2015年06月26日

相模原市の墓地の遺体、不明の新宿区25歳女性の遺体と確認

当時7歳の子供はどこに?



25日に神奈川県相模原市緑区の墓地から女性の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は遺体を詳しく調べた結果、26日、遺体の身元を東京都新宿区6、職業不詳・阿部由香利(当時25歳)さんと確認した。

相模原殺人事件_被害者_阿部由香利.jpg


この事件は2年前、東京都新宿区に住む、当時25歳の母親と7歳の長男の行方が分からなくなり、24日、神奈川県相模原市緑区の墓地からブルーシートに包まれた遺体が見つかったもので、警視庁捜査1課は母親の交際相手だった東京都渋谷区上原の飲食店アルバイト、佐藤一麿(29)容疑者と、静岡県富士市今宮の農業、秋山智咲(ちさき)(23)容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕、26日、身柄を検察庁に送りました。
2人の直接の逮捕容疑は平成25年7月19日ごろ、氏名不詳の遺体を東京都世田谷区北沢の集合住宅から相模原市緑区の墓地まで、レンタカーで運び埋めた死体遺棄容疑。

相模原殺人事件犯人_佐藤一麿と秋山智咲.jpg

警視庁によりますと、佐藤容疑者は阿部さんと同じ時期に秋山容疑者とも交際していたということで、秋山智咲容疑者(23)が当時住んでいた東京都世田谷区北沢1の集合住宅で、遺体を運び出したとされる時期の前後に異臭騒ぎが起きていたことが捜査関係者への取材で分かった。
通報を受けて訪れた警察官らに佐藤一麿容疑者が応対し「犬が死んだ」と説明したという。捜査1課は、遺体を集合住宅に隠していた事が発覚するのを恐れ、嘘をついた可能性があるとみている。

捜査1課によると、佐藤容疑者は容疑を認め、秋山容疑者は「(佐藤容疑者から)手伝ってほしいと言われた」と供述。捜査1課は、佐藤容疑者が事件を主導したとみて調べるとともに、阿部さんの死因や、長男も近くに埋められている可能性があるとみて捜索を続けています。

新宿区によりますと、阿部由香利さん(当時25)と当時7歳の長男については、平成22年、長男が4歳だったときに新宿区に転入届が出されました。
その後、新宿区は、平成24年に小学校に入学する前に受ける「就学時健康診断」の案内を送りましたが、長男は受診せず、保護者説明会にも阿部さんは現れませんでした。
このため新宿区の担当者などが自宅を5回ほど訪問したり、手紙を送ったりしましたが、阿部さんや長男には会えず、入学式にも姿を見せなかったという事です。
その後も区の担当者や小学校の担任などが、1か月に1回ほどのペースで自宅を訪問し続けたものの、一度も接触することは出来ず、小学校にも通うことは無かったという事です。
そして、去年夏ごろに阿部さんの両親に連絡を取り、2人について行方不明の届け出を警視庁に提出するよう求めたということです。



posted by かえぴょん at 15:47| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

杉並区女性暴行死、交際相手の47歳男を傷害致死容疑で再逮捕


東京都杉並区のマンションで今年2月、杉並区の無職、伊藤亜希子さん(41)が意識不明の状態で見つかり、その後死亡した事件で、警視庁捜査1課は6月11日、既に伊藤亜希子さんへの傷害罪などで起訴されている、交際相手の住所不定・会社員、鶴田知己被告(47)を傷害致死容疑で、再逮捕した。警視庁捜査1課によると鶴田知己被告は、黙秘しているという。
捜査1課によると、鶴田容疑者の再逮捕容疑は、2月23〜27日、当時の自宅やその周辺などで伊藤さんの顔や頭に何らかの暴行を加え、死亡させたというもの。
司法解剖の結果、伊藤さんの死因は急性硬膜下血腫と判明。遺体に複数の殴られたようなあざがあった事や、関係者の証言などから、捜査1課は死亡と暴行に因果関係があるとして、鶴田容疑者の暴行によって死亡したと判断した。

