2016年08月17日

アメリカ産セロリに基準超える農薬 厚労省が業者に検査命令

厚生労働省は16日、米国産の輸入セロリから基準値を超える農薬ビフェントリン(BIFENTHRIN)が検出されたとして、米国産セロリを輸入する全国の業者に、食品衛生法に基づく検査命令を出した。輸入時にこの農薬の検査を必ず実施する事になる。
アメリカ産セロリ基準超え農薬.jpg
厚生労働省によると、ビフェントリンの基準値はセロリでは0.01ppm。7月に神戸港に輸入された約17トンの一部から0.03ppm、8月に博多港に輸入された約1トンの一部から0.06ppmが検出された。いずれも流通はしていない。アメリカ国内での基準値は3ppmと言う。
米国産セロリの輸入量は昨年度が7638トン。
アメリカ産セロリ基準超え農薬1.jpg
厚生労働省は、アメリカの国内で基準が守られていない恐れがあるとして、アメリカ産のセロリを輸入した際は必ず農薬の検査をするよう全国の業者に命じました。今後2年間、基準値を超える物が無いなどの条件を満たせば命令は解除されます。

検疫所におけるモニタリング検査の結果、米国産生鮮セロリから基準値を超える農薬ビフェントリンを検出した事から、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットに対する検査の義務づけ)を実施するもの。

ビフェントリン.jpg

<ビフェントリンについて>
1.ピレスロイド系農薬・殺虫剤
2.許容1日摂取量(人が一生涯毎日摂取し続けても、健康への影響が無いとされる1日当たりの摂取量)は、体重1kg当たり0.01 mg/日です。
3. 体重60kgの人が、ビフェントリンが0.06 ppm残留したセロリを毎日10kg摂取し続けたとしても、許容1日摂取量を超える事は無く、健康に及ぼす影響はありません。


**農薬和名:ビフェントリン、農薬英名:BIFENTHRIN、主な用途:農薬・殺虫剤・ダニ駆除剤。農薬用途==果樹、野菜などの殆どで主要害虫を同時防除出来る。

<違反の内容>
1.品名:生鮮セロリ
輸入者:伊藤忠商事株式会社
輸出者:DOLE ASIA HOLDINGS PTE.LTD(シンガポール企業)
届出数量及び重量:640 カートン、17,417.86 kg
検査結果:ビフェントリン 0.03 ppm 検出(基準値:0.01 ppm)
届出先:神戸検疫所
日本への到着年月日:平成28年7月5日
違反確定日:平成28年7月15日
措置状況:全量保管中

2.品名:生鮮セロリ
輸入者:株式会社南九
輸出者:M&M WEST COAST PRODUCE,INC.
届出数量及び重量:32 カートン、914.40 kg
検査結果:ビフェントリン 0.06 ppm 検出(基準値:0.01 ppm)
届出先:福岡検疫所
日本への到着年月日:平成28年8月1日
違反確定日:平成28年8月12日
措置状況:一部廃棄済み、残余保管中


アメリカでの基準値は3ppmとの事だが、アメリカ人の体格からすれば高値でも平気なんだろうが、日本人の体格ではその半分が限度か? 勿論、体重60kgに満たない女性や子供に至っては、更に低い値でも要注意・要危険と言えるかもしれない。子供でセロリががむしゃらに好きと言う子はいないかもしれないが、日本向け野菜をアメリカ基準のまま輸出されては甚だ迷惑な話。
しかし日本が、他国を圧倒する程の食材輸入大国に落ちぶれてしまった以上、残留農薬も一緒に食べるしかない!!




posted by かえぴょん at 16:56| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

新潟,糸魚川市─鬼畜義父相姦の果て…自宅で出産直後に乳児殺害、義理の父娘逮捕

新潟県警捜査1課と新潟県警糸魚川署は25日、生まれたばかりの男児の赤ちゃんの首を刃物で切り殺害したなどとして、既に今年2月に別の暴行事件で傷害罪で起訴されている、新潟県糸魚川市歌のアルバイト作業員・中村栄志被告(65)を殺人と死体遺棄容疑で、また中村栄志(えいし)容疑者の養女で義理の娘の、愛知県半田市幸町の無職・中村一美容疑者(28)を殺人容疑でそれぞれ逮捕した。

