2018年10月23日

京都府京丹波町で口論から妻を暴行死…43歳夫を傷害致死容疑で逮捕


京都府警捜査1課と京都府警南丹署は19日、妻に暴力を加え押し倒して死亡させたとして、京都府京丹波町細谷の会社員・関根清人容疑者(43)を傷害致死容疑で逮捕した。
京都府京丹波町妻暴行され死亡.jpg

逮捕容疑は18日深夜01時00分〜02時00分頃、自宅の台所で妻の関根登喜子さん(49)と口論になり、椅子に座っていた関根登喜子さんの胸ぐらを両手で掴んで押し倒し、頭を土間に打ち付けるなどして死亡させたとしている。
関根清人容疑者は朝になって、関根登喜子さんの意識が無い事に気付き、自ら町内の病院に車で搬送。関根登喜子さんは転院先の病院で死亡が確認された。
京都府京丹波町妻暴行され死亡1.jpg

京都府警南丹署の調べに、関根清人容疑者は、「日常生活の事で口論になった。確かに暴行はしたが、押し倒した訳ではない」と、容疑を一部否認していると言う事で、京都府警南丹署は詳しい事件の背景や日常的な暴力の有無などを調べる。
京都府京丹波町妻暴行され死亡2.jpg

2人は今年9月頃に、京都府京都市内から移住して来たと言う。2人を知る男性は、「夫婦は穏やかな印象で、一生懸命農作業をしていた。信じられない」と話したが、これまでにも2人が路上で口喧嘩をして、京都府警に事情を聞かれた事があったと言う。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:52| Comment(0) | 凶悪殺戮‥近畿編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。