2018年12月20日

北海道三笠市の山中に36歳妻殺して遺体遺棄…39歳夫を死体遺棄容疑で逮捕


北海道三笠市の妻殺人死体遺棄.jpg
北海道警岩見沢署は18日、北海道三笠市西桂沢の山中に妻のご遺体を遺棄したとして、北海道岩見沢市清水町の農業、荒井祐輝容疑者(39)を死体遺棄の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は11月2日頃、北海道三笠市西桂沢の山中に妻の荒井智恵さん(36)と見られるご遺体を捨てた疑い。
北海道三笠市の妻殺人死体遺棄事件1.jpg
北海道三笠市の妻殺人死体遺棄事件2.jpg

荒井祐輝容疑者は、11月5日、北海道警岩見沢署に親族と訪れ、「妻が帰ってこない」と届け出たが、その後の任意の事情聴取で、今月18日に「妻の遺体を遺棄した」と、荒井智恵さんのご遺体を遺棄した事を認めた為、荒井祐輝容疑者の供述に基づき、山中を捜索した所、雪に覆われた道路脇の急斜面で、ご遺体の一部を見つけた。
司法解剖の結果、ご遺体は、妻の荒井智恵さん(36)と確認された。
北海道三笠市の妻殺人死体遺棄事件4.jpg

北海道警岩見沢署の調べでは、荒井祐輝容疑者は妻の荒井智恵さんと長男の3人暮らしだったが、4月頃から別居状態だった。荒井智恵さんは長男と、北海道岩見沢市内の知人宅に身を寄せていた。
捜査関係者によると、荒井祐輝容疑者と荒井智恵さんは、ワイン向けのブドウを栽培し、ワイン造りもしていた。
北海道三笠市の妻殺人死体遺棄事件5.jpg
荒井祐輝容疑者は、荒井智恵さんの殺害をほのめかす供述もしていると言う。北海道警岩見沢署によると、夫婦の間に男女関係を巡るトラブルがあり、別居していたと言う事で、家庭内のトラブルが犯行の動機になった可能性があると見て、調べている。








【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:52| Comment(0) | 凶悪殺戮‥北海道編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。