2017年10月31日

神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体…27歳白石隆浩容疑者を死体遺棄容疑で逮捕


神奈川県座間市アパート男女9人殺人死体損壊事件.jpg

東京都八王子市内に住む無職の女性(23)が、10月24日頃から行方不明になり、家族の届け出を受けて警視庁高尾署が捜査していた所、30日16時30分頃、神奈川県座間市緑ケ丘6丁目のアパートの一室の玄関で、ご遺体が入ったクーラーボックスが見つかった。ご遺体は切断され、2人の頭部が見つかった。
神奈川県座間市アパート男女9人殺人死体損壊事件2.jpg
神奈川県座間市アパート男女9人殺人死体損壊事件4.jpg

その後、警視庁捜査1課は31日、新たに7人の頭部を発見したと明らかにした。警視庁捜査1課は31日、このうち1人のご遺体を遺棄したとして、この部屋に住む職業不詳、白石隆浩(たかひろ)容疑者(27)を死体遺棄の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は今年8月22日頃から10月30日頃までの間、神奈川県座間市緑ケ丘6丁目のアパート自宅に、氏名・年齢・性別不明のご遺体の一部をクーラーボックスに入れるなどして遺棄したとしている。警視庁捜査1課は、警視庁高尾署に捜査本部を設置した。
神奈川県座間市アパート男女9人殺人死体損壊事件0.jpg

警視庁捜査1課によると、部屋には複数のクーラーボックスやコンテナボックスがあり、この中からは少なくとも9人の切断されたご遺体の頭部が見つかった事が分かりました。警視庁捜査1課は、このうちの1人は行方不明になっている東京都八王子市の23歳女性の可能性があると見て、身元の確認を進めている。女性は21日から家族と連絡が取れなくなり、24日に女性の兄が警視庁高尾署に届け出た。

神奈川県座間市アパート男女9人殺人死体損壊事件6.jpg
神奈川県座間市アパート男女9人殺人死体損壊事件3.jpg
警視庁高尾署などが女性の行方を捜していた所、女性とインターネットの『自殺サイト』で遣り取りをしていた白石隆浩容疑者が浮上。30日、白石隆浩容疑者の部屋でご遺体の一部を見つけた。女性は行方不明になる前、「自殺を一緒にしてくれる人を探している」と、ツイッターに書き込んでおり、白石隆浩容疑者と自殺サイトを通じて1度連絡を取っていた。

神奈川県座間市アパート男女9人殺人死体損壊事件5.jpg
神奈川県座間市アパート男女9人殺人死体損壊事件7.jpg
捜査関係者によると、白石隆浩容疑者は「浴室で遺体を解体し、ネコのトイレ用の砂を掛けた事で逮捕されましたが、これは私が殺害した遺体を証拠隠滅の意味で掛けた事に間違いありません」と、容疑を認めている。
その後の取材で、「首を絞めて殺した」と供述し、また、殺害した理由の1つとして、「金目的だった」とも供述していると言う事です。警視庁高尾署捜査本部は、9人のご遺体の身元確認を急ぐと共に、9人が死亡した経緯についても詳しく調べる。
捜査関係者によると、室内にあった8箱のクーラーボックスから9人分の頭部と大量の骨が見つかった。頭部の特徴からご遺体は女性8人と男性1人と見られるみと言う。白石隆浩容疑者は、頭部と骨以外の肉や内臓について「ゴミとして捨てた」と供述。浴室からノコギリが発見された。

神奈川県座間市アパート男女9人殺人死体損壊事件1.jpg
白石隆浩容疑者は、去年7月から9月にかけて、茨城県神栖市の風俗店に女性を紹介したとして、ことし2月に職業安定法違反の疑いで茨城県警に逮捕され、今年5月に水戸地方裁判所土浦支部で懲役1年2か月、執行猶予3年の判決を受けています。

白石隆浩容疑者と同じアパートに住む40代の男性会社員は、「(白石容疑者と)挨拶した事があるが、はきはきとした印象。8月頃から、部屋の前を通ると下水のような臭いがしていた。まさか、こんな事が起きるなんて…」と声を震わせた。
白石隆浩容疑者と同じ集積所にゴミを出している、近くに住む62歳の女性は「1〜2週間くらい前、いつものようにゴミを出した際に、生ゴミが腐った様な臭いとは違うこれまで感じた事が無いような臭いがして、手について洗った事がありました。もし犯人が出したゴミの臭いだったらと思うと、ゾッとします」と話していました。




posted by かえぴょん at 17:49| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

東京都豊島区の簡易宿泊所男性殺人事件


東京都豊島区簡易宿泊所男性殺人事件.jpg

26日08時20分頃、東京都豊島区駒込3丁目にあるサウナ付き簡易宿泊所「駒込ケンコーセンター」の3階仮眠室で、利用者の高齢男性が死亡しているのが見つかった。警視庁捜査1課によると、死亡したのは利用客で東京都足立区西新井の職業不詳・木村清己(きよみ)さん(71)で、27日、司法解剖の結果、木村清己さんは首を絞められて殺害された可能性が高い事が判明。死因は、頸部圧迫による窒息死の疑い。警視庁捜査1課は殺人事件と見て捜査を始めた。
東京都豊島区簡易宿泊所男性殺人事件1.jpg


