2019年03月10日

埼玉県松伏町でバングラ国籍の妻殺害…同居のバングラ国籍51歳夫を殺人容疑で逮捕


埼玉県松伏町バングラ女性殺人事件.jpg

埼玉県警吉川(よしかわ)署は8日、自宅アパートで妻を刃物で切り付けて殺害したとして、夫で、埼玉県北葛飾郡松伏町(まつぶしまち)に住むバングラデシュ国籍の無職、ビーエム・シャハダッド・フセイン容疑者(51)を殺人の疑いで逮捕しました。ビーエム・シャハダッド・フセイン容疑者は、「妻を殺した」と容疑を認めていると言う。
埼玉県松伏町バングラ女性殺人事件1.jpg

逮捕容疑は今月上旬、自宅アパートの室内で同じバングラデシュ国籍で無職の妻、サミマ・アクタールさん(40)の首などを刃物で切りつけるなどして、殺害した疑い。
埼玉県松伏町バングラ女性殺人事件2.jpg

埼玉県警吉川署によると、7日22時30分頃、サミマ・アクタールさんの弟(33)から「姉夫婦と連絡がつかない」と、安否確認の要請を受けた埼玉県警の警察官が、8日早朝05時00分頃、夫婦の安否確認のために訪れた自宅アパートの和室のベッド付近で、首から血を流して倒れているサミマ・アクタールさんを発見。サミマ・アクタールさんはその場で死亡が確認された。
埼玉県松伏町バングラ女性殺人事件3.jpg
埼玉県警吉川署が、夫のビーエム・シャハダッド・フセイン容疑者を探していた所、8日、東京都内を走る電車の中で倒れて病院に搬送されている事が分かり、病院から警視庁に保護要請があり、警視庁から埼玉県警吉川署に連絡があった。
埼玉県警吉川署は、自宅アパートから犯行に使用した可能性がある包丁を押収した。埼玉県警吉川署は、司法解剖して詳しい死因を明らかにすると共に、動機などについて詳しく調べています。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:33| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。