2018年12月02日

茨城県水戸市・那珂川の河川敷に18歳女子高生の変死体、近くで父親負傷〜心中殺人企てたか


茨城県水戸市河川敷女子高生変死事件.jpg

11月30日21時10分ごろ、茨城県水戸市下大野町(しもおおのちょう)の那珂川の河川敷で、茨城県水戸市見和(みわ)に住む公立高校3年生の女子生徒(18)が倒れており、「人が倒れている」との110番通報を受け駆け付けた、茨城県警水戸署員らが、その場で死亡を確認した。付近に首に切り傷がある父親(48)も、意識が朦朧とした状態で倒れており、病院に運ばれたが、命に別条は無いと言う。
茨城県水戸市河川敷女子高生変死事件0.jpg
茨城県水戸市河川敷女子高生変死事件1.jpg

茨城県警水戸署によると、女子生徒のご遺体に目立った外傷はなく、河川敷の草むらで仰向けに倒れていた。女子生徒は、長袖長ズボン姿で着衣に乱れは無く、付近に財布などが入った手さげカバンが落ちていた。
女子生徒のご遺体は、近くに住む男性が、無人のワゴン車があるのを不審に思い、周囲を見渡して、車から約150メートル離れた河川敷で発見。茨城県警水戸署員が、その場から数十メートル離れた場所で父親を見つけた。父親は首に切り傷があったが、刃物などは発見されていないと言う。
茨城県水戸市河川敷女子高生変死事件2.jpg
茨城県警水戸署は、父親が事情を知っていると見て、父親の回復を待って当時の詳しい状況を聴く。
茨城県警水戸署によると、女子生徒は両親らと5人暮らし。
現場はJR水戸駅から南東に約7キロメートル、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線・常澄駅から北に約1.5キロメートル。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:12| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。