2018年12月25日

【愛知県豊川市ブラジル国籍妻殺害続報】出頭の48歳ブラジル人の夫を殺人容疑で逮捕


愛知県豊川市ブラジル妻殺人で夫逮捕.jpg
愛知県警豊川署は23日、愛知県豊川市豊が丘町66のアパートの自室で、ブラジル国籍のアルバイト、マキモリ・クラウジア・マユミさん(40)の殺害されたご遺体が見つかった事件で、行方が分からなく、所在不明だった夫でブラジル国籍の無職、オカモト・カルロス・カツヒロ容疑者(48)を殺人容疑で逮捕した。
愛知県豊川市ブラジル妻殺人で夫逮捕2.jpg

愛知県豊川市ブラジル妻殺人で夫逮捕5.jpg
愛知県警豊川署によると、22日23時30分過ぎに愛知県警豊川署に出頭し、「逮捕してください」と話した事から、殺人の疑いで逮捕した。
調べに対し、オカモト・C・カツヒロ容疑者は、「ナイフで首を切り、ハンマーで数回殴った。夫婦ゲンカになって腹がたった」と、容疑を認めていると言う。
愛知県豊川市ブラジル妻殺人で夫逮捕4.jpg

逮捕容疑は17日頃、オカモト・C・カツヒロ容疑者は自宅アパートで、何らかの方法で頸静脈を損傷して、妻のマキモリ・C・マユミさんを殺害した疑い。マキモリ・C・マユミさんの死因は出血性ショックだった。ご遺体の首に片刃の鋭利な刃物による傷のほか、頭に鈍器で殴られた際に出来たと見られる骨折や複数の傷があった。
愛知県豊川市ブラジル妻殺人で夫逮捕3.jpg

マキモリ・C・マユミさんは、夫のオカモト・C・カツヒロ容疑者と息子(15)の3人暮らし。17日11時30分頃、起床した息子が寝室のベッドでマキモリ・C・マユミさんが血を流して倒れているのを発見し、愛知県警豊川署が、所在不明になったオカモト・C・カツヒロ容疑者の逮捕状を取って行方を追っていた所、愛知県警豊川署に出頭して来た。
愛知県警豊川署は、夫婦間にトラブルがあったと見て、詳しい動機を調べている。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 19:11| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。