鶴田容疑者は2月27日夕方、「女性が嘔吐(おうと)した後に倒れた」と119番通報した。以前にも伊藤さんに暴行を加えたとして翌日逮捕されたが、容疑を否認したり黙秘したりしていた。
伊藤さんの母親は2月中旬以降、「娘が暴力を振るわれている」と警視庁高井戸署に相談していたが、伊藤さんは署に対し、暴行を受けたことを否定したという。


女性は暴力の連鎖に怯え、本当の事が言えなかったのだろう。
しかし41歳で無職だったと言う被害者の状況が全く不明。とは言えども、往々にして暴力的威圧を続ける男は、「巧みなことば使い」で「耳当たりのよい言葉」を羅列して来る。話すことに長けている口達者な場合が殆どだ。
心根の優しい人は口数も少なく、照れ屋が多い。しかし女性は話しが上手で褒められ、グイグイ近寄ってくる通称サラリーマンと言う定給料制の男が大好きである。
大都市ではサラリーマンと言えども、仕事によって給料格差が大きく、男の嘘にまんまと騙されるケースが跡を絶たない。何故か全く相手の素性を確かめようともしない女性が多いのが不思議だ。
格差社会の偏見が最も激しい大都市では、口の上手い男=優しい男性=会社員=結婚相手が往々にして、無意識のうちに落とし穴にはまり、最悪のケースになる場合が多い。

DVを相談していたと言うが、罪状が傷害致死では鶴田容疑者は数年で出所する可能性が高い・・・。不条理の感が残り、遣り切れません。



posted by かえぴょん at 18:23| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

心中偽装?葛飾区で妻を絞殺、64歳夫を殺人容疑で逮捕


7日午後9時40分頃、東京都葛飾区亀有のマンションの部屋で「就寝中の妻の首を絞めて殺した」などという110番通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、この部屋に住む妻の吉野光恵さん(62)が寝室の布団の上で倒れていて、心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡した。
警視庁亀有署によりますと、光恵さんの首にはこたつの電気コードが巻かれていたため、浴室にいた夫に事情を聞いたところ、首を絞めて殺害したことを認めたことなどから、8日逮捕したということです。
逮捕されたのは、夫でパート従業員の吉野博容疑者(64)で、調べに対し「収入が少なく、生活費などを巡って普段から口論をし妻ともめていて、不満がたまっていた」などと供述しているということです。

吉野容疑者は犯行後、自分も手首を切っていて、駆け付けた警察官に「自分も死のうと思ったが死にきれなかった」と話していたということです。警視庁で詳しいいきさつを調べています。


東京での殺人の傾向が他と多少異なるのが、身内や子供を殺害する事件が多い事だ。無理心中も多いが、先に相手(家族)を殺し、後から自分も自殺を図ったものの死に切れず、助かったケースが実に多い。
こういう事案が多いため、自殺(自死)扱いが非常に少ない傾向にある。
特に多いのが、子供の行く末を案じての身内殺人である。障害を持っていたり、母子家庭で不憫になったとか・・・実に身勝手な事件が多いのが東京都の傾向だ。
しかしこれは間違いなく殺人事件だ。

こういう自分勝手で自己中心主義で過度にうぬぼれが強く、他人に頼んだり周囲に恥を晒す事を屈辱と感じる神経が、身内の殺害という不条理を生んでいる。しかし例え相手が家族と言えども、凶悪な殺害事件と何ら変わりはしないのだ。



posted by かえぴょん at 14:20| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

宇都宮市、行方不明の女性、男女の供述通り遺体で発見


栃木県警宇都宮中央署は22日、行方不明となっている平沢愛実(まなみ=当時21)さん名義の口座から現金800万円を引き出したとして、詐欺容疑で茨城県結城市大木の無職、手面(てづら)真弥(まや)(25)と栃木県益子町塙の会社員、石崎康弘(42)の両容疑者を逮捕したと発表した。
逮捕容疑は、4月6日午後2時40分ごろ、宇都宮市内の金融機関で、平沢愛実さんの口座から現金800万円を引き出したとしている。

