2017年12月08日

【戦慄呪い神】東京都江東区の富岡八幡宮3人惨殺事件、姉弟骨肉の争い…被疑者自殺


東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件0.jpg

7日20時35分頃、東京都江東区富岡1丁目の富岡八幡宮付近で「女が刀を持って暴れている」と、通行人から110番通報があった。警視庁によると、富岡八幡宮敷地内や近くの路上などで男女4人が頭や腹から血を流すなどして倒れており、病院へ救急搬送されましたが、3人の死亡が確認された。他に男性1人が重傷と言う。
警視庁捜査1課などによると、死亡したのは宮司の富岡長子(ながこ)さん(58)と富岡長子さんの弟で元宮司の富岡茂永(しげなが)容疑者(56)、それに富岡茂永容疑者の妻(30代)が襲ったと見られ、重傷は富岡長子さんの運転手の男性(33)で、右腕などを切られ重傷だが命に別条は無いと言う。
現場には、サバイバルナイフや日本刀などが残されており、血が付着していたと言う。富岡茂永容疑者と富岡茂永容疑者の妻が、富岡長子さんらを襲った後、富岡茂永容疑者が妻を刺し、富岡茂永容疑者も自殺を図った可能性があると言う。
東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件2.jpg
東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件3.jpg
警視庁捜査1課によると、7日20時25分頃、東京都江東区富岡1丁目の富岡八幡宮の敷地内にある富岡長子さんの自宅近くに、富岡長子さんの車が停車した所、付近の建物の陰から富岡茂永(しげなが)容疑者と富岡茂永容疑者の妻と見られる女が飛び出して来たと言う。
周辺の防犯カメラには、車から降りた富岡長子さんを弟の富岡茂永(しげなが)容疑者が日本刀で襲い切りつけ、富岡長子さんの首や胸を日本刀で刺し、妻と見られる女が短い刃物で、逃げ出した運転手の男性(33)を約100メートル追いかけて、別の日本刀で切りつける様子が写っていた。
東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件4.jpg
東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件5.jpg

犯行後、富岡茂永容疑者が妻と見られる女の胸や腹を日本刀で刺し、その後、自分の心臓付近を複数回刺して自殺を図ったと見られる。
富岡長子さんは地元警察との会合から帰宅した所だった。

東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件1.jpg

富岡長子さんは胸などを刺され、富岡茂永容疑者も左胸3カ所に刺し傷があった。妻と見られる女も胸や腹などを刺されていた。
富岡長子さんが襲われた場所には、真ん中から折れた刀が落ちていた。富岡茂永容疑者が自殺したと見られる現場にも、別の短い日本刀とサバイバルナイフ2本があった。警視庁捜査1課は、富岡茂永容疑者と妻と見られる女が計画的に富岡長子さんを襲ったと見ている。

東京都富岡八幡宮宮司惨殺事件6.jpg
捜査関係者によると、富岡茂永容疑者は2001年に宮司を解任され、富岡長子さんは2002年、警視庁に「宮司の地位を巡る親族間のトラブルがある」と、相談していた。富岡茂永容疑者は2006年1月、富岡長子さんを脅すような内容のハガキ2枚を送りつけたとして、脅迫容疑で逮捕、起訴されていた。警視庁捜査1課は直近にも富岡長子さんと富岡茂永容疑者の間に何らかのトラブルがあり、殺傷事件に発展した可能性があると見て、富岡茂永容疑者らを被疑者死亡のまま殺人容疑などで書類送検する方針。

富岡八幡宮宮司惨殺事件.jpg
現場は、地下鉄門前仲町駅から東に約300メートル。富岡八幡宮は、江戸初期の創建で、将軍家の保護を受け、「深川の八幡さま」として信仰を集めて来た。江戸三大祭りの一つ、「深川八幡祭り」で知られる。
江戸勧進(かんじん)相撲の発祥の地として「横綱力士碑」など、相撲関連の石碑が境内に立つ。
富岡八幡宮を巡っては今年5月に、神社本庁(宗教法人)からの離脱を決めた事が話題になった。神社の代理人弁護士は当時の取材に、宮司の人事を具申(ぐしん=上役に意見等を詳しく申し述べる事)しても神社本庁から発令が無い、などと説明していた。






由緒あるとか、歴史があるとかも、こんなドロドロ惨劇の神社なんて、
なんと縁起悪い! おぞましい怨霊・死霊に取り憑かれそうだ‥‥‥ゾぉ!!


posted by かえぴょん at 16:28| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

神奈川県葉山町で自宅放火の50歳女、義理の母親殺害容疑で再逮捕


山田幸美アナウンサーのニュース・神奈川県葉山町義母撲殺事件.jpg

2016年3月、神奈川県葉山町木古庭(きこば)の自宅に放火し、火災保険金を騙し取ろうとしたとして、2017年11月に逮捕・起訴されていた女が、2016年2月に義理の母親を殺害したとして殺人の疑いで再逮捕された。
再逮捕されたのは、埼玉県川口市西川口の介護士・石川玉華(ようか)容疑者(50)で、石川玉華容疑者は2016年2月9日、神奈川県三浦郡葉山町木古庭の自宅から1.5キロメートル離れた山道で、当時、同居していた義理の母親・石川タキさん(当時81)の頭を鈍器の様な物で殴るなどの暴行を加え、殺害した疑いが持たれている。石川玉華(ようか)容疑者は、「自分には関係ありません」と容疑を否認しています。
神奈川県葉山町義母撲殺事件で石川玉華を逮捕1.jpg
神奈川県葉山町義母撲殺事件で石川玉華を逮捕2.jpg
神奈川県葉山町義母撲殺事件で石川玉華を逮捕3.jpg

近所の人は「嫁に殺される、殺されるって、おばあちゃんが言っていて」、「いろんな物を詰めて、捨てていた。おばあさんが使っていた物を」などと話した。
神奈川県警捜査1課は、嫁姑(よめしゅうと=仲の悪い間柄の例え)のトラブルがあったと見て、殺害に至った経緯を詳しく調べている。
神奈川県葉山町義母撲殺事件で石川玉華を逮捕4.jpg
2017年11月10日現住建造物等放火と詐欺未遂などの疑いで逮捕されたのは、無職の石川栄さん(84)の次男夫婦ら男女4人です。
石川栄さんの妻・石川タキさんは火災の1カ月前、自宅近くの山中で何者かに頭を殴られて死亡しているのが見つかっており、神奈川県警捜査1課が関連を調べていた。
逮捕されたのは、石川栄さんの次男で大工の石川孝容疑者(59)、石川孝容疑者の妻の石川玉華(ようか)容疑者(50)、石川玉華容疑者の息子で無職、石川峰男容疑者(27)ら男女4人。
捜査関係者によると、石川栄さん方は当時、石川玉華容疑者らと同居。出火当時、家には誰もおらず神奈川県警捜査1課が不審火として捜査していた。




posted by かえぴょん at 20:10| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茨城県坂東市で出産直後の赤ちゃん遺体、畑に埋める…死体遺棄容疑で男女を逮捕

生後間もない赤ちゃんのご遺体を茨城県坂東市内の畑に埋め遺棄したとして、栃木県警小山署は33歳の母親と、当時交際していた42歳の男を逮捕しました。
死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、茨城県坂東市の無職、石塚洋二容疑者(42)と、交際相手の栃木県野木町の飲食店従業員、塚田留菜容疑者(33)です。
茨城県坂東市乳児殺人死体遺棄事件1.jpg
茨城県坂東市乳児殺人死体遺棄事件2.jpg

