと言う事で、佐賀県警佐賀署は、関係者に事情を聞くなどして、出火の原因を調べている。
佐賀県警佐賀署によると、野球部員たちが朝から部室を使い、10時30分頃に部室を出た。蚊取り線香を点つけたままだったと言う。タバコの吸い殻約20本もあり、部員数人は「たばこを吸った」と話したと言う。
龍谷高等学校は21日にあった全国高等学校野球選手権佐賀大会の準々決勝で勝ち、24日の準決勝に進んでいる。昨年は甲子園に出場している。




posted by かえぴょん at 15:17| Comment(0) | ササっと頂点から消えるスポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

地に墜ちたスター選手の零落


昨年は巨人の3投手が野球賭博に関わり、無期限失格処分を受けたばかりの野球界に、再び激震が走った───。かつてのスター選手が覚醒剤に手を染めていた───巨人や西武などで活躍した清原和博容疑者が覚醒剤所持の現行犯で逮捕。
1軍にも2軍にもコーチにも残れず凋落して行く野球選手が一体何人いるのか。12球団で現役を退いた後、解説者やコーチなどに留まれるのはほんの僅か。溢れ出た役に立たない者の行く末には暗澹なる人生が待っている・・・。


結局、入れ墨を入れた時点で転落人生は始まっていた訳だ。



自宅マンションで覚醒剤を所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は2日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、元プロ野球選手でタレントの清原和博容疑者(48)を逮捕した。同課によると、「覚醒剤は私のもので間違いありません」と容疑を認めている。同課は今後、覚醒剤を入手した経緯や使用の有無などについても裏付けを進める方針。
逮捕容疑は同日午後8時50分ごろ、東京都港区東麻布の自宅マンション内で、覚醒剤0・1グラムを所持したなどとしている。

2014年に「週刊文春」(文藝春秋)が覚せい剤使用の疑いを報じ、2015年8月28日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)出演時に清原氏は疑惑を否定。「やっぱり、恨みつらみ買ってるんですよ、そいつらが言うんですよ」などと、自身が被害者であるかのように語っていた。

さらに2015年4月、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)に出演した清原氏は、疑惑に関する報道や仕事が激減している事などについて「俺、殺人でもしたのかな」「逮捕も何もされてないですし」などと、身の潔白を強調。
当時のテレビ局関係者によると、 「番組全体のトーンや演出、更には共演者の態度からも明らかに“世間から批判を受けて苦しむ清原”を強調する“お涙頂戴狙い”のスタンスでした。清原本人の証言だけを頼りにきちんと調査せず、当時すでに薬物使用疑惑を持たれていた清原を持ち上げ、あたかも清原が被害者であるかのような印象を視聴者に与えてしまったTBSの責任は重いと言えるでしょう」






posted by かえぴょん at 13:13| Comment(0) | ササっと頂点から消えるスポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

世界陸上:日本勢入賞すらゼロの惨敗続き

陸上の世界選手権で日本代表選手団監督を務める原田康弘・日本陸連強化委員長が27日、北京市内で報道陣の取材に応じ、前半戦を総括した。日本陸連は「メダル2、入賞6」を目標に掲げて臨んでいるが、第6日を終えて入賞者は出ていない。
原田強化委員長は「陸上ファンに大変心配を掛けている」と述べた上で、「それ(当初の目標)に近い形で頑張るしかない」と語り、残り3日間でも下方修正しない考えを示した。
低迷理由について原田強化委員長は「(選手に)気負いすぎる部分もあった」と話し、想定よりレベルの高い大会になっている点も指摘した。

オリンピックや世界選手権への出場権が掛かった日本陸上競技連盟(JAAF)主催又は後援のマラソン大会は国内で15大会あり、このうち代表選考の参考になるのが10大会。どの大会も2000人以上から3万5500人の定員で、中には定員の設定が無い大会も・・・。
特に以下の四大会は、時間制限が3時間30分以内と市民ランナーには厳しい本格レース。
 ■福岡国際マラソン(12月──2時間40分:国際陸連大会)
 ■びわ湖毎日マラソン(3月──2時間30分:国際陸連大会)
 ■大阪国際女子マラソン(1月──3時間15分:日本陸連)
 ■別府大分毎日マラソン(2月──3時間30分:日本陸連)
これらは全て冬季開催!
------------------------------------------------

防府読売マラソン(12月──4時間)
北海道マラソン(8月──5時間)
長野マラソン(4月──5時間:日本陸連)
東京マラソン(2月──7時間:国際陸連大会)
名古屋ウィメンズマラソン(3月──7時間:国際陸連大会)
(予定)さいたま国際マラソン(11月──4時間:日本陸連)