平沢さんの知人らが4月上旬、「行方が分からなくなった」として宇都宮中央署に捜索願を提出していた。平沢さんの部屋に荒らされた形跡はなかったが、行方不明になった後、金融機関の口座から現金が引き出されていたことが判明。金融機関に設置された防犯カメラの映像には、現金を引き出す不審者の姿が映っていた。

県警が現金の引き出しに関与した可能性があるとみて手面容疑者らを聴取していたところ、2人が「平沢さんを埋めた」と供述したことから、栃木県真岡市内の住宅の敷地を捜索したところ、平沢さんとみられる遺体が見つかりました。2人は、平沢さんの殺害もほのめかしているということです。警察は、3人に何らかのトラブルがあったとみて調べています。


金品の為に残酷で邪悪で冷酷な犯行を起こした極重悪人・・・人で無しとはこいつの事を言う。早く言えば、共謀凶行した時点でもはや「人間ではない!」と言う意味である。

現在、刑罰はより厳しくなり、これまで無期懲役と言えば約15年から20年の刑務所収監で、仮釈放が行われる場合もあったが、もはやそのような中途半端はなくなり、殺人による無期懲役の場合、いかなる理由があろうとも終身刑に匹敵する刑罰になっている。従って、例え1人殺したとして、無期懲役の判決が出たら二度と刑務所から出る事は出来ない。
殆どの日本人はまだ無期懲役の考え方・運用・刑罰方法が変わった事を知らないようだが・・・。

無期懲役の刑罰が定められた時と、今の情け容赦無い自分勝手な凶悪犯罪が増え、刑罰の運用が変わってきて、無期懲役は文字通り、無期なのだ。




posted by かえぴょん at 23:17| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

横浜市で母と祖母殺害、自首した15歳男子高校生を逮捕

高校1年の男子生徒(15)が母親と祖母を刺し殺す残忍な事件が、神奈川県横浜市戸塚区で起きた。父親が単身赴任中の惨劇だった───。男子生徒は「勉強のことで注意され‥‥」と供述しているが、家族2人を殺害に至るまでの動機としては軽薄すぎる!

18日午後0時50分ごろ横浜市戸塚区内の自宅で、母親と祖母を殺害したとして高校1年の男子生徒(15)が、包丁を持って自宅近くの交番に自首し逮捕された。調べによると、男子生徒は18日午前8時ごろ、自宅でパート勤務の母親(50)と無職の祖母(81)の胸などを包丁で刺すなどして殺害したとされる。
凶器とされる包丁について男子生徒は「自宅の台所にあった」と供述していることが、神奈川県警戸塚署の調べで19日分かった。

動機について「学校の勉強や生活態度を注意され、2人と口論になり、腹立たしくなった」などと話しているという。戸塚署は、生徒が生活態度などを注意されたことにカッとなり、衝動的に殺害した可能性が高いとみている。
現場となった自宅は、JR戸塚駅から車で南に約10分の住宅街にある2階建ての一軒家で、一夜明けた19日午前、ブルーシートが張られ、半径50メートルへの立ち入りが規制されるなど物々しい雰囲気に。
小・中学校時代に同学年だった友人らによると、生徒は小学校時代、陸上部に所属。中学に進むと柔道部に入り主将を務めた。男子生徒は祖母と両親(父親が単身赴任中)、妹の5人家族だった。


