2018年10月20日

奈良県生駒市で寝たきり介護の母親暴行死…44歳息子を傷害容疑で逮捕


奈良県生駒市79歳母親暴行傷害致死事件.jpg
奈良県警生駒署は18日、自宅で寝たきりの母親(79)を殴ってケガをさせたとして、奈良県生駒市有里町の無職、寺嶋寛容疑者(44)を傷害の疑いで逮捕した。母親(79)は暴行を受けた後に死亡しており、奈良県警生駒署は、死因を調べると共に死亡と暴行の因果関係などを調べている。
奈良県生駒市79歳母親暴行傷害致死事件1.jpg
奈良県生駒市79歳母親暴行傷害致死事件2.jpg

逮捕容疑は今月9日頃、自宅で介護をしていた寝たきりの母親の左足を棒状のモノで複数回殴り、出血を伴うケガを負わせたとしている。
18日の朝、寺嶋寛容疑者からの119番通報で駆け付けた救急隊員が、自宅で既に死亡している母親(79)を見つけました。
調べに対し、寺嶋寛容疑者は「思うように動いてくれず、腹が立った」と、容疑を認めていると言う。
奈良県生駒市79歳母親暴行傷害致死事件3.jpg
奈良県警生駒署によると、寺嶋寛容疑者は母親(79)と2人暮らし。母親はほぼ寝たきりで、寺嶋寛容疑者が介護していたと言う。
(隣に住む人)
「どなり声がよく聞こえてました。『はよせい』とか『あほー』とか」



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:46| Comment(0) | 凶悪殺戮‥近畿編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。