選手想いの優しい心遣いだが、こんな寒くて涼しい時期に選考レースをしても、選手にとっては楽で楽でしょうがないでしょう・・・。
楽な日程のこれらの大会で国際大会の出場資格の標準記録を破れば、代表に選ばれる・・・らしい。
北海道マラソンを除き、全て12月〜3月のやたらと涼しい、心地よい汗が滲む程度のマラソンには絶好の季節に開かれている。
真冬に選ばれて、本番のオリンピックや世界陸上や世界選手権が、晴れ真夏の晴れ炎天下晴れに行われる昨今、日本選手はバテて晴れバテて晴れ、入賞どころか完走も覚束無い有様。アフリカ勢や亜熱帯地方の人々が、毎日炎天下のもとで練習しているのに、日本選手は夏は熱中症や熱射病に注意しながらボチボチ程度の練習では、とても世界には勝てません。

国内での選考会を真夏の7月〜9月に開催し、足腰の粘りを付けるために、冬は北海道の新雪原を走る訓練をすれば、相当脚力が付く。あとは急勾配のロードを上がったり下りたりと心肺機能の強化でしょうか・・・。
飽食の時代に育った今の選手たちには、それすらも不可能かもしれないが。


アフリカ勢の筋力は、動物を追うために発達した筋肉なので、その瞬発力と持久力は並大抵ではない。
それは既に承知の助なのに、今回の世界陸上は脅威の見せ場となった。
日本陸連は7月2日、2016年リオデジャネイロ五輪のマラソン代表選考基準を発表し、「世界と戦うための走力がないとだめ。そこの勝負をしてほしい」と述べたそうだが、そのつもりで選んだ世界陸上が大惨敗。内容ではなくタイム重視の姿勢を示したが、結局、走力が勝っていてタイムが良くても、暑さバテの夏の高気温に勝たなきゃ、リオデジャネイロも世界陸上の二の舞になるかもしれない。





ラベル:北京世界陸上
posted by かえぴょん at 18:47| Comment(0) | ササっと頂点から消えるスポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

W杯優勝ならず、日本女子


すっごい期待されてて、段々優勝から遠ざかって行った、「あの」スポーツに似てるような・・・。
飛ぶ鳥を落とす勢いで優秀し続けた・・・女子マラソン。
しかし今ではアフリカ勢の圧倒的持久力とバネに、かつての栄光はどこかへ消えて行った・・・。

女子サッカーもアメリカ以外とかが本気だして選手育成に力を注ぐと、日本女子、ちょっと危うくなりそうな・・・。



posted by かえぴょん at 13:49| Comment(0) | ササっと頂点から消えるスポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

低劣な埼玉の高校サッカー部員、韓国で集団万引の愚脳県

どうやらこの埼玉の高校は窃盗犯罪者を養成している高校のようだ。
実に埼玉県らしい高校のあり方ではないか!
全く恥さらしがッ!


ソウル市内のショッピングモールで「集団万引」をしたとして、日本の高校生22人が摘発された事件を受け、埼玉県内にある、生徒らの高校では10日夜、副校長が記者会見し、「韓国の方や、これから行かれる方に嫌な思いをさせてしまった。お騒がせして大変申し訳ない」と謝罪した。
副校長によると、韓国遠征に参加したのは当時2年生の36人と1年生1人、ほかに48歳の監督とマネジャーら計41人。3月23〜27日の4泊5日の日程で、ソウル市内の高校クラブチームとの練習試合などを行った。最終日の27日午前10時半から約2時間、ショッピングモール内で自由行動にした際に、22人が集団万引したという。

生徒らは同日午後5時半に成田空港に帰国。間もなく添乗員から「ショッピング中に店員に注意された生徒がいないか」と問い合わせがあり、生徒らに聴いたところ、22人が「万引しました」と認めた。
その後、4月2日から4日までに監督と生徒が再び韓国に渡り、通訳を通じて取り調べを受けた。帰国した生徒たちは6日から自宅謹慎中という。



副校長によると、韓国遠征は今年で10回目で、これまでトラブルはなかった。22人の中に「普段問題行動がある生徒はいない」とし、22人以外の参加者が万引について知っていたかどうかは「把握していない」と述べた。

サッカー部の今後については「部活動は行うが、公式戦は自粛しようということになっている」と説明。「取り返しの付かないことをしてしまったが、部活動でほかに頑張っている子供たちもいる」と理解を求めた。


図々しい副校長だ。こういう国際的窃盗犯罪グループを罰する事なく放置するという、何とも脳天気な高校だ。こんな副校長だから生徒まで堕落してしまうのだ。

posted by かえぴょん at 21:28| Comment(3) | ササっと頂点から消えるスポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い