2019年03月12日

千葉県木更津市・男性市議会議員殺人事件…44歳義理の息子(娘婿)を殺人容疑で逮捕


千葉県木更津市男性市議会員殺人事件.jpg

9日夜、千葉県木更津市中央2丁目のマンションの部屋で、木更津市議会議員の石川哲久(のりひさ)さん(71)が殺害された事件で、千葉県警は10日夜、石川哲久さんの娘の夫で、岡山県岡山市東区の無職・石川祥一容疑者(44)を殺人容疑で逮捕した。
逮捕容疑は、石川祥一容疑者は、9日19時20分頃から20時50分頃、自宅マンションに在宅していた石川哲久さんの頭を鈍器の様な物で殴った上、胸や腕を複数回刺して殺害した疑いがある。
千葉県木更津市男性市議会員殺人事件3.jpg
千葉県木更津市男性市議会員殺人事件4.jpg
石川祥一容疑者は、「殺意はなかった」と、容疑を一部否認していると言う。

千葉県警のこれまでの調べで、事件前、石川哲久さんはマンションの部屋で妻らと4人で食事をしていて、19時30分頃に石川哲久さん以外の3人が外出したと言う事です。
石川祥一容疑者は、3人が外出して間もなく部屋を訪れていた事が捜査関係者への取材で分かりました。調べに対し、石川祥一容疑者は、「鈍器や包丁を準備して現場に向かった。被害者に会う為に部屋に行った」とも供述している事から、千葉県警は、石川哲久さんが1人になるのを待っていた疑いがあると見ています。
千葉県木更津市男性市議会員殺人事件1.jpg
千葉県木更津市男性市議会員殺人事件2.jpg
石川哲久さんは、部屋の玄関先で鈍器で頭を殴られたり、刃物で胸などを刺され血を流して死亡しているのが見つかった。
千葉県警は、石川祥一容疑者が周到な計画を立てた疑いがあると見て、2人の間にトラブルが無かったか詳しい動機などについて調べています。

<余談と背景>
石川哲久さんは、父親と祖父が元市長で、本人も2度、市長選に立候補し、市内では広く知られていた。今春の木更津市議選(統一地方選)には、後継として娘婿を立候補させるつもりでいたが、自ら立つ事を決め、近く総決起大会を予定していた。
石川哲久さんは2010年と2014年の市長選に挑んだが、敗れた。その後、2015年4月の市議選に立候補して初当選した。現在、市議会の建設経済常任委員会の委員。
関係者によると、石川哲久さんは昨年1月、地元の有力者宅を娘婿を連れて訪問。国会議員秘書としての名刺を渡し、「跡取り」と紹介した。昨春の地域イベントでは、関係者に娘婿を後継候補として4月の市議選に立候補させることを明らかにしたと言う。
所がその後、「色々と事情があって、また自分が立候補することになった」などと周囲に話すようになったと言う。










【関連する記事】
posted by かえぴょん at 01:02| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。