2018年10月28日

宮城県大崎市の病院で入院中の祖父刺殺…28歳孫娘を殺人と銃刀法違反容疑で逮捕


宮城県大崎市病院祖父刺殺事件.jpg

宮城県警古川署は27日、病院に入院中の祖父を果物ナイフで刺し殺害したとして、祖父の孫娘で宮城県大崎市鹿島台木間塚小谷地の無職・萩川未貴容疑者(28)を、殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕した。萩川未貴容疑者は、「最初から祖父を殺すつもりで刺した」と、容疑を認めている。
逮捕容疑は26日20時10分頃、自宅近くの宮城県大崎市民病院・鹿島台分院に入院していた祖父の萩川功(こう)さん(88)の右脇腹を、携行した果物ナイフで刺し、殺害した疑い。
宮城県大崎市病院祖父刺殺事件1.jpg

宮城県大崎市病院祖父刺殺事件2.jpg
宮城県警古川署によると、犯行からおよそ10分後、鹿島台分院から国道を挟んで反対側向にある宮城県警古川署・鹿島台交番を訪れ、「いま祖父を刺した」と言う趣旨の事を、警察官に話したと言う。萩川功(こう)さんは27日04時30分過ぎ、宮城県石巻市内の病院へ救急搬送されたが、約8時間後に死亡が確認された。死因は出血性ショック。
宮城県大崎市病院祖父刺殺事件3.jpg

宮城県警古川署によると、26日20時00分頃、宮城県大崎市民病院・鹿島台分院で、女性の大声が聞こえ、看護師が4階の萩川功さんの病室(4人部屋)に行った所、萩川未貴容疑者がいて、「孫の面会」かな、と認識したと言う。そのあと、萩川未貴容疑者は立ち去り、別の看護補助者と乱れていた萩川功さんの寝具を直そうとした際、出血とナイフがある事に気付いたと言う。
萩川未貴容疑者は、面会記録に記入し1人で病室を訪れた。病室は4人部屋で、当時は萩川功さんの他にもう1人患者がいた。萩川未貴容疑者は、病室で見つかった凶器とは別に、交番に出頭した際には別の折り畳みナイフを所持していた。
宮城県大崎市病院祖父刺殺事件4.jpg
萩川未貴容疑者は、両親と萩川功さんの4人暮らし。宮城県警古川署は、詳しい動機を調べている。
現場の宮城県大崎市民病院・鹿島台分院は、JR東北線鹿島台駅から北に約500メートル、周囲には小学校や公営住宅、商業施設がある。鹿島台分院のホームページによると、内科、外科、整形外科などの診療科があり、ベッド数は70床。3人の常勤医をはじめ、90人近い職員が勤務している。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:29| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東北篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。