糸魚川市義父相姦乳児殺害事件2.jpg

新潟県警捜査1課によると、2人は共謀して平成26年(2014年)夏頃、当時同居していた新潟県糸魚川市歌の自宅2階寝室で、中村一美容疑者が出産したばかりの男児の首を刃物で切って殺害し、その後、中村栄志容疑者が男児の遺体を国内のいずれかに遺棄した疑い。凶器は見つかったが、遺体は発見されていない。新潟県警捜査1課と新潟県警糸魚川署は、赤ちゃんを遺棄した場所の特定を進めている。

事件が発覚したのは中村栄志容疑者(65)が、今年2月20日に新潟県糸魚川市歌で、愛知県の30代女性に殴るなどの暴行を加えたとして3月29日、新潟県警糸魚川署に傷害容疑で逮捕、起訴された。中村一美容疑者(28)はこの女性と知り合いで、この暴行事件後、母と不仲になり家を出て、愛知県半田市に移り住み、この女性の世話になっており、女性に対して、赤ちゃんを殺害したと打ち明け、今年2月25日、愛知県警半田署に自首した───。

糸魚川市義父相姦乳児殺害事件3.jpg

中村一美容疑者は実母が、中村栄志容疑者と再婚した平成13年(2001年)春から一緒に住んでいました。そして中村一美容疑者は、その年には中村栄志容疑者と養子縁組を結んだ。2人は戸籍上は義理の父と娘の関係で、2人とも性的関係を認めている。
新潟県警捜査1課によりますと、中村一美容疑者は逮捕容疑を認めているが、中村栄志容疑者は否認していると言う。2人は中村一美容疑者の供述によると殺害された男児の両親に当たる。





中村一美容疑者が自首した約1カ月以上経って、中村栄志容疑者が30代女性への傷害容疑で逮捕されている。これは脅されて、警察に届けられなかった為だろうか‥‥

おぞましい狂った男の冷酷な無秩序極まりない凌辱的狂行は、養子縁組したのちから赤ちゃんを殺害するまでの10年以上、続いていたのだろうか? 妊娠している事さえ言えなかった‥‥だから、出産した事で慌てて強行に及んだのか?

母親が再婚した時、中村一美容疑者はまだ13歳だった───。
まさに狂った鬼畜!!
当然、母親は知っていたと考えるのが普通で、ならばその悪業蛮行を黙従していた事になる!!
母親も中村栄志容疑者も同罪と言わざるを得ない‥‥







posted by かえぴょん at 16:19| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

容赦ない大地震を暗示!? 薩摩半島沖でM7.0、迫る陸域崩壊の前兆か


薩摩半島西方沖では2015年06月30日にもM4.1の地震が発生している。今回は更に震度規模を増し、M7.0となった───。エネルギーはまだ完全放出されていない恐れがある。
この付近で死者が出た地震は、九州電力川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内)が出来る以前の事。


『1968年2月21日、「えびの地震」鹿児島県薩摩地方。M6.1、最大震度6。死者3人。住家全半壊1169棟。本・余震多数』
『1922年12月8日、「島原(先々石湾)地震」島原半島・天草地方。M6.9、最大震度:記録無し。死者26人』
『1911年6月15日、「喜界島地震」奄美大島近海。M8.1、最大震度:観測装置無し。死者12人』
『1792年5月21日、「島原大変」島原半島全体。M6.4、最大震度:不明。死者1万5千人。島原半島天狗山東部が崩落し、土砂が島原湾に入り巨大津波発生→肥後湾(熊本港)に巨大津波襲来す。眉山の山体崩壊』
『1771年4月24日、「八重山地震津波」八重山群島・宮古群島。M7.4、最大震度:不明。死者1万2千人』
『1769年8月29日、「大分県・宮崎県・熊本県」史実記載で死者ありと記載』
『1625年7月21日、「寛永熊本地震」熊本城付近。M5.0〜6.0(年代古く記録曖昧)。死者約50人。熊本城の火薬庫が爆発。熊本城天守崩壊と城中の石垣崩落』
『1596年9月1日、「慶長豊後地震」大分県・別府湾。M7.0、最大震度:不明。死者708人。大分別府湾岸中心に大津波襲来』
『679年、「筑紫地震」福岡県西部と南部。M6.5∼7.5(年代古く記録曖昧)、最大震度:不明。死者不明。長さ10kmの巨大地割れ発生」


