2018年09月10日

埼玉県坂戸市・北坂戸駅コインロッカー乳女児死体遺棄…埼玉県鶴ケ島市の35歳母親を逮捕


埼玉県坂戸市坂戸駅コインロッカー殺人死体.jpg

埼玉県警西入間署は8日、埼玉県坂戸市(さかどし)末広町の東武鉄道東上線・北坂戸駅のコインロッカーに、出産後間もない女の子の乳児のご遺体を遺棄したとして、隣接する埼玉県鶴ケ島市に住む、母親で職業不詳の堀口香織容疑者(35)を死体遺棄の疑いで逮捕した。
埼玉県坂戸市坂戸駅コインロッカー殺人死体1.jpg
埼玉県坂戸市坂戸駅コインロッカー殺人死体2.jpg

埼玉県警西入間署によると、逮捕容疑は8月25日頃、死産したと見られる乳児のご遺体をバッグに入れ 北坂戸駅構内のコインロッカーに遺棄した疑いがある。
8月29日に駅員が、「異臭がする」と交番に届け出て、埼玉県警西入間署員がご遺体を発見した。埼玉県警西入間署によると、司法解剖の結果、ご遺体は身長約50センチメートル、体重約2200グラムで、死産の可能性があると言う。
埼玉県警西入間署は、防犯カメラなどを調べ、堀口香織容疑者が事件後、住んでいた家に戻っていない事が判明。行方を捜査し、8日に埼玉県川越市内のスーパーで発見したと言う。
埼玉県坂戸市坂戸駅コインロッカー殺人死体3.jpg
堀口香織容疑者は調べに、容疑を認め、「産んだら泣かなくて動かなかった。困って捨てるしかなかった」と、話していると言う。
堀口香織容疑者は独身で、埼玉県鶴ケ島市で両親らと暮らしていたが、8月25日以降は帰宅していなかったと言う。






【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:40| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。