こういう事件が起こるたびに、近所や同級生らの証言が取り扱われるが、それはほぼ無意味。表の顔は本性のほんの一部でしかない。家族からの罵声や叱責は決して表沙汰にはならないもの。まして本人の意志に反する言動を頻繁に言われると、その鬱積した不満を外で放出できない場合、限度域を越えた瞬間、暴発は内側に炸裂してしまう。
これまでの報道では、男子生徒には相談に乗ってもらえるような人物がいなかったと推測出来る。・・・しかしそうだとしても何故、死に至るまで刺し殺さなければならなかったのか・・・?「もはや殺すしかない」と瞬間的に思う素養があったとしか思えない。
頻発する神奈川県での凶暴な少年による殺戮事件が、全く無関係の人に向かった時の事を考えると、戦慄を感じざるを得ない・・・。



posted by かえぴょん at 18:05| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

千葉市でコード巻かれ男性死亡、妻聴取へ


どうも休日は報道も手薄になるようで、祝日開けの4月30日、何とも悲劇的な事件が起きた。

千葉市で妻が夫を絞殺.jpg

30日午前7時すぎ、千葉市中央区大巌寺の住宅で、この家に住む65歳の男性が首に電気コードを巻き付けられた状態で倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されました。
30日、千葉市内に住む中臺(なかだい)一夫さん(65)の長男だという男性から、「母親から電話で『父を殺した』と言われた」と警察に110番通報がありました。

警察が中央区にある住宅に駆け付けたところ、この住宅に住む中臺一夫さんが1階の寝室のベッドの上で、首に電気コードが巻かれた状態で倒れているのが見つかりました。中臺さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。住宅には、手首に切り傷がある妻(67)もいて、病院に搬送されました。中臺さんと妻は2人暮らしでした。警察は、殺人事件として捜査を始めるとともに、妻が何らかの事情を知っているとみて、回復を待って事情を聴く方針です。

posted by かえぴょん at 00:32| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

千葉県船橋市少女殺人死体遺棄事件──4容疑者を逮捕

千葉県船橋市の野口愛永(まなえ)さん(18)が車で連れ去られ、行方不明となった事件で、千葉県警は24日、事件に関与した疑いがある男の「女性を埋めた」との供述に基づき、千葉県芝山町で捜索を行い、遺体を発見した。
遺体は野口愛永さんとみ見られる。県警は殺害された疑いが高いと見て船橋東署に捜査本部を設置した。遺体の身元確認や死因の特定を急いでいる。

千葉県芝山町少女生き埋め強盗殺人事件.jpg
千葉県警は24日までに、野口さんに対する監禁容疑で、住所不定無職・井出裕輝(20)▽住所不定無職・中野翔太(20)▽船橋市、アルバイトの女(18)▽東京都葛飾区、鉄筋工の男(16)の4容疑者を逮捕した。
このうち中野翔太容疑者が「井出容疑者と一緒に、野口さんを成田空港近くに埋めた」と供述。捜索の結果、供述通りの場所から遺体が見つかった。
井出裕輝容疑者は一時所在不明となっていたが、24日午後、鎌ケ谷署に出頭してきた。

千葉県芝山町少女生き埋め強盗殺人事件1.jpg
千葉県芝山町少女生き埋め強盗殺人事件2.jpg
遺体が発見されたのは成田空港から東に約100メートル離れた畑。捜査関係者によると、遺体は深さ1メートルほどの場所で見つかり、女性物とみられる服を着ていた。頭部は何かで何重にも巻かれ、顔がすぐ判別できないような細工がされていた。
野口愛永さんは19日夜、千葉市中央区の路上で友人と歩いていた際、車に乗っていた少年らに声をかけられて同乗。その後、行方が分からなくなっていた。


悪逆非道集団による惨忍残虐な事件がまたしても関東圏で起こった。
千葉の船橋での兇行は、首都圏の残忍な若者による虐殺行為を象徴しているとしか言いようがない。
これでは「イスラム国」と何ら変わらない。過去には日本でも連合赤軍が「見せしめ」と称して集団リンチの末、仲間を集団殺害し埋めた事件があったが、その極悪非道な見せしめにも通じる、恐ろしい犯罪である。
殺人テロが蔓延るのは何も中東だけではない。
日本にも、1人、また1人と連日のように惨たらしい虐殺事件が後を絶たない。





posted by かえぴょん at 23:18| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

神奈川県湯河原町─放火殺人か、全焼住宅から額に包丁が刺さった女性遺体

額の右側に包丁!放火殺人の可能性!
殺戮地帯・・・またもや神奈川県での惨劇!

