2018年12月14日

愛知県知多市の国道脇の雑木林に死後1年以上女性の白骨遺体、死体遺棄事件で捜査


愛知県知多市女性白骨化死体遺棄.jpg

12日14時00分過ぎ、愛知県知多市北浜町の雑木林で白骨化したご遺体が見つかり、愛知県警は13日、紐が巻かれていた事など、現場の状況から死体遺棄事件と断定し、愛知県警知多署に捜査本部を設置した。司法解剖の結果、ご遺体は、頭蓋骨の形などから20代後半から30代半ばくらい。女性用下着を身につけていた事から女性と見られ、愛知県警知多署捜査本部は身元の特定を急いでいる。死因は不明だと言う。
愛知県警捜査1課によると、ご遺体は12日14時20分頃、自動車専用の国道155号沿いの雑木林で、草刈り中の建設会社の男性作業員が発見。ご遺体は全身が白骨化しており、仰向けの状態で横たわっていたと言う。
愛知県知多市女性白骨化死体遺棄1.jpg

ご遺体は身長150〜160センチメートルで、女性用の下着や紺色のトレーナーに黒色のスエットパンツ姿で、服の上から紐が巻かれていた。靴は見つかっていない。骨の状態から死後1年〜数年が経過していると言う。
愛知県知多市女性白骨化死体遺棄2.jpg

愛知県警捜査1課などによると、雑木林は愛知県の所有、男性の会社は愛知県知多市の依頼で12日から草刈りを始めていた。建設会社の社長は「雑木林は不法投棄が多く、最初はおもちゃと思ったらしい。骨が埋められている様子は無かった」と話した。ご遺体は国道155号から約3メートルの場所に倒れており、土に埋めた形跡は無かったと言う。また、周辺に靴が無かった事などから、愛知県警知多署捜査本部は、女性が事件に巻き込まれたと見て、何者かに遺棄されたと断定、捜査している。






【関連する記事】
posted by かえぴょん at 01:22| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。