2019年04月19日

東京都三鷹市のアパートで同居の元夫をハンマーで殺害…55歳元妻を殺人容疑で逮捕


東京都三鷹市元夫ハンマー殺人.jpg

14日11時55分頃、東京都三鷹市新川のアパート1室から「元夫が起きない」と、119番通報があった。救急隊が駆け付けた所、アパート2階の1室の床で、住人の60歳代と見られる男性が頭から血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。
警視庁三鷹署は、男性の元妻を名乗り、その場に居た自称、無職の秋山朝子容疑者(55)がハンマーで殴った事を認めた為、殺人容疑で逮捕した。
東京都三鷹市元夫ハンマー殺人1.jpg
東京都三鷹市元夫ハンマー殺人2.jpg

調べに対し、秋山朝子容疑者は、「床の上で寝ていた元夫に『ベッドで寝なさい』と声を掛けたが、起きなかったので腹が立ち、ハンマーで殴ったり、給湯器のお湯をかけたりした」などと容疑を認めている。
東京都三鷹市元夫ハンマー殺人5.jpg
東京都三鷹市元夫ハンマー殺人3.jpg

逮捕容疑は14日午前、自宅アパートの1室で元夫の秋山均さん(60)の頭をハンマーで殴打し、身体に熱湯をかけて殺害した疑いが持たれています。
秋山朝子容疑者は、秋山均さんと離婚した後も一緒に住んでいたと話していて、調べに対し「元夫は体が不自由な自分の代わりに家事を手伝ってくれず、ストレスが溜まっていた」と供述していると言う事で、詳しい経緯を調べています。
東京都三鷹市元夫ハンマー殺人4.jpg








【関連する記事】
posted by かえぴょん at 00:06| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]