2018年10月03日

兵庫県神戸市長田区で僧侶の妻絞殺…「満福寺」住職の73歳夫を殺人容疑で逮捕


神戸市長田区女性殺人・志保見文彦容疑者.jpg

兵庫県警長田署は1日、自宅で妻の首を絞めるなどして殺害したとして、兵庫県神戸市長田区海運町の「満福寺」住職、志保見文彦(しほみ・あやひこ)容疑者(73)を殺人の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は9月30日18時00分頃、「満福寺」の敷地内にある自宅で、妻の志保見暢子(のぶこ)さん(71)の首を絞めるなどして殺害した疑いがもたれている。
神戸市長田区女性殺人・志保見文彦容疑者1.jpg

神戸市長田区女性殺人・志保見文彦容疑者3.jpg

兵庫県警長田署によると、10月1日早朝05時45分頃、志保見文彦容疑者の長男が「父が母を殺した。直ぐに行ってほしい」と、兵庫県警長田署に通報。兵庫県警長田署員が駆け付けた所、自宅の風呂場で倒れている志保見暢子さんを発見した。志保見暢子さんの首には紐の様なモノで絞められた跡があったほか、頭にも殴られた跡があったと言う。また、犯行に使われたと見られる紐も見つかったと言う事です。
(近所の人)
「一緒におる(居る)所はあんまり見た事ない。夫婦では食事とかにも行ってなかったん(行ってない)と違うかな」
神戸市長田区女性殺人・志保見文彦容疑者4.jpg
志保見文彦容疑者は調べに対し、容疑を認めた上で「妻とは仲が悪く、言い争いになって妻に暴行を加えた」と、話していると言う。
兵庫県警長田署は、司法解剖して死因の特定を進めると共に、詳しい動機や経緯を調べている。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:36| Comment(0) | 凶悪殺戮‥近畿編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。