2017年01月14日

坂口杏里AV第2作「芸能人ANRI By KING(Bカード付)」が予約開始

AV女優に転身したANRIこと坂口杏里(25)の注目!第2作目「芸能人ANRI By KING」が、今度はMOODYZより2月14日に発売される。
これはANRIが、「これからMOODYZさんにお世話になります! 所属事務所もこうかい(公開)していいのかな? 皆さん、実はずっと2作目の事隠しててごめんなさい、、」(原文ママ)とツイッターで呟いた。
AVメーカー「MOODYZ」の公式ツイッターも、「遂に遂に!情報解禁!!!!!! あの!ANRIちゃんがMOODYZに!!! 応援よろしくお願いします」と、呟いた。




また、AVデビュー作でDMM. R18ランキング2016年下半期1位に輝いた「芸能人ANRI What a day!!」Blu-ray版 & DVD版が2017年01月24日からレンタル開始!!
はてさて2作目の"どじょう"はMOODYZで再び捕まえられるのでしょうか…?





posted by かえぴょん at 00:43| Comment(0) | ザックリと興味津々芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

坂口杏里AVデビュー作「芸能人ANRI What a day!!」が予約開始

女優、故・坂口良子さん(享年57)の長女でタレントの坂口杏里さん(25)が、アダルトビデオ(AV)にデビューすると漏れ伝わった9月6日以降、芸能界の外野席から好き勝手なコメントが湧き出る様に、ただ呆れるばかりだった‥‥。25歳の大人の女性が、苦慮の果てに決断した事に、イチャモン付ける程、AV女優としての道は芸能人として恥ずべき事なのか?

しかも報道された時には既に、撮影は終了していたようだし、発売日も決まっていた。
そしていよいよ、「芸能人専門」が売りのAVメーカー「MUTEKI」から10月1日、DVDとBlu-rayが発売になる。収録時間は共に170分なので、本人へのインタビュー部分が長いと思われるが、ソフトAVと謳っている事もあり、パッケージもシンプル。



毎度の事ながら、パッケージ写真は別人のようになっていますが、中身は普通に、これまで見慣れている坂口杏里さんでしょう…

周囲からは「ホストクラブに通っていた時期もあって、金銭的に苦しかったのでは」との声も上がっている、と報じられていますから、このAVがヒットすれば少し、精神的に落ち着くかもしれませんので、AVを続ける続けないは本人次第ですが、前へ進む為のきっかけになってくれる事を願います。






posted by かえぴょん at 18:00| Comment(0) | ザックリと興味津々芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

元AV女優の紅音ほたるさんが急逝、成人重症喘息の突然発作による窒息死か

元AV女優の紅音(あかね・別名義:秋月杏奈)ほたる(本名・藤本志穂)さんが、2016年8月15日に急死していた事が分かった。享年32歳。事務所社長で、同棲中の交際相手の輸入製造業「メイドバイジャパン」の原敏史社長が29日、自身のフェイスブックで明かした。葬儀・告別式は近親者で済ませたと言う。
原敏史社長が帰宅すると、紅音ほたるさんが床に倒れており、既に亡くなっていたと言う。「喘息の急性発作による窒息死と予想されます」としている。10月8日に東京都渋谷区のクラブで追悼イベントを行うと言う。



直接の死因は分かっていないが、紅音ほたるさんは喘息を患っており、最近悪化していたと言う。
原敏史社長のフェイスブックによると、紅音ほたるさんは最近、朝になると酷く咳き込んでいる事が多かったそうだ。その為、喘息の急性発作が原因で亡くなったのではないかと推測している。

紅音ほたるさん自身、2015年10月4日付のブログで、「下戸(酒が飲めない人)のくせに4年前まで凄い飲んでいたら人間ドッグで引っ掛かり、飲酒ドクターストップなり」、それでも急に止められずに、誤魔化しながら飲み続けていた所、喘息が悪化したと明かしていた。
紅音ほたるさんが喘息を発症したのは成人してからだと、事務所社長だった原敏史社長のフェイスブックに書かれていた。

