2019年03月09日

京都府京都市西京区で父親の顔面をモップで殴る、父その後死亡…41歳息子を傷害容疑で逮捕

京都府警西京(にしきょう)署は3日、同居する父親の顔をモップの柄で殴りケガをさせたとして、京都府京都市西京区(ニシキヨウク)御陵峰ケ堂町(ごりょうみねがどうちょう)の会社員・江崎洋之容疑者(41)を傷害の疑いで逮捕した。父親はその後死亡していて、京都府警西京署は、暴行と死亡との因果関係を調べています。
京都.jpg

江崎洋之容疑者は、3月2日24時00分頃、自宅で父親の江崎洋之助さん(74)の顔面をモップの柄で殴るなどしてケガをさせた疑いです。江崎洋之助さんはその後、2階の自分の部屋に自ら戻りましたが、3月2日15時00分頃、部屋の床で倒れているのを江崎洋之容疑者が見つけ、119番通報した。江崎洋之助さんは、間もなく死亡が確認されました。
京都1.jpg

京都府警西京署によると、犯行当時、2人は一緒に酒を飲んでいたと言う事で、調べに対し江崎洋之容疑者は、「父親のふざけた態度に腹が立ち殴った」と、おおむね容疑を認めていると言う事です。
京都府警西京署によると、江崎洋之容疑者は、両親と同居し、先月から母親が入院した為、2人で暮らしていた。家事などを巡り江崎洋之容疑者が立腹し、暴行したと言う。




ここ1、2年の例で言うと、大体この種の逮捕は<起訴猶予か不起訴>になる事が殆ど。
またそのうち記事の削除要請が来るでしょう‥‥近年、検察の家庭内殺人や家庭内傷害致死は、殆どが<不起訴>です。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 00:32| Comment(0) | 凶悪殺戮‥近畿編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。