2018年08月26日

兵庫県神戸市のホテルで49歳女性変死…同室の知人の56歳男を保護責任者遺棄容疑で逮捕


神戸市ホテル女性殺人.JPG
兵庫県警有馬署は26日、兵庫県神戸市北区有野町(ありのちょう)唐櫃(からと)のホテルの同室に泊まっていた女性が、意識の無い状態になったにも関わらず、保護せず放置したとして、保護責任者遺棄の疑いで、知人で兵庫県神戸市灘区森後町(モリゴチョウ)の土建業・安田正容疑者(56)を逮捕した。
逮捕容疑は、25日14時00分過ぎから21時00分過ぎまでの間、兵庫県神戸市北区有野町唐櫃のホテルの一室で、一緒に宿泊していた兵庫県洲本市(淡路島内)の無職の女性(49)が、意識の無い状態になった事を認識しながら、放置した疑い。
安田正容疑者は25日21時15分頃、「女性が飲酒後にベッドから落ちて動かない。意識がない」と、ホテルの従業員を通じて119通報したが、駆け付けた救急隊員らによって死亡が確認された。消防隊員が駆け付けた際、女性は部屋の床で全裸で倒れていて、既に死後数時間が経過していたと見られると言う。
兵庫県警有馬署によると、女性は頭部を打撲し、顎などには皮下出血の様な痕があり、27日にも司法解剖し、死因の特定を急ぐ。
兵庫県警有馬署によると、安田正容疑者と女性は知り合いと見られ、2人は数日前からホテルに宿泊。兵庫県警有馬署の調べに対し、安田正容疑者は女性について「(通報の)5分から10分ぐらい前まで元気だった」と、容疑を否認していると言う。
25日14時00分頃には、清掃員が室内で女性の話し声がするのを聞いていたと言う。







【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:07| Comment(0) | 凶悪殺戮‥近畿編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。