喘息患者は日本では、全人口1億2,700万人のうち8%、約1,000万人が罹患していると推定されている。
喘息患者の多くは、既存の治療薬を適切に使用している場合、症状を十分にコントロールする事が出来ますが、喘息患者のうち5%以下が重症喘息であり、年間1550人程度(2014年)が重症化し、既存の治療法では症状を十分にコントロールする事が出来ずに死亡しています。
2000年には死亡者が4000人を越えていたので、この間、治療薬の進歩で減少傾向にありますが、それでも尚、「難治性重症喘息」患者では選択肢が狭められています。


重症気管支喘息.jpg
喘息の治療には4段階のステップがあり、いずれの症状でも「吸入ステロイド薬」が基本となる。成人の重症患者では、ロイコトリエン受容体拮抗薬、テオフィリン徐放製剤、経口ステロイド薬、抗IgE抗体(ゾレア)、抗アレルギー薬、吸入β2刺激薬(短時間作用型)の同時服用が推奨されている。
しかしそれでも大発作が起こると、チアノーゼ、意識障害、呼吸停止を認める場合は重篤症状となり、直ちに入院や集中治療を要する。


2012年11月30日に登場した、ヒト化抗ヒトIgEモノクローナル抗体「ゾレアR」によって重症喘息患者の死亡者が約半数にまで減少しましたが、それでも尚且つ、重症喘息患者でコントロール不良となる重症持続型喘息患者の救済薬が求められていました。
そして2016年3月28日、ようやく「既存治療によっても喘息症状をコントロールできない難治患者に限る」気管支喘息治療薬・抗インターロイキン-5抗体薬「ヌーカラR皮下注用100mg」が承認、発売を開始した。本剤は、1回100mgを4週間ごとに皮下に注射する重症気管支喘息治療薬である。
重症気管支喘息治療薬ヌーカラ皮下注用.jpg

一人でも多くの喘息患者を救うべく、日々研究・開発が続けられ、それまでコントロール不良だった症状が、新規治療薬によってコントロール可能になって来ている。



紅音ほたるさんがこの新薬の事を知っていたのか…? 或いは積極的に治療をしていたのか…定かではないが、タバコを吸っちゃいけないのに、吸い続けていたと言うし、ガールズバーで、ポールダンサー兼ポールダンスショーのプロデューサーをしていたと言う事から、お酒も止められなかったようだ。
第一発見者にもなった原敏史社長は、「彼女は大人になって喘息を患ったけど、病院で検査を受けても結果を聞きに行かなかった。薬も吸入器も処方してもらわなかった」と言い「女性には強めのマールボロの(アイス)ブラストを1日1箱は必ず吸っていた」と、明かした。

東スポの取材に、原敏史社長は紅音ほたるさんに、喘息を治療して欲しいと懇願したと言うが、「性格的に破天荒な所もありましたから。タバコを吸っちゃいけないのに、吸い続けて。ワイルドに逝ってしまったのかな…」と、目に涙を浮かべた。

1983年10月25日生まれ。大阪府出身、身長157cm、B83-W58-H83の極上スレンダーボディーを誇る。2004年にデビュー。多くのメーカーと1本単位で契約を結ぶ「企画単体女優」、通称「キカタン女優」として大人気を博す。2008年の引退後はタレントに転向。性教育の啓発活動なども行っていた。
近年はうつ病を患い、自殺を図った事もあったが、クラブDJやポールダンサーとして活躍し、徐々に回復していたと言う。
しかし喘息の有効な治療をしていなかった事から、いつ発作が起こり死に至ってもいいと言う、覚悟をしていたのかもしれない‥‥。




あの時の君に会いたい。 秋月杏奈 6時間(2枚組)
あの時の君に会いたい。
秋月杏奈 6時間(2枚組)
初パイパン・丸見え潮吹き 紅音ほたる
初パイパン・丸見え潮吹き 紅音ほたる
潮吹き43連発 日本記録樹立!!紅音ほたる
潮吹き43連発 日本記録樹立!!
紅音ほたる
拘束イカせ潮吹きトランス 紅音ほたる

