2015年11月14日

容赦ない大地震を暗示!? 薩摩半島沖でM7.0、迫る陸域崩壊の前兆か


薩摩半島西方沖では2015年06月30日にもM4.1の地震が発生している。今回は更に震度規模を増し、M7.0となった───。エネルギーはまだ完全放出されていない恐れがある。
この付近で死者が出た地震は、九州電力川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内)が出来る以前の事。


『1968年2月21日、「えびの地震」鹿児島県薩摩地方。M6.1、最大震度6。死者3人。住家全半壊1169棟。本・余震多数』
『1922年12月8日、「島原(先々石湾)地震」島原半島・天草地方。M6.9、最大震度:記録無し。死者26人』
『1911年6月15日、「喜界島地震」奄美大島近海。M8.1、最大震度:観測装置無し。死者12人』
『1792年5月21日、「島原大変」島原半島全体。M6.4、最大震度:不明。死者1万5千人。島原半島天狗山東部が崩落し、土砂が島原湾に入り巨大津波発生→肥後湾(熊本港)に巨大津波襲来す。眉山の山体崩壊』
『1771年4月24日、「八重山地震津波」八重山群島・宮古群島。M7.4、最大震度:不明。死者1万2千人』
『1769年8月29日、「大分県・宮崎県・熊本県」史実記載で死者ありと記載』
『1625年7月21日、「寛永熊本地震」熊本城付近。M5.0〜6.0(年代古く記録曖昧)。死者約50人。熊本城の火薬庫が爆発。熊本城天守崩壊と城中の石垣崩落』
『1596年9月1日、「慶長豊後地震」大分県・別府湾。M7.0、最大震度:不明。死者708人。大分別府湾岸中心に大津波襲来』
『679年、「筑紫地震」福岡県西部と南部。M6.5∼7.5(年代古く記録曖昧)、最大震度:不明。死者不明。長さ10kmの巨大地割れ発生」


もう遅いかもしれないが、台風や豪雨程度では例えようもない、人間存亡の危機に備えよ! 3度ある事は、4度ある!



14日午前5時51分頃、鹿児島県薩摩半島の西方沖を震源とする地震がありました。震源の深さは約10km、地震の規模を示すマグニチュードは7.0と推定されます。
鹿児島市などで震度4。そして、九州の各地で震度3を観測しました。この地震により、鹿児島県西部や種子島・屋久島地方、奄美群島などに一時、津波注意報が出され、十島村の中之島で午前6時45分に30cmの津波を観測しました。これまでの所、警察や消防などに地震や津波による被害の情報は入っていません。また、九州電力によりますと、鹿児島県薩摩川内市久見崎町で強引に稼働させた川内(せんだい)原子力発電所1・2号機でトラブルは確認されていないと言う事です。気象庁は今後、1週間ほどは震度3程度の余震が起きる可能性があるとして注意を呼び掛けています。




posted by かえぴょん at 14:08| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

厚労省室長補佐がマイナンバー収賄で逮捕、これが御食事(汚職)事件(券)


マイナンバー制度の導入に向けた厚生労働省のシステム設計などの業務を巡る汚職事件で、収賄の疑いで逮捕された厚生労働省情報政策担当参事官室の室長補佐・中安一幸容疑者(45)が、調べに対し、自ら賄賂を要求したり、贈賄側の会社から複数回の飲食の接待を受けていたと言う趣旨の供述をしている事が警視庁への取材で分かりました。
まさしくこれが汚職事件 = 御食事券だった訳だ!
警視庁は、ほかにも現金のやり取りがなかったかなど、癒着の実態解明を進めることにしています。贈賄側の当時の社長については時効が成立している。


この事件は、厚生労働省情報政策担当参事官室のノンキャリア中央官庁公務員の参事官室長補佐・中安一幸容疑者(45)が、平成23年11月、マイナンバー制度の導入に向けた医療分野のシステム設計などの業務を巡り、東京都内の情報関連会社に便宜を図った見返りに、時効がすでに成立している会社の当時の社長から、現金100万円を受け取ったとして収賄の疑いで逮捕されたもので、14日、検察庁に送られました。
警視庁は、14日午前中に東京・霞が関の厚生労働省を捜索しました。
警視庁によりますと、室長補佐の中安一幸容疑者は、100万円をカードの支払いなどに充てていたと見られると言う事ですが、その後の調べで、現金のほかにも複数回にわたって飲食の接待を受けていた(汚職事件=御食事券)事が、警視庁への取材で分かりました。

警視庁によりますと、調べに対し、中安室長補佐は容疑を認め、みずから賄賂(すなわち袖の下)を要求したという趣旨の供述をしていると言う事です。贈賄側も任意の調べに対し賄賂を要求されたと言う趣旨の説明をしていると言う事で、警視庁は、捜索で押収した資料などを分析し、業務発注の経緯や、他にも現金のやり取りが無かったかなど、癒着の実態を詳しく調べる事にしています。
現金の受け渡しは贈賄側の会社の中で行われたと言う事で、警視庁が当時の経緯や金の使途などを詳しく調べています。


マイナンバー制度の情報処理システムの大規模な改修や新設が、来年1月の運用開始に向けて大量に見込まれており、発注総額は「1兆円規模」とも言われるが、そのおこぼれを頂戴しようと地位を利用して賄賂を要求。一体総額如何ほどの金額を手にしたかは分からないが、これでノンキャリアの人生は惨めな終焉を迎える事となった。



posted by かえぴょん at 18:09| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

自民が画策した真冬の投票日、吹雪で投票率過去最悪

分かっていた事とは言え、このド寒い真冬に選挙の投票なんぞ、何故わざわざその為に貴重な日曜に雪かきして、吹雪の中投票所まで行かなきゃならないのか!?
と言うこの時期の天候を考慮に入れた2年前同様、再び自民党が、低投票率を目論んで選挙に打って出た訳だ。
姑息な魂胆ではあるが、この手なら必勝となる。

心配する事はない。
乱立する烏合の衆のごとき野党は、弱小政党から議席ゼロへ転落か。
再び自民圧勝となるのは間違いない。

何せ、この大雪、この寒波、除雪車も休日は休み。
いつも通り休日に除雪なんかしたくないと言うのが北国の本音。こんな時節に総選挙って言ったって、お年寄りには無理でしょ。
まぁ、投票バスでもご町内を巡回して、家の前まで来てくれれば投票するが、どうも"投票に来い"。"投票する権利はあるぞ"と言われて、待ってられても、この寒い中じゃ遠慮したくなる。

せめて飛行機の機内サービスのように、投票所に来てくれた人には飴玉一個サービス!ぐらいの配慮が欲しいものよ。


posted by かえぴょん at 18:23| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

沖縄知事選、野党の翁長氏勝訴、自公連立の仲井真氏敗訴

沖縄県民の安全を、観光客増加や失業率改善や多額の交付金増額で誤魔化そうとした、現職は惨敗敗訴となり、県民の真の安全は基地の退去以外あり得ないと言う、根本的な意志が勝訴した瞬間となった。
多額の金を手にしても、沖縄県全体の安全は一向に好転しないまま、ずるずると自公政権に引き延ばされて来た、これまでの無念が一気に爆発した結果である。

沖縄返還後も、米軍の支配地のような扱いを受けてきた沖縄にとって、本格的に辺野古の埋め立てが始まった事で、ようやく金権知事の呪縛から覚醒したようだ。



この沖縄県知事選の結果は、「地獄の沙汰もカネ次第」という金に汚染された政治の手先に成り下がった現職の仲井真弘多氏の、孫子の世代の事などどうでもいい、と言う考え方に責罰と鉄槌を下した事になる。
実に崇高な考え方ではないか!!

それに引き替え、鹿児島県の九州電力川内原子力発電所の再稼働に同意した地元自治体と鹿児島県知事は、孫子の代・子供たちの事など考えず、意地汚なさで金に群がり、原発再稼働を決断した愚劣な集団・ 迂拙県民性が露わになり、恥ずかしいとはおもわないのか?!




posted by かえぴょん at 21:21| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い