2018年12月18日

愛知県豊川市のアパートでブラジル人女性の殺害遺体…殺人事件で捜査、不明の夫を捜索


愛知県豊川市ブラジル人女性殺人.jpg

17日11時30分頃、愛知県豊川市(トヨカワシ)豊が丘町(ユタカガオカチョウ)のアパート2階の一室に住む15歳の男性が、「アパートの角で男の子がしゃがみ込んで『お母さんが死んじゃった』と、泣いて動揺した様子だった」と話した為、近隣住民が110番通報した。愛知県警豊川署員が駆け付けると、アパートの室内で、ブラジル国籍のアルバイト、マキモリ・クラウヂア・マユミさん(40)が血を流して倒れており、その場で死亡が確認された。室内には大量の血痕があり、愛知県警豊川署は殺人事件として捜査を始めた。
愛知県豊川市ブラジル人女性殺人0.jpg
愛知県豊川市ブラジル人女性殺人1.jpg

愛知県警豊川署によると、マキモリ・C・マユミさんは寝間着姿でベッドの上でうつ伏せに倒れ、頭と首に傷があり、付近に大量の血痕の痕もあった。愛知県警豊川署は、ご遺体を司法解剖して死亡の日時や原因の特定を急ぐ。
マキモリ・C・マユミさんは夫と息子(15)の3人暮らし。
愛知県豊川市ブラジル人女性殺人2.jpg
愛知県豊川市ブラジル人女性殺人3.jpg
捜査関係者によると、同居する息子が「17日早朝に母の話し声を聞いた」と、説明している事が18日、分かった。愛知県警豊川署は、現在連絡の取れないブラジル国籍の40代の夫が事情を知っていると見て、行方を捜している。これまでに凶器は見つかっていないと言う。
現場はJR飯田線/豊川駅の北東約2キロメートルの飯田線の線路と東名高速道路・豊川ICの間の住宅と店舗の混在地。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 20:23| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。