拘束イカせ潮吹きトランス
紅音ほたる
潮吹きクィーン 紅音ほたる16時間

潮吹きクィーン 紅音ほたる16時間
ダブルシャワー 女のザーメン
Wシャワー 女のザーメン







posted by かえぴょん at 20:51| Comment(0) | ザックリと興味津々芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

元アイドリング!!!17号三宅ひとみが芸能界引退「活動にピリオド」

元アイドリング!!!のメンバーでタレントの三宅ひとみ(23)が3月31日、自身のブログを更新し、この日を持って芸能界から引退する事を発表した。そして4月1日午前0時をもって個人の公式ブログが削除された───。

三宅ひとみ芸能界引退


3月31日最後のブログ更新は、 「ご報告」 と題したエントリーで「この度、2016年3月31日で8年間お世話になったビスケット・エンターテイメントを離れ、芸能活動にピリオドを打つ決断を致しました」 と報告。突然の発表となり「応援して下さっているファンの皆様を驚かせてしまい大変申し訳ありません」 と謝罪した。
引退理由について、「15歳からこの世界に飛び込み、8年間何よりも優先してきましたが、これからはひとりの女性としての人生を歩みたいと思い、自分勝手で申し訳ないのですが、沢山考えてこのような決断を致しました」 と説明した。
続けて、「どこにでもいる普通の中学生だった私に突然訪れたチャンスから8年間、ただただ前を向いて突っ走って参りました」とこれまでを振り返り、「時間はかかったけど、沢山の素敵なご縁から色々な方に支えて頂き、8年前の夢は全て叶えることができ、長かったような…短かったような…この8年間は私の人生の中でとっても大切な財産です」と充実感をにじませる。
最後は、「これまで三宅ひとみを支えて頂き、温かく見守ってくださった皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に本当にありがとうございました」と締め括った。

三宅ひとみは2008年4月に2期生としてアイドリング!!!に加入し、15年10月の“全員卒業”時まで所属。ソロ活動では、女優としてドラマ『GTO』(11年)や『明日、ママがいない』(14年)などに出演、女性ファッション誌『MORE』の美容モデルとしても活動していた。
尚、三宅ひとみが所属していたアイドリング!!!の公式ホームページは予てより公告していた通り、公式YouTubeチャンネル、Facebookページも、3月31日をもって閉鎖された。

 引用記事とは全く関係ありません。あしからず。
元「アイドリング!!!」の三宅ひとみ(23)が3月31日、芸能活動の引退を発表した。自身のブログで「8年間お世話になったビスケット・エンターテイメントを離れ、芸能活動にピリオドを打つ決断を致しました」と、突然の引退を報告した。
三宅ひとみは、「15歳からこの世界に飛び込み、8年間何よりも優先して来ましたが、これからは1人の女性としての人生を歩みたいと思い、自分勝手で申し訳ないのですが、沢山考えてこのような決断を致しました」と、ファンにいきなりの報告で驚かせた事を謝罪した。
三宅ひとみは、アイドリング!!!2期生として2008年4月にグループに加入。2010年1月にはAKBの柏木由紀らと共に「ワタナベガールズ」を結成。2015年10月に7年半所属したアイドリング!!!を卒業していた。

■ 三宅ひとみ/ 本名:三宅仁美, 155cm/43kg, B81-W63-H85, A型, 東京都立川市出身。日出高等学校卒。納豆とカレー粉が大嫌いで番組内で大泣きした事がある。"ひっくり返し柔道"では全く腕力が無く、あっちへゴロンこっちへゴロンと自ら転がり大爆笑された。他人を押しのけて前へ出るタイプではないので、最後の大相撲では対戦する前から悔し涙を流した。但し、筋の通らない事は大嫌いで、後輩からはビビらてしまっていたが・・・。

【橋本楓のblogより】
ひぃちゃん♡

ひぃちゃんの芸能界引退が発表されました。。。
私は少し前から聞いていたけど、やっぱり
とっても寂しいです😢😢😢
ひぃちゃんは、アイドリング!!!の中で
唯一の同じ事務所の先輩で、いつも
一番近くで一番色々と教えて下さいました。

三宅ひとみand橋本楓


少しの変化にも
すぐ気付いてくれたり
自分の事だけじゃなく
人の事をすごく考えてくれてて
その子の為を思って
ちゃんと注意してくれたり
その分、頑張ったときも
見てくれていていっぱい
褒めてくれたり、、、
尊敬するところが、沢山ある
本当に本当に自慢の先輩です!!!

