2019年01月06日

岐阜県大垣市のアパート隣人男性殺人…31歳無職の男を殺人容疑で逮捕


岐阜県大垣市アパート隣人男性殺人事件.jpg

6日深夜02時20分頃、岐阜県大垣市八島町(ヤシマチヨウ)のアパートに住む男性から「人を刺してしまった」と、110番通報があった。岐阜県警大垣署員が駆け付けた所、アパート2階の住人の警備員・渡辺三行(みゆき)さん(55)が自室の布団の上で、首などを刺され血を流し死亡しているのを発見した。岐阜県警大垣署は、渡辺三行さんの隣の部屋に住む、通報した無職の五敷光道(ごしき ひろゆき)容疑者(31)が殺害を認めたため、殺人の疑いで現行犯逮捕した。
岐阜県大垣市アパート隣人男性殺人事件1.jpg
岐阜県大垣市アパート隣人男性殺人事件2.jpg

五敷光道容疑者は、調べに「刺したのは間違いありません」と、容疑を認め、「被害者と騒音のトラブルがあり、仕事が見つからず親ともトラブルになっていて、自暴自棄になった」、と供述していて、岐阜県警大垣署は、2人の間に何らかのトラブルがあったと見て、詳しい動機や経緯を調べています。
岐阜県大垣市アパート隣人男性殺人事件3.jpg
岐阜県大垣市アパート隣人男性殺人事件4.jpg

逮捕容疑は、6日深夜02時20分頃、五敷光道容疑者は渡辺三行さんの部屋で、渡辺三行さんの首などを文化包丁で切りつけ、殺害した疑い。
岐阜県警大垣署によると、渡辺三行さんの首や背中などに複数の刺し傷があり、寝室の布団の上でうつ伏せの状態で倒れていた。
岐阜県警大垣署員が駆け付けた時、五敷光道容疑者が自室の前の通路で座り込んでいたと言う。
岐阜県警大垣署の調べでは、五敷光道容疑者は、渡辺三行さんの部屋のガラス窓が割れて、ダンボールで補修してあった箇所から鍵を開けて部屋に侵入し、自宅から持ち込んだ文化包丁で切りつけたと言う事です。
アパートは2階建てで、2人は2階に住んでいた。
(同じアパートの80代男性)
「2人とは付き合いは無いが、以前にも上からドンドンという音が頻繁に聞こえてきた」と、話していた。
現場は、大垣市北小学校から約100メートル北の住宅街。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:49| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。