2018年09月18日

兵庫県赤穂市の赤穂港で下半身に次いで海底から頭部と上半身の白骨遺体、事件と事故で捜査


兵庫県赤穂市湾下半身のみ遺体.jpg

兵庫県警赤穂署は16日、15日に性別不明の下半身遺体が見つかった兵庫県赤穂市加里屋(かりや)の赤穂港で、新たに海底から白骨化した頭部と上半身のご遺体がそれぞれ見つかったと発表した。兵庫県警赤穂署は、同じご遺体か調べると共に、身元の確認を進めている。
15日16時00分過ぎ、兵庫県赤穂市加里屋の赤穂港で釣りをしていた70歳の男性が、「海に人の様なものが浮いている」と、兵庫県警赤穂署に通報がありました。
兵庫県赤穂市湾下半身のみ遺体0.jpg
兵庫県赤穂市湾下半身のみ遺体1.jpg

兵庫県警赤穂署によりますと、この日見つかったのは人の下半身だけのご遺体で、衣服を着けていましたが所持品は無く、腐敗が進んでいるため性別や年齢は分からないと言う事です。
また、遺留物などを捜索していた捜査員が、16日午後には、海底から白骨化した頭部と上半身も見つかりました。ご遺体はいずれも成人と見られるが、腐敗が進み、性別は不明。黒っぽいジャンパーを着ていた。頭部と上半身が沈んでいたのは、15日に下半身が見つかった場所から約10メートル南の海底。
兵庫県赤穂市湾下半身のみ遺体2.jpg
兵庫県赤穂市湾下半身のみ遺体3.jpg
兵庫県警赤穂署は、ご遺体を司法解剖して身元の確認を進めると共に、事件と事故の両面で調べています。
現場は、兵庫県・赤穂城から南西約1.5キロメートルの赤穂港です。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 20:16| Comment(0) | 凶悪殺戮‥近畿編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。