2018年11月24日

千葉県・九十九里浜周辺女性切断遺体遺棄…千葉県八街市の37歳長男を死体損壊・遺体遺棄容疑で逮捕


千葉県九十九里浜女性バラバラ殺人.jpg

千葉県警東金署(とうがねしょ)などは23日夜、千葉県の九十九里浜周辺で今年9月から10月にかけて、千葉県八街市(やちまたし)の山田容子さん(75)と見られる切断された胴体や頭部が相次いで見つかった事件で、同居する長男の自称会社員、山田基裕(もとひろ)容疑者(37)を死体損壊・遺体遺棄容疑で逮捕し、24日、千葉地方検察庁に送検した。
千葉県九十九里浜女性バラバラ殺人1.jpg
千葉県九十九里浜女性バラバラ殺人5.jpg
千葉県警東金署によると、山田基裕容疑者は容疑を大筋で認めている。ご遺体の身元は、歯型やDNA型鑑定などで、母親の山田容子さんと特定した。
逮捕容疑は、9月26〜27日頃、自宅で山田容子さんのご遺体を切断した上、千葉県大網白里市四天木(シテンギ)の堀川の河口付近などに遺棄した疑い。
千葉県九十九里浜女性バラバラ殺人2.jpg
千葉県九十九里浜女性バラバラ殺人3.jpg
切断されたご遺体は9月29日朝、千葉県大網白里市の堀川の河口で、胴体が発見され、その後、10月8日までに北側の九十九里町で頭部と左脚が見つかり、南側の千葉県長生郡(ちょうせいぐん)白子町(しらこまち)で右脚がそれぞれ見つかった。
捜査関係者によると、山田容子さんは9月下旬から行方不明だったが、山田基裕容疑者は警察に届け出ていなかった。
千葉県警東金署は、11月16日から自宅の家宅捜索や押収物の鑑定を始め、山田基裕容疑者から任意で事情聴取を続けていたが、死体の遺棄や損壊への関与をほのめかす供述を始めた事から、23日夜、逮捕したと言う。
千葉県九十九里浜女性バラバラ殺人4.jpg

千葉県警東金署などによると、山田基裕容疑者は山田容子さんと2人暮らしだった。山田容子さんのご遺体発見場所は、南北約10キロメートルの範囲で、同じ時期、自宅から九十九里浜方向へ向かう山田基裕容疑者の車が、防犯カメラに写っていた。
千葉県警東金署などは、事件の動機などを調べると共に、母親の山田容子さんが死亡した経緯についても捜査する。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 19:19| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。