もう遅いかもしれないが、台風や豪雨程度では例えようもない、人間存亡の危機に備えよ! 3度ある事は、4度ある!



14日午前5時51分頃、鹿児島県薩摩半島の西方沖を震源とする地震がありました。震源の深さは約10km、地震の規模を示すマグニチュードは7.0と推定されます。
鹿児島市などで震度4。そして、九州の各地で震度3を観測しました。この地震により、鹿児島県西部や種子島・屋久島地方、奄美群島などに一時、津波注意報が出され、十島村の中之島で午前6時45分に30cmの津波を観測しました。これまでの所、警察や消防などに地震や津波による被害の情報は入っていません。また、九州電力によりますと、鹿児島県薩摩川内市久見崎町で強引に稼働させた川内(せんだい)原子力発電所1・2号機でトラブルは確認されていないと言う事です。気象庁は今後、1週間ほどは震度3程度の余震が起きる可能性があるとして注意を呼び掛けています。




posted by かえぴょん at 14:08| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

厚労省室長補佐がマイナンバー収賄で逮捕、これが御食事(汚職)事件(券)


マイナンバー制度の導入に向けた厚生労働省のシステム設計などの業務を巡る汚職事件で、収賄の疑いで逮捕された厚生労働省情報政策担当参事官室の室長補佐・中安一幸容疑者(45)が、調べに対し、自ら賄賂を要求したり、贈賄側の会社から複数回の飲食の接待を受けていたと言う趣旨の供述をしている事が警視庁への取材で分かりました。
まさしくこれが汚職事件 = 御食事券だった訳だ!
警視庁は、ほかにも現金のやり取りがなかったかなど、癒着の実態解明を進めることにしています。贈賄側の当時の社長については時効が成立している。


この事件は、厚生労働省情報政策担当参事官室のノンキャリア中央官庁公務員の参事官室長補佐・中安一幸容疑者(45)が、平成23年11月、マイナンバー制度の導入に向けた医療分野のシステム設計などの業務を巡り、東京都内の情報関連会社に便宜を図った見返りに、時効がすでに成立している会社の当時の社長から、現金100万円を受け取ったとして収賄の疑いで逮捕されたもので、14日、検察庁に送られました。
警視庁は、14日午前中に東京・霞が関の厚生労働省を捜索しました。
警視庁によりますと、室長補佐の中安一幸容疑者は、100万円をカードの支払いなどに充てていたと見られると言う事ですが、その後の調べで、現金のほかにも複数回にわたって飲食の接待を受けていた(汚職事件=御食事券)事が、警視庁への取材で分かりました。

警視庁によりますと、調べに対し、中安室長補佐は容疑を認め、みずから賄賂(すなわち袖の下)を要求したという趣旨の供述をしていると言う事です。贈賄側も任意の調べに対し賄賂を要求されたと言う趣旨の説明をしていると言う事で、警視庁は、捜索で押収した資料などを分析し、業務発注の経緯や、他にも現金のやり取りが無かったかなど、癒着の実態を詳しく調べる事にしています。
現金の受け渡しは贈賄側の会社の中で行われたと言う事で、警視庁が当時の経緯や金の使途などを詳しく調べています。