ひぃちゃんの背中をみて
沢山学んできたし
ひぃちゃんがいて下さって
本当に心強かった!!!

これからも着いて行きたかったし
ひぃちゃんがいなくて
不安な気持ちもあるけど
次は楓が、ひぃちゃんみたいに
なれるように頑張らなきゃと思います!
でもこれからも何かあった時は
いっぱい頼らせてもらって
お世話になろーっと( ´ ▽ ` )ノ
勝手に!笑

これからも大好きな先輩♡
8年間お疲れ様でしたっ!!!!

かえで🌟







posted by かえぴょん at 17:09| Comment(0) | ザックリと興味津々芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

ベッキー“川谷絵音との不倫略奪愛報道”で芸能界卒業の危機


ベッキーがテレビで見せていた顔は、エロい話や下ネタになると途端に笑顔が消え不機嫌そうな顔をする。恋愛に奥手だと言い、決して自分の恋愛経験を口にする事なく、清廉潔白を装っていたが、その顔とは裏腹にとんでもない非常識、不道徳、且つ低劣で人目を忍ぶ禁断の関係で溢れていたようだ。


東スポWebより⇒⇒1月7日発売の「週刊文春」が、昨年末のNHK紅白歌合戦に初出場した「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との“不倫略奪疑惑”を報じたのだ。この発売に先立ちベッキーは大慌てで6日、緊急会見。川谷絵音もコメントを発表し、揃って「友人関係」と釈明したが、「週刊文春」にはホテルでのツーショット写真や、2人のLINEのやりとりも掲載されており、「友達」で片付けるのは厳しい。
 “スキャンダル処女”として好感度も高かったベッキーだけに、レギュラー番組やCMに影響が出ることは確実。
『初スキャンダルが致命傷になってしまった。』
「週刊文春」によると、ベッキーは川谷絵音と昨年秋に急接近。人知れず逢瀬を重ね、年明けには長崎にある川谷絵音の実家にも同行した。
問題なのは、川谷絵音が昨年夏に下積み時代から交際していた女性と入籍していた事。つまり既婚者だったのだ。事情を知る関係者によれば「彼が結婚している事はバンドメンバーも知らなかった。当然、ベッキーも知る由もなく、ある意味、彼女も被害者的な側面はある。ただ、川谷絵音が既婚者である事を告げた後もベッキーが交際を続行したのがマズかった」と話す。

しかもベッキーは離婚届を「卒論」と称し、川谷絵音に妻との離婚を促すようなメッセージも送っていたと言うから悪質でタチが悪い。「週刊文春」には2人のプライベート写真のほか、LINEのやりとりも掲載されている。

「これほど決定的な証拠が流出するのは異例。実は昨年末、複数のメディアに匿名の情報提供があった。川谷絵音さんの不貞行為に激怒する人物からだった」(出版関係者)
「週刊文春」の記事内容が発売前に広がり、ベッキーは6日夜に緊急会見。川谷絵音の実家を訪れた事などを認め「大変軽率な行為で、多大なるご迷惑をお掛けしました」と頭を下げた。だが、2人の仲は「友人関係です」と強調。ベッキーの会見直後には、川谷絵音も所属事務所を通じて謝罪コメントを発表した。

