2018年10月01日

沖縄県南城市の県営住宅でハンマーで殴られ頭部骨折した女性遺体、殺人事件で捜査


沖縄県南城市高齢女性殺人事件.jpg

25日18時30分頃、沖縄県南城市佐敷(さしき=沖縄本島南端部)の県営住宅3階の一室で、この部屋に住む女性と見られる身体の一部が腐乱したご遺体が見つかった事件で、沖縄県警与那原署(よなばるしょ)は9月28日、DNA鑑定を行った結果、ご遺体はこの部屋に住む糸満(いとまん)絹子さん(88)だと発表した。
沖縄県南城市高齢女性殺人事件1.jpg
沖縄県南城市高齢女性殺人事件2.jpg

糸満絹子さんのご遺体には、頭に強い衝撃を受けた打撲痕があり、頭部を骨折していました。
捜査関係者によりますと、部屋のゴミ箱からは血痕の附着したハンマーが見つかっていて、沖縄県警与那原署は、殺人の疑いで捜査を進めています。
沖縄県南城市高齢女性殺人事件3.jpg

沖縄県警与那原署によると、9月25日、知人女性が、女性宅に新聞が数日たまっていると親族から聞き、不審に思って部屋を訪れた所、ご遺体を発見したと言う事です。この部屋には糸満絹子さんが1人で住んでいた。
これまでの捜査で、死亡したのは9月下旬に入ってからと見られますが、全身に渡り腐乱しており、脳を損壊した事が死因と判明したと言う事です。
沖縄県南城市高齢女性殺人事件4.jpg
沖縄県南城市高齢女性殺人事件5.jpg
ご遺体の発見当時、玄関や部屋に通じる掃き出し窓は鍵が掛かっておらず、部屋が荒らされた様子なども無かったと言う事です。
(団地の住人)
「17日の朝は、ゴミを出す時にちょうど通りかかって、私が持って行きましょうと言う話をした」と、振り返る。



posted by かえぴょん at 17:17| Comment(0) | 凶悪殺戮‥沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。