2018年09月16日

1歳子供抱っこ紐でかかえ自転車転倒の死亡事故…38歳保育士の母親を過失致死容疑で書類送検「刑事処分相当」の意見


横浜市都筑区電動自転車子供殺人1.jpg
横浜市都筑区電動自転車子供殺人.jpg

神奈川県警都筑署が14日、電動自転車で走行中に転倒し、胸に抱っこ紐で抱いていた当時1歳4か月の次男を死亡させたとして、過失致死容疑で電動自転車を運転していた、神奈川県横浜市都筑区の保育士の母親(38)を、横浜地方検察庁に書類送検した事が、神奈川県警都筑署への取材で分かった。刑事処分の判断を地検にゆだねる、「相当処分」の意見を付けた。
横浜市都筑区電動自転車子供殺人5.jpg
神奈川県警都筑署は、抱っこした状態での自転車運転は許可されていないとし、注意喚起している。
自転車の乗車を巡っては、神奈川県では、前後の幼児用座席に乗せたり、紐で背負ったりして、運転者を含め計3人の乗車を容認しているが、紐で前に抱いた状態で運転する事については定めが無い。
神奈川県警都筑署は、次男を前に抱えた上、傘を手首に掛けたまま自転車を運転した一連の行為を過失ととらえた。
横浜市都筑区電動自転車子供殺人2.jpg
横浜市都筑区電動自転車子供殺人3.jpg

書類送検容疑は、今年7月5日08時25分頃、神奈川県横浜市都筑区牛久保1丁目の市道で、電動自転車を運転中、次男を抱っこ紐で前に固定し、左手首に傘をぶら下げた状態で、自転車のフレームと前輪の泥よけの間に傘が引っ掛かってハンドルが動かなくなり、バランスを崩して転倒、次男の頭を地面に強く打ち付けて死亡させた疑い。
横浜市都筑区電動自転車子供殺人4.jpg
神奈川県警都筑署によると、母親は「ハンドルがきかなくなった」と話している。また母親は、「子供が前にいると顔が見えて安心だった」とも話していたと言う。電動自転車の前部のシートには、長男(3)を乗せていたが、ケガは無かった。
神奈川県警都筑署は、「ルールを守って運転してほしい」(都筑署幹部)と強調。事故翌日から管内の保育園などに注意喚起するビラを配った。




posted by かえぴょん at 20:39| Comment(0) | 蔓延する都会的自己中心悪業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]