東京都豊島区簡易宿泊所男性殺人事件2.jpg
警視庁捜査1課によると、木村清己さんは25日13時20分頃に宿泊施設を訪れており、26日朝、清掃のため仮眠室を訪れた清掃員が、声を掛けても反応が無かったため119番通報したと言う。木村清己さんは3階の休憩室で、ガウン姿で仰向けに倒れていた。警視庁捜査1課は施設内で何者かに殺害されたと見て調べている。
東京都豊島区簡易宿泊所男性殺人事件3.jpg





posted by かえぴょん at 01:05| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

【水戸女性遺体続報】水戸市ラブホテル女性遺体…別の傷害容疑逮捕の男関与か


水戸市ラブホテル女性暴行死事件.jpg
茨城県警土浦署は20日までに、傷害の疑いで住所不定の自称彫り師、斎藤信明容疑者(42)を逮捕した。斎藤信明容疑者は、茨城県水戸市谷田町のラブホテルで今月17日に住所、職業不詳の女性(49)がご遺体で見つかった事件で、「起きたら一緒に泊まっていた女性が死んでいた」と、119番通報後に姿を消した男と見て、茨城県警は死亡の経緯を調べる。
水戸市ラブホテル女性暴行死事件1.jpg

その後の司法解剖の結果、女性の肋骨が数本折れていたと発表。直接の死因は不詳だが、119番通報した際、男が「前夜に口論となり殴った」との趣旨を消防に話していた事も、捜査関係者への取材で判明。
茨城県警土浦署は、傷害致死事件の可能性もあると見ている。
また、捜査関係者によると、119番の際に同じ名前を名乗ったほか、ご遺体が見つかった部屋から斎藤信明容疑者と一致する指紋が採取されたと言う。
水戸市ラブホテル女性暴行死事件2.jpg
水戸市ラブホテル女性暴行死事件3.jpg

今回の逮捕容疑は、茨城県内を走行中の乗用車内で7月7日午後、元交際相手の福島県白河市の無職女性(31)の顔や胸を殴るなどして、ケガをさせた疑い。斎藤信明容疑者は、この傷害容疑で指名手配され、茨城県笠間市内で今月19日に逮捕された。茨城県警土浦署は、斎藤信明容疑者がラブホテルで女性が死亡した経緯についても知っている可能性があると見て調べる。




posted by かえぴょん at 19:28| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

茨城県水戸市のラブホテルで女性の変死体…通報者の男は逃走!事件か病死か?


茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件.jpg

17日朝08時25分頃、茨城県水戸市谷田町(やだちょう)840のラブホテルの宿泊客を名乗る男性から、「起きたら一緒に泊まっていた女性が死んでいた」と、119番通報があった。駆け付けた消防隊員が、ベッドで仰向けに横たわった女性のご遺体を発見したが、男性の姿は無かった。茨城県警水戸署は、事件や事故、病死の可能性があると見て、身元の確認や司法解剖で死因を調べる。
茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件1.jpg
茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件2.jpg

茨城県警水戸署によると、死亡していたのは住所、職業不詳の女性(49)と見られ、ガウンを着ており、両頬が紫に変色したアザがあった。室内には女性の物と見られる財布やスマートフォンが入ったバッグが残されていた。男性は現場から車で立ち去ったと見られ、茨城県警水戸署は、男性が何らかの事情を知っていると見て所在を捜査している。
茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件3.jpg
茨城県水戸市谷田町のラブホテル女性変死事件4.jpg





posted by かえぴょん at 23:36| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木県大田原市で病気の61歳妻殺害…末期がんの72歳夫を殺人容疑で逮捕


栃木県大田原市妻殺害事件.jpg

栃木県警大田原署は16日、自宅で病気の妻の首を刃物で刺して殺したとして、栃木県大田原市小滝(こだき)の無職・熊田正男容疑者(72)を殺人容疑で逮捕した。栃木県警大田原署によると、熊田正男容疑者は「間違いない」と、容疑を認め、病気の2人の将来を悲観したと言う趣旨の話をしていると言う。
逮捕容疑は、16日未明、自宅で妻の無職、熊田雅子さん(61)の首を鋭利な刃物で切り付けて殺害したとしている。
栃木県大田原市妻殺害事件1.jpg


栃木県大田原市妻殺害事件2.jpg
栃木県警大田原署と栃木県警捜査1課などによると、16日朝、熊田正男容疑者は、「妻を殺してしまった」と親類に電話し、話を聞いた別の親類の男性が夫婦宅を訪れ、血を流している熊田雅子さんを発見、16日08時00分頃に110番通報した。駆け付けた栃木県警大田原署員が血を流して倒れている雅子さんを発見した。熊田正男容疑者も現場に残っていた。
栃木県大田原市妻殺害事件3.jpg
栃木県大田原市妻殺害事件4.jpg

熊田正男容疑者は妻の熊田雅子さんと2人暮らし。熊田雅子さんは病気のため身体が不自由で、熊田正男容疑者が「要支援」状態の妻の世話をしていた。熊田正男容疑者も末期の大腸がんを患っており、栃木県警大田原署の調べに対し、「夫婦の行く末を案じた」と話し、そのために熊田雅子さんを刺したと言う趣旨の供述をしていると言う。
近くに住む60代女性は「(熊田容疑者は)4年ほど前に大腸がんで手術していた。今年は田んぼをやめて、最近2人を見ていなかった」と話した。




posted by かえぴょん at 22:50| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする