2018年11月27日

【山間の惨劇】宮崎県高千穂町一家6人惨殺事件…橋から投身自殺の42歳二男による激情殺人か


宮崎県高千穂町6人大量殺人.jpg

26日10時20分頃、宮崎県西臼杵郡(にしうすきぐん)高千穂町押方(オシカタ)の農業・飯干保生(いいほし やすお)さん(72)の、高千穂町外に住む三男から「実家と連絡が取れない(家に電話をしているが、電話に出ないので、様子を見に行って欲しい)」と、宮崎県警高千穂署に連絡があった。宮崎県警高千穂署員が、民家を訪問すると、飯干保生さんの住宅の外で女性1人、住宅の中で男性3人と女性2人の計6人が倒れているのを発見、いずれも死亡が確認された。ご遺体には、刃物による外傷のある人が複数おり、宮崎県警高千穂署は、6人が殺害されたと見て、殺人容疑で捜査を開始。
宮崎県高千穂町大量殺人1.jpg

一方、26日16時00分頃、飯干保生さん宅から北東に約2.5キロメートル離れた、宮崎県西臼杵郡高千穂町の「神都高千穂大橋」の約110メートル下を流れる五ケ瀬川(ごかせがわ)で、事件後、飯干保生さんの次男で木材会社社員の飯干昌大(まさひろ)さん(42)のご遺体が見つかり、宮崎県警高千穂署は、自殺した可能性があると見て、事件との関連を調べている。
宮崎県高千穂町7人心中殺人.jpg
宮崎県警高千穂署は、27日未明までに、発見されたご遺体が、飯干保生さん(72)▽妻の飯干実穂子さん(66)▽自殺したと見られる次男の飯干昌大(まさひろ)さん(42)▽飯干昌大さんの妻の飯干美紀子さん(41)▽飯干昌大さん夫婦の長男で建設会社社員・飯干拓海さん(21)▽飯干昌大さん夫婦の長女で小学校2年の飯干唯(ゆい)さん(7)▽そして飯干昌大さんの知人で宮崎県西臼杵郡五ケ瀬町(ごかせちょう)鞍岡(くらおか)の農業・松岡史晃さん(44)と判明し、確認されたと発表した。

家族以外でただ一人犠牲となった松岡史晃さんについて、26日11時15分頃、松岡史晃さんの父親が「(息子が)昨日から帰って来ない」と、宮崎県警高千穂署・鞍岡駐在所に届け出たと言う。
捜査関係者や近隣住民によると、ご遺体で発見された松岡史晃さん(44)は25日、飯干昌大さん夫妻のトラブルを巡って飯干保生さん宅を訪問した。
また、飯干昌大さんの会社関係者によると、飯干昌大さんと飯干美紀子さん夫妻と長女の飯干唯さんは、24日から、職場の温泉旅行で熊本県阿蘇市を訪れ、25日15時00分過ぎに会社に戻り、解散したと言う。飯干昌大さんは毎朝06時00分には出社するが、事件のあった26日は無断欠勤した。
こうした状況から、宮崎県警高千穂署は、6人が殺害されたのは飯干昌大さんらが会社から帰宅した、25日午後以降の可能性が高いと見て捜査している。
宮崎県警高千穂署や捜査関係者によると、現場から凶器と見られる血の付いたナタが見つかっていた事が明らかになった。宮崎県警高千穂署は、6人がナタで次々に襲われるなどして殺害されたと見て捜査している。 この捜査関係者によると、飯干昌大さん夫婦は数日前から家庭内トラブルを巡って口論になっていたと言う。
現場周辺は、田畑の間に家屋が点在する山あいの集落。近くに、国の名勝・天然記念物の「高千穂峡」がある。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 22:57| Comment(0) | 凶悪殺戮‥九州編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。