21日午前6時頃、神奈川県湯河原町宮下で木造平屋建ての住宅が全焼した。
火は約30分後に消し止められましたが、焼け跡から右目近くの額に包丁が刺さっていて、顔に殴られたような痕がある女性の遺体が見つかりました。玄関や窓には内側からすべて鍵が掛かっていたということです。
この家には職業不詳、平井美江さん(67)が1人で暮らしていて、この火災の後、平井さんと連絡が取れていないことから、県警は遺体が平井さんである可能性が高いとみて、警察は身元の確認を急ぐとともに、平井さんが事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、殺人容疑を視野に入れて捜査を始めた。

県警などによると、平井さんは1人暮らし。家は施錠されていたが、玄関のガラスが割られて外側から鍵を開けられた形跡があったほか、付近の路上には血痕も見つかっているという。
平井さんは焼け残った寝室のベッド上で見つかったが、リビング付近が最も激しく燃えていた。

何ともおぞましい事件。これだから神奈川県は凶悪殺人多発県としか言いようがない。どのような理由にせよ、包丁で額を刺すなど、人間の所行ではない。
こういう不条理な犯罪が起こるたびに、現在の刑法の甘さが嘆かわしい。江戸時代ならこれが放火殺人なら、市中引き回しのうえ張り付け火炙りという厳しい刑になるはずが・・・何とも無念!



posted by かえぴょん at 13:17| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

交際相手の首絞め殺害容疑で32歳男逮捕―神奈川県警

またしても川崎市で短絡殺人・・・。



川崎市で女性殺害.jpg

19日午後、神奈川県川崎市のマンションの部屋で交際相手の女性の首を絞め殺害したとして、神奈川県警宮前署は、殺人容疑で川崎市高津区蟹ケ谷、自称会社員佐藤恵一容疑者(32)を逮捕した。同容疑者は自ら同署に出頭した。
警察の調べによりますと、佐藤容疑者は19日午前11時半ごろ、川崎市宮前区のマンションの部屋で、交際相手とみられる女性の首を締めて殺害した疑いが持たれています。
佐藤容疑者は、19日午後1時ごろ、「彼女を殺した」と警察署に自首し、警察官がマンションの部屋を調べたところ、和室で倒れている女性を見つけたということです。

逮捕された当初、犯人の男は自称・会社員と報道されていたが、その後コンビニ店店長だった事が判明・・・どこの系列のコンビニかは分からないがコンビニ店は自営業ではないのか・・・?

全く情報の小出しは一体何を秘匿する事を目的にしているか知らないが、出頭したのなら早々に自供しただろうに、警察発表がチンタラ遅い!

その逮捕された佐藤恵一容疑者(32)は、午前11時半ごろ、川崎市宮前区のマンションの一室で、この部屋に住む斎藤 なぎささん(32)の首を絞めて、殺害した疑いが持たれている。
警察によると、佐藤容疑者と斎藤さんは、3年ほど前から交際していて、19日朝、佐藤容疑者が別れ話を持ち出したところ、口論になったという。
調べに対し、「別れ話をしていて口論になり殺そうと思って、手で首を絞めた」と供述しているとの事。

警察は、死亡したのは、この部屋に住む32歳の女性とみて、身元の確認を進めるとともにいきさつを詳しく調べています。

残忍殺人地帯の神奈川県川崎市で、またもや「ムカつき」殺人とも言える事件が起きた。いくら人が密集する工業地帯と言っても、決して他に自慢出来ない弱者殺害の温床としか言いようがない。
これが一般の会社勤務のサラリーマンだったら、とんだ会社の恥さらしになる所だった・・・。




posted by かえぴょん at 22:26| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

強姦致傷・監禁容疑で鹿島学園高校長を逮捕…懲戒解雇

自宅で知人女性に乱暴し、けがをさせたなどとして、茨城県鹿嶋市の私立鹿島学園高校の余湖三千雄校長(71)が県警に強姦(ごうかん)致傷と逮捕監禁の疑いで逮捕されていたことが3日、分かった。容疑を認めているという。 捜査関係者などによると、余湖容疑者は3月31日午後11時ごろ、自宅で成人の女性に乱暴して1カ月のけがをさせた上、女性が外に出ることを困難にして監禁した疑いが持たれている。2日、県警行方署に逮捕された。

余湖容疑者は大学受験予備校の早慶外語ゼミ(相模原市)の設立者として知られ、1998年12月に鹿島学園高の運営母体である学校法人鹿島学園の経営権を取得。理事長兼校長に就任した。


事件を受けて鹿島学園高校は2日緊急の理事会を開き、学校の名誉を傷つけたとして余湖理事長を懲戒解雇処分としました。
鹿島学園高校は全国高校サッカー選手権に7回出場するなど、サッカーの強豪校として知られています。
鹿島学園高校は3日記者会見を開き、杉本裕介事務局長が「理事長が犯罪行為を行ったことははなはだ遺憾であり、深くおわびします。このたびはご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんでした」と謝罪しました。


posted by かえぴょん at 01:19| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

狙われた夜のアルバイト帰りの女子大生

埼玉県警は16日未明に「女性を刺した」と埼玉県警狭山署に出頭してきた日本文化大学2年生・沼田雄介容疑者(20)=同市豊岡5丁目=を殺人の疑いで緊急逮捕した。

15日午後10時50分ごろ、埼玉県入間市豊岡1丁目の路上で女性が血を流して倒れていると、近隣住民が県警狭山署に届け出た。女性は、近くに住む私立大学3年生佐藤静香さん(21)で、まもなく死亡が確認された。県警は16日未明に「女性を刺した」と狭山署に出頭してきた私立大学2年生沼田雄介容疑者(20)=同市豊岡5丁目=を殺人の疑いで緊急逮捕し、発表した。

 捜査1課によると、沼田容疑者は15日午後10時15〜45分ごろ、佐藤さんの自宅近くの路上で、佐藤さんの胸など数カ所を刃物で刺し、殺害した疑いがある。捜査関係者によると、沼田容疑者は「コンビニから出てくる佐藤さんの後を付けた。殺すのは誰でもよかった」などと、容疑を認める供述をしているという。
現場は入間市役所から西に約100メートルの住宅街。現場付近で、凶器とみられるナイフが見つかった。沼田容疑者は、佐藤さんとは面識がなかったとみられ、同課で詳しい動機を調べている。


沼田雄介容疑者.jpg
犯人の沼田雄介容疑者は、やはり強暴犯罪者特有の一重瞼の男だった。


犯行はまたしても夜。
コンビニでアルバイトをしての帰り、時間は15日午後10時50分ごろ、埼玉県入間市豊岡1丁目の路上で女性が血を流して倒れていると、近隣住民が埼玉県警狭山署に届け出た。女性は、近くに住む私立大学3年生佐藤静香さん(21)で、その場で死亡が確認された。
人通りの全くない住宅街の小路で、自宅も直ぐ目前と言う事で無防備だった女子大生。
自分だけは大丈夫、と思って深夜のアルバイトの帰路についたのだろうが、タクシーが利用出来ない場合、夜の帰宅には是非「防刃ベスト」「防刃下着」など刃先を食い止める物を着てほしい!

BR-ケブラーパーカー ライトブルー(女性用)

価格:25,000円
(2014/10/16 18:30時点)




防刃ベスト 防刃チョッキ〔西陣YOROI〕345gと軽量【防犯ミラープレゼント中!】 文部科学大臣賞受賞 京都西陣織の最強防護服 セーフティーインナーベスト(白)SP-BD2【RCP】「通販のオファー」

価格:24,686円
(2014/10/16 18:32時点)










posted by かえぴょん at 18:05| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。