栃木県警小山署などによりますと、石塚洋二容疑者と塚田留菜容疑者は2016年8月、2人の子供と見られる生後間もない赤ちゃんのご遺体を、茨城県坂東市内にある石塚洋二容疑者の自宅の畑に埋めて遺棄した疑いが持たれています。
12月5日未明、石塚洋二容疑者が栃木県警小山署に「子供を殺してしまった」と、自首して来たため、警察官らが畑を調べた所、供述通りの場所から白骨化した赤ちゃんのご遺体が見つかったと言う事です。
石塚洋二容疑者と塚田留菜容疑者は当時(昨年)、交際中で、赤ちゃんは出産後、間もなく遺棄されたと見られると言う事です。
茨城県坂東市乳児殺人死体遺棄事件3.jpg
栃木県警小山署の調べに対し石塚洋二容疑者は、「生活に困窮していて埋めるしかなかった」と言い、塚田留菜容疑者は「埋める事に同意した事は間違いありません」と供述し、いずれも容疑を認めていると言う事です。
栃木県警小山署は、赤ちゃんが死亡した経緯についても詳しく調べる事にしている。
茨城県坂東市乳児殺人死体遺棄事件4.jpg





posted by かえぴょん at 19:11| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

茨城県潮来市の山林で白骨化した身元不明遺体見つかる、事件と事故で捜査

12月1日、茨城県潮来市川尾の山林で白骨化した1人の遺体が見つかりました。茨城県警が事件と事故の両面で調べています。
1日14時00分頃、茨城県潮来市川尾の山林で「頭蓋骨のようなものが落ちている」と、近くで立木の調査をしていた男性(66)から110番通報がありました。
茨城県潮来市川尾で白骨遺体.jpg
茨城県潮来市川尾で白骨遺体1.jpg

茨城県警が調べた所、人の頭蓋骨が見つかったほか、2日までの捜索で、直ぐ近くの場所から肋骨や大腿骨などの骨が見つかったと言う事です。性別や年齢、身長などは、判かっていません。
この現場の近くでは黒色のリュックサックと、サイズが26.5センチメートルの運動靴も見つかりましたが、身元に繋がる情報は無かったと言う事です。
茨城県潮来市川尾で白骨遺体2.jpg
茨城県潮来市川尾で白骨遺体3.jpg
見つかった頭蓋骨とその他の骨は、ほぼ人1人分と見られ、茨城県警は事件と事故の両面で調べ、近く司法解剖を行う予定です。
現場の山林は、団地とゴルフ場・潮来カントリー倶楽部のある場所に点在する山林で、海からも近い場所。





posted by かえぴょん at 16:09| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

茨城県笠間市の住宅に92歳女性の遺体放置の疑いで58歳息子を逮捕

11月29日、茨城県笠間市押辺(おしのべ)の住宅で、この家に住む92歳の女性が死亡しているのが見つかり、茨城県警は、同居する58歳の息子がご遺体を放置していたとして逮捕しました。女性に目立った外傷は無く、茨城県警は死亡した詳しい経緯を調べています。
茨城県笠間市で92歳母親の死体遺棄.jpg


茨城県笠間市で92歳母親の死体遺棄1.jpg
遺体放置の疑いで逮捕されたのは、茨城県笠間市押辺の無職、飯田茂容疑者(58)で、茨城県警によりますと、自宅の寝室に母親の飯田きみいさん(92)のご遺体を放置していた疑いが持たれています。
11月29日昼頃、飯田茂容疑者が自ら警察に通報し、駆けつけた茨城県警の警察官が、寝室のベッドの上で飯田きみいさんが横たわって死亡しているのを見つけたと言う事です。
茨城県笠間市で92歳母親の死体遺棄2.jpg
茨城県笠間市で92歳母親の死体遺棄3.jpg

飯田茂容疑者は、調べに対し、容疑を認めていると言う事です。
これまでの茨城県警の調べで、飯田きみいさんには目立った外傷は無く、死亡してから数日が経過していると見られ、茨城県警は死亡した経緯や死因、放置した理由などを詳しく調べています。




posted by かえぴょん at 23:59| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする