2018年12月30日

千葉県千葉市稲毛区の自宅に71歳母親の遺体10か月放置…45歳無職男を死体遺棄容疑で逮捕


千葉市稲毛区で白骨化母親遺体遺棄.jpg

千葉県警千葉北署は26日、母親と見られるご遺体を自宅に放置したとして、千葉県千葉市稲毛区長沼町の自称無職、島川康二(こうじ)容疑者(45)を死体遺棄の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は今年2月下旬〜3月上旬頃から、千葉県千葉市稲毛区長沼町の自宅2階の和室に、母親と見られる島川◯◯さん(71)のご遺体を放置し遺棄した疑い。
千葉市稲毛区で白骨化母親遺体遺棄1.jpg
千葉市稲毛区で白骨化母親遺体遺棄2.jpg

千葉県警千葉北署によると、12月26未明、島川康二容疑者が1人で千葉県警千葉北署を訪れ、「自宅で死んだ母親の死体をそのままにしている」と自首し、千葉県警千葉北署員が自宅を訪れ、一部が白骨化したご遺体を見つけた。
千葉市稲毛区で白骨化母親遺体遺棄3.jpg
千葉市稲毛区で白骨化母親遺体遺棄4.jpg

島川康二容疑者は、母親と2人暮らしで、調べに対し「2月下旬頃に母親の容体が悪くなり、病院に行くように勧めたが行かず、冷たくなって死んでいるのを発見したが、警察に通報できなかった」、などと供述し、容疑を認めていると言う。
千葉市稲毛区で白骨化母親遺体遺棄5.jpg

島川康二容疑者は、およそ10か月の間、母親と見られるご遺体と一緒に暮らしていたと見られ、千葉県警千葉北署は、DNA型鑑定や司法解剖をしてご遺体の身元や死因などを特定すると共に、島川康二容疑者から遺棄した詳しい経緯を聴く。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:16| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。