「ベッキーが慌てて会見を開いたのは、CMスポンサーへの配慮がある。無理筋でも『友人』と言わなければ示しがつかない。所属事務所(サンミュージック)としても彼女は一、二を争う稼ぎ頭。火消しを急ぐ必要があった・・・」とはテレビ関係者。
しかしながら、状況証拠的に「ただの友人」という言葉を信じる人は少ないだろう。ベッキーは現在「モニタリング」(TBS系)や「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)など10本のレギュラー番組のほか、CMでも「太田胃散」や「花王」など10本のイメージキャラクターを務める超売れっ子。好感度も高いだけに、今回の“直下型スキャンダル”が与える影響は計り知れないほど大きい。

太田胃散の担当者は「代理店から事前に記事が出ることは聞きました。これから対応を協議します」とコメント。花王とスタジオアリスの担当者は「今、初めて聞きました。そうなんですか?」と揃って驚きの声を上げた。
広告代理店関係者は「CMキャラクターはイメージがすべて。特に彼女は明るさと清潔感で持っていたようなものだから、真逆のスキャンダルは倍返しで振りかかって来る。ネット上では盛んにネガティブキャンペーンも繰り広げられるだろう。CM降板や打ち切りを決める社が出てもおかしくない」と語る。
スポンサー離れが相次げば、当然テレビの仕事にも影響が出る。
「彼女の場合、歌手や女優としての評価はまだ確立されておらず、主戦場はやはりテレビのバラエティー。番組スポンサーが彼女の起用を渋れば、テレビに出る事もままならない。最悪レギュラー番組ゼロも…。あの不倫騒動の矢口真里さんのように一時的に“干される”可能性もある」(前出テレビ関係者)
今回の騒動を受け早々と“ベッキー枠”を狙って動き出している勢力もあると言う。逃げずに会見に臨んだ対応は評価できるが、年初からタレント生命の危機に直面してしまったのは間違いない───。


産経ニュース
『ベッキー不倫騒動でCM差し替え 契約10社の売れっ子、違約金発生も…「ゲス乙女」川谷と痛恨の極み!』

人気バンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(えのん=27)との不倫疑惑を否定する会見を6日に開いたタレント・ベッキー(31)のCMが打ち切りになることが7日、分かった。会見から一夜明けたこの日、製薬会社「太田胃散」がCMの差し替えを決定。ベッキーをCMなどに起用する企業10社が今後の対応に追われる中、即断を下した形で、不倫疑惑の代償は大きかった。(サンケイスポーツ)

既婚者だった川谷絵音と昨秋から親密交際をしていたことを7日発売の「週刊文春」に報じられたベッキー。雑誌発売の前夜に緊急会見し、「友人関係」を強調したが、厳しい現実が待っていた。
ベッキーがCM出演する「太田胃散」の広報部は7日、サンケイスポーツの取材に「緊急役員会議でベッキーさんの出演する太田胃散A錠剤のCMを近々、別の製品のCMに切り替える事に決めました」とコメント。事実上のCM打ち切りで、「彼女の会見や週刊誌の報道を見て判断した」と語った。
CMはベッキーが製品を手に「ありがとう、A錠剤!」とほほ笑む内容で、契約期間は昨年4月から今年3月まで。同社広報部では「(不倫疑惑が)事実かそうでないかはっきりするまでは、CMを切り替える」としたが、ベッキーの“復活”には「厳しい状況です」と話し、再開の見通しは立っていない。

入浴剤「バブ」シリーズのCMに起用する「花王」の広報部はこの日の午後、「事実関係を確認している所で何も決まっていません」と返答したが、夕方になり「今回の疑惑とは関係なく、当初の予定どおり今月中旬でオンエアを終了します」とコメントした。

清潔感があって人気抜群のベッキーだけに、仰天まさかのスキャンダルで企業側も大打撃を受けた様子。現時点では対応を協議中の企業が殆どだが、違約金が発生する場合もある。太田胃散の広報部は「(違約金は)何とも申し上げられない」と明言を避けた。
ベッキークラスの人気タレントの場合、一般的にCM1本で年間の契約料は数千万円にのぼり、契約の打ち切りや違約金の代償は計り知れない。ベッキーは自ら墓穴を掘り大ピンチに立った・・・。




posted by かえぴょん at 15:40| Comment(0) | ザックリと興味津々芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い