マイナンバー制度の情報処理システムの大規模な改修や新設が、来年1月の運用開始に向けて大量に見込まれており、発注総額は「1兆円規模」とも言われるが、そのおこぼれを頂戴しようと地位を利用して賄賂を要求。一体総額如何ほどの金額を手にしたかは分からないが、これでノンキャリアの人生は惨めな終焉を迎える事となった。



posted by かえぴょん at 18:09| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

沖縄知事選、野党の翁長氏勝訴、自公連立の仲井真氏敗訴

沖縄県民の安全を、観光客増加や失業率改善や多額の交付金増額で誤魔化そうとした、現職は惨敗敗訴となり、県民の真の安全は基地の退去以外あり得ないと言う、根本的な意志が勝訴した瞬間となった。
多額の金を手にしても、沖縄県全体の安全は一向に好転しないまま、ずるずると自公政権に引き延ばされて来た、これまでの無念が一気に爆発した結果である。

沖縄返還後も、米軍の支配地のような扱いを受けてきた沖縄にとって、本格的に辺野古の埋め立てが始まった事で、ようやく金権知事の呪縛から覚醒したようだ。



この沖縄県知事選の結果は、「地獄の沙汰もカネ次第」という金に汚染された政治の手先に成り下がった現職の仲井真弘多氏の、孫子の世代の事などどうでもいい、と言う考え方に責罰と鉄槌を下した事になる。
実に崇高な考え方ではないか!!

それに引き替え、鹿児島県の九州電力川内原子力発電所の再稼働に同意した地元自治体と鹿児島県知事は、孫子の代・子供たちの事など考えず、意地汚なさで金に群がり、原発再稼働を決断した愚劣な集団・ 迂拙県民性が露わになり、恥ずかしいとはおもわないのか?!




posted by かえぴょん at 21:21| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

義父の子を孕んだ嫁、長野の異常な背徳相姦で79組が出産

不妊治療を行っている長野県の産婦人科医院で、79組の夫婦が夫の父親の精子と妻の卵子を体外受精し、118人の赤ちゃんが誕生していたことが分かりました。
諏訪マタニティークリニックによりますと、1996年の11月から去年末までの17年間で、無精子症などを理由に146組の夫婦が親族などから精子の提供を受けました。このうち110組の夫婦が夫の実の父親から精子の提供を受け、79組から合わせて118人の赤ちゃんが生まれました。諏訪マタニティークリニックは、「実の父親からの精子提供は利害関係が生じにくく、生まれた子どもが誕生の経緯を知る権利にも配慮しやすい」と話しています。この結果は31日の日本受精着床学会で発表されます。 

日本産科婦人科学会(日産婦)の指針では体外受精は事実婚を含む夫婦間に限定しており、第三者からの提供は指針違反の可能性がある。赤ちゃんの祖父が血縁上の父になることで、家族関係が複雑になる恐れもある。

2003年に厚生労働省の審議会がまとめた報告書では、夫婦以外の第三者からの精子・卵子の提供による体外受精は匿名の場合のみ認めたが、夫婦の兄弟姉妹など血縁者からの提供は、家族関係が複雑になるため、当分の間、認めないとした。



長野で繰り広げられて来た、不妊治療と言う名の義父相姦・・・まるでAVビデオのタイトルそっくり・・・!! 
体外受精とは言うものの、義父は赤の他人! 体外受精は単なる言い逃れである。

倫理もモラルも節操も道義心も何も無い! 不妊治療の名目なら何でも許されるのか!!

まるで淫乱痴女が夫の不能につけ込んで、夫の父親とも肉体関係を結び孕んだと言う悪魔的所業、そのものではないか!!
大人のエゴと欲望のために、産まれてくる子供に、精神的重圧の運命を背負わせて、一体何が楽しいのか・・・一体何が満足なのか!!

「一妻多夫」をするなら夫と別れて、独身になってからすればいいものを、何故、夫と結婚したままそんな無慈悲で無節操な行為が出来るのか、甚だ汚らわしいとしか言えない。
こんな女性・妻はAV(アダルトビデオ)の世界の話で終わらないから、性犯罪や子どもによる猟奇的犯罪がエスカレートしてくる。
こんな出生で、道徳的に素晴らし子供が育つとはとても思えない!! 

義父の子供を孕んだ人妻たち.jpg

義父の子供を孕んだ人妻.jpg
もはやこの金欲不妊治療は、映画や小説やAVの先を突っ走っている。
人工授精も金次第・・・相手は血縁・非血縁・血族・非血族、無関係。
これでは映画もドラマもアニメも、追いつかない筈だ。
現実の方がフィクションより想像を絶するスピードで激変しているのだから・・・

あさましい世の中になった。







義父の子を孕んだ嫁 [DVD]
- 義父の子を孕んだ嫁 [DVD] -



義父の子を孕んだ嫁[DVD]
- 義父の子を孕んだ嫁 [DVD] -



義父の子を孕んだ嫁
- 義父の子を孕んだ嫁 -




今回と同じような内容のAVなら、数え切れないほどあるが、まさか本当にするとは・・・世も末。


posted by かえぴょん at 22:36| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

国内がん患者多発の裏に、腐った残飯と同じ輸入食材への依存

都会の子供たちが大好きな「マックのチキンナゲット」は、実は残飯以下のカビが生えた腐った鶏肉が使われていた─────。
何とも中国らしい雑な製造で、その中国を本当に信頼していた日本企業が、何とも哀れである。


鶏肉は中国では生きたまま市場で売買されている。それだけ鶏肉が好きで、だからこそ取り扱いも大雑把になる。
そもそもインフルエンザの香港型が毎年猛威を振るい、ソ連型がほぼ姿を消したのは、生きたまま鶏を売買する事でウイルスが繁殖を繰り返しているからで、鶏を育てる為に抗生物質や合成飼料を与える事で、ウイルスに変異株が現れ、それが強毒化し鳥インフルエンザとなり、日本にも感染が広がっているのだ。

そんな中国の従業員に、衛生管理だの食品の信頼だのを要求しても、どだい無理な話だと誰もが分かっている事。しかし企業経営者は、安い労働賃金に目がくらみ、わざわざ中国で作らせているのだ。

当然、マクドナルドもファミリーマートも上層部は誰もそんな鶏肉を食べたりはしない!
残飯のようなチキン・ナゲットに群がるのは、都会の肉好きな都民という事になる。

カビチキンナゲット.jpg

もう10年以上も前から「上海福喜食品」からチキンナゲットを輸入していた日本マクドナルド。その鶏肉を食べた人は首都圏を中心に一体どれほどの人数に昇るのか、想像もできない。
しかし消毒されず、雑菌だらけ、カビだらけ、消費期限切れの鶏肉を「安い」という理由で食べ続ければ、有毒物質は少しずつ体内に蓄積し、やがて発がん物質へと変化。身体の免疫が弱ると、癌を発症する。
女性や子供では、不妊や流産や統合失調症や鬱病、凶暴化、中年以降は若年性痴呆症の発症と・・・身体の免疫バランスや脳細胞が侵され、身体中に異変が起こるだろう。

毒入りギョーザ事件.gif
2008年1月に発覚した中国製ギョーザ中毒事件。
一人の従業員の犯罪だったが、今回は会社ぐるみの犯罪。


そして更に、今度はベトナムから輸入した冷凍ししゃもに汚物や殺鼠剤が混入していたとの事。
食材輸入超大国・日本は、安い事をいい事に、次々に輸入品に置き換え、まるでハイエナのように貪り喰う。なんと浅ましい民族になってしまった事か・・・。

首都圏も関西も九州も腐敗した輸入食材を食べ続けて来た訳だ。
これでは地場産業が破滅するのも無理はない。自らの手で地元の生産者を潰し、その代わりに消費期限切れの鶏肉、殺鼠剤入りの子持ちししゃもを食べているとは、なんとも・・・、ガメつさもここまで来れば終わりだ。




posted by かえぴょん at 18:58| Comment(0) | 子孫絶えても利己主義者は今こそ金次第 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする