2018年01月01日

【戦々恐々】児童ポルノ7200人購入名簿押収…検事や警官ら、既に200人を書類送検

2017年5月に警視庁が摘発した児童ポルノ販売サイトの関係先から、約7200人分の購入者リストが押収されていた事が捜査関係者への取材で分かった。
検事や警察官、医師、地方議員、人気漫画家らの名前があり、警視庁などは客のうち約200人を『児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)』容疑で書類送検した。2018年以降も容疑が固まった客を順次、書類送検する方針だ。
18歳未満の児童ポルノは、所持・保管する「単純所持」も禁止され、1年以下の懲役または100万円以下の罰金。2016年の1年間の摘発件数は56件で、今回の事件は、単純所持が禁止された2015年7月以降、最大規模となる。

平成27年児童ポルノ禁止法 施行.jpg


愛知県警は2017年12月13日までに、裸の女児の写真集を所持したとして、『児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)』の容疑で、佐賀県の教員や神奈川県の会社員ら6都府県の34〜58歳の男8人を書類送検した。
8人の送検容疑は昨年2〜9月、自分の性的好奇心を満たすため、裸の女児の写真集をそれぞれ1〜5冊所持した疑い。
愛知県警は、8人の自宅などから児童ポルノと見られる写真集や雑誌等計約1760冊やDVD計約2700枚などを押収した。いずれも容疑を認め「持っているだけなら、バレないと思った」などと話していると言う。
8人は愛知県警が9月に、『児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ提供)』の疑いで逮捕した愛媛県と東京都の男2人(公判中)からインターネットオークションで、1冊2千〜3万数千円で購入していたと言う。購入履歴から8人が浮上した。『児童買春・ポルノ禁止法』が児童ポルノの単純所持に対する罰則を盛り込んだ改正法は平成27年(2015年)7月に適用が始まった。




posted by かえぴょん at 17:09| Comment(0) | 蔓延するWeb的自己中心悪業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

【讒言】西田敏行さんをネットで中傷拡散、偽計業務妨害容疑で男女3人を書類送検

俳優の西田敏行さん(69)を誹謗中傷する虚偽記事をインターネットのブログなどに載せ拡散し、所属事務所の業務を妨害したとして、警視庁赤坂署は5日、偽計業務妨害容疑で、中部地方に住む40代の女ら男女3人を書類送検した。事務所や捜査関係者への取材で分かった。
西田敏行名誉棄損で3人逮捕.jpg
西田敏行名誉棄損で3人逮捕0.jpg

このうち中部地方に住む40代の女性の書類送検容疑は、昨年5月頃、ネット掲示板や雑誌などから、西田敏行さんが「違法薬物を使い、日常的に暴力をふるっている」などと言う内容の記事を“まとめ”て自身のブログに転載して広く周知し、昨年7〜9月、所属事務所の業務を妨害したとしている。
警視庁赤坂署は、実際には薬物などの使用の事実は無く、書き込みは虚偽の内容だと判断した。
女は、「人の興味を引くような記事を掲載して閲覧数を伸ばし、広告収入を増やしたかった」などと話していると言う。警視庁赤坂署は同様の目的で、自らが管理するウェブサイトなどに中傷記事を転載したとして、別の60代の男と40代の男の2人も偽計業務妨害容疑で書類送検した。
西田敏行名誉棄損で3人逮捕1.jpg
西田敏行名誉棄損で3人逮捕2.jpg

西田敏行さんの事務所は昨年8月に、警視庁赤坂署に被害届を提出。事務所のホームページに「書き込みは全くの事実無根。刑事、民事の責任追及を進める」などとする告知文を掲示していた。
《引用:産経新聞 2017年07月06日 02時04分》

  *讒言…「読み」ザンゲン、他人を陥れる為に事実を曲げたり有りもしない事を作り上げたりして告げ口をする事。





posted by かえぴょん at 15:49| Comment(0) | 蔓延するWeb的自己中心悪業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

【滑稽嘲笑】高1少女を承諾殺人で送致…福岡県苅田町の高校1年男子殺人事件

承諾殺人罪……被殺者(相手方)の嘱託を受け(自由かつ真実な意思に基づく)若しくは承諾を得てこれを殺害する事によって成立する犯罪(嘱託殺人罪,承諾殺人罪)を定める(刑法第202条後段)。刑は6ヵ月以上7年以下の懲役または禁錮に処する。
殺人罪……人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する(刑法第199条)。
殺人未遂罪……第199条及び前条の罪の未遂は、罰する(刑法第203条)。死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。


福岡県苅田町少年刺殺で少女殺人容疑で逮捕.jpg

2017年3月1日、福岡県京都郡(みやこぐん)苅田町(かんだまち)で、高校1年の竹本知矢(ともや)さん(当時16)がサバイバルナイフで刺され、その後死亡した事件で、福岡地方検察庁小倉支部は26日、殺人未遂容疑で逮捕された交際相手の高校1年の少女(17=当時16)を、『承諾殺人』の非行内容で福岡家庭裁判所小倉支部に送致した。
少女は3月17日から鑑定留置されていた。
福岡地方検察庁小倉支部は、犯行当時の刑事責任能力を問えると判断したが、殺害について男子生徒の同意があったと認定。殺人よりも刑が軽い承諾殺人とした。
福岡県苅田町少年刺殺で少女殺人容疑で逮捕1.jpg

福岡家庭裁判所小倉支部は、少年法に基づき、検察官送致(逆送)や少年院送致といった処分を決定する。福岡地方検察庁小倉支部は、鑑定留置を実施していたが、刑事責任能力を問えると判断した。
認否や承諾の状況、処分に関する意見を付けたかは明らかにしていない。
少女は、福岡県京都郡苅田町(かんだまち)の自宅で、交際していた男子生徒の胸付近を刃物で刺して殺害しようとしたとして、現行犯逮捕された。男子生徒は意識不明の重体になり、27日後に病院で死亡した。
事件当時、自宅には女子生徒の家族や友人ら計7人が居た。





頼まれて、懇願されて相手を殺しても、場合によっては執行猶予が付く。
一体、刃物で人を刺して殺す・・・と言う事をどうやって知った? 誰に教わった? いつ体得した?
それは決して、してはいけない事だと教わらなかったのか!? 
殺す事だけを覚え、誰構わず、頼まれれば殺すのか? 頼まれればこれから先もずぅーっと殺し続けるのか!?


近い将来、野に放たれる――
こうして街中に人殺し経験者が溢れて行くのだろう――
それが次の少年・少女たちの殺人を誘発して行く――





posted by かえぴょん at 16:43| Comment(0) | 蔓延するWeb的自己中心悪業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

長澤まさみら女性芸能人のFBに不正アクセス、長崎県の29歳会社員に有罪判決

芸能人のフェイスブック(FB)などに不正にアクセスして、個人情報を盗み見たとして、不正アクセス禁止法違反の罪に問われた、長崎県大村市の会社員・金子大地被告(29)の判決が3日、東京地方裁判所であった。
長澤まさみFB不正アクセス犯の金子大地に有罪.jpg
長澤まさみFB不正アクセス犯の金子大地に有罪2.jpg

平手健太郎裁判官は、「コンピューターネットワークに対する社会的信頼を大きく害する悪質な犯行だ」として、懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)を言い渡した。
判決などによると、金子大地被告は2014年8月〜2015年11月、芸能人ら7人のFBなどに238回にわたって不正にアクセスした。女優の長澤まさみさんや武井咲さん、北川景子さん、タレントの紗栄子さんらが被害に遭った。

長澤まさみFB不正アクセス犯の金子大地に有罪1.jpg
判決は、「不正アクセスに成功して達成感を得たいとの考えや、好みの芸能人のプライベートを覗き見たいなどと考えての犯行で、動機に酌量の余地はない」と非難した。一方で、「被告が覗き見た情報を流出させておらず、反省もしている」として、執行猶予が相当だとした。
初公判で金子大地被告は、起訴内容を認め、FBやアップルのデータ共有サービス「iCloud(アイクラウド)」などにアクセスし、IDと生年月日などから類推したパスワードを入力して閲覧する事で、芸能人の非公開の写真や連絡先のデータを盗み見し、自分のパソコンに保存したり、パスワードを変更したりしたと述べた。



posted by かえぴょん at 13:58| Comment(0) | 蔓延するWeb的自己中心悪業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

東京高裁…グーグル検索で逮捕歴の削除認めず「社会的関心事の知る権利侵害」


東京高裁が逮捕歴削除認めず_グーグル勝利.jpg

検索サイト「グーグル」で名前などを検索すると、過去の記事などで逮捕歴が分かるとして、男性が検索結果の削除を求めた仮処分申し立ての保全抗告審で、東京高等裁判所の杉原則彦裁判長は12日、「忘れられる権利」を認めてグーグルに削除を命じた昨年12月の、さいたま地方裁判所の決定を取り消しました。

東京高裁が逮捕歴削除認めず_グーグル勝利1.jpg
東京高裁が逮捕歴削除認めず_グーグル勝利2.jpg
12日の決定で、東京高等裁判所の杉原則彦裁判長は、「社会的な関心が高い児童買春は、5年程度が経過していても公共の利害に関わるもので、検索結果の削除は多くの人たちの表現の自由や知る権利を侵害することになる」として、さいたま地裁の決定を取り消し、男性の申し立てを退けました。
一方、「忘れられる権利」については、「法律で定められたものではなく、要件や効果が明確でない上、実体はプライバシー権などに基づく申し立てと変わらず、独立して判断する必要はない」と指摘しました。

東京高等裁判所の決定について、グーグルは「人々の知る権利と情報へのアクセスを尊重した判断だと考えている」、と言うコメントを出しました。

東京高裁が逮捕歴削除認めず_グーグル勝利3.jpg
決定などによると、男性は約5年前に女子高生に金を払って猥褻な行為をしたとして逮捕され、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪で、罰金50万円の略式命令を受けた。検索すると当時の実名入りの記事を転載した掲示板などが表示されるのは「更生を妨げられない権利」を侵害しているとして、昨年、さいたま地方裁判所に削除の仮処分を申し立てていた。
去年12月、さいたま地方裁判所は「犯罪の性質にもよるが、ある程度期間が経過したあとは、社会から『忘れられる権利』を有する」として削除を命じ、グーグルが抗告していた。


そもそも「児童買春・児童ポルノ禁止法違反」の罪が罰金刑とは、スピード違反や交通事故じゃないんだから、確信犯なのは明らかな行為が、罰金だけだった事から削除を求めたのかもしれないが、本来なら執行猶予付きの判決でもおかしくないが、相手が女子高生と言う未成年である為、略式命令に留めたのだろう。
それを罪が軽く罰金刑だから・・・と言うのは、いささか反省の色が見えないのでは・・・。




posted by かえぴょん at 16:37| Comment(0) | 蔓延するWeb的自己中心悪業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする