2018年10月04日

三重県鈴鹿市の石垣池に男性他殺遺体…激しい暴行後、池に投げ込まれたか


三重県鈴鹿市の池殺人事件.jpg

1日05時45分頃、三重県鈴鹿市石垣3丁目の石垣池に「人が浮かんでいる」と、通りかかった人から110番通報がありました。三重県警鈴鹿署によりますと、ご遺体は男性でうつ伏せの状態で浮いており、ご遺体の頭部や顔には数十か所の切り傷があったと言う事です。
三重県鈴鹿市の池殺人事件0.jpg
三重県鈴鹿市の池殺人事件1.jpg

三重県警鈴鹿署が、身元の確認を進めていましたが、1日夕方になって、ご遺体の男性は、本籍が大阪府大阪市で、住所・職業不詳の牟田義一(よしかず)さん(41)と分かりました。牟田義一さんは長袖のTシャツを着て、作業ズボンと運動靴を履いていたと言う事で、死亡したのは9月30日午後以降と見て、詳しい死因を調べると共に、牟田義一さんが事件に巻き込まれた殺人事件と断定し、三重県警鈴鹿署に捜査本部を設置した。
三重県鈴鹿市の池殺人事件2.jpg
三重県警鈴鹿署は、牟田義一さんが硬い物で激しい暴行を受けた後、池に投げ込まれた可能性もあると見ている。 
現場は、伊勢鉄道・玉垣駅の西約700メートルの住宅地で、野球場やプールなどを備えた公園の西隣の池。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:42| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。