2018年07月26日

茨城県結城市の18歳自称介護士の少女、出産直後の男児を殺害し遺棄…殺人と死体遺棄容疑で逮捕


山田幸美アナウンサー_茨城県結城市新生児殺人死体遺棄.jpg

茨城県警結城署は25日、自分が出産した新生児を殺害し軽乗用車内に遺棄したとして、茨城県結城市内の自称介護士の少女(18)を殺人と死体遺棄の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は今月19日頃、茨城県結城市内の自宅トイレで出産した男児を何らかの方法で殺害し、ご遺体を駐車中の軽乗用車内に隠し、遺棄した疑い。茨城県警結城署は認否を明らかにしていない。
茨城県結城市新生児殺人死体遺棄1.jpg
24日に男児のご遺体を司法解剖した結果、体重約3300グラム、身長約50センチメートルで、死因は不明。出産時には生きていた。
茨城県警結城署によると、少女は出産後、体調を崩して、20日深夜01時30分頃、母親と栃木県内の病院を受診したが、病院から「自宅で出産した可能性のある患者が来院している」と通報があり、20日05時40分頃、茨城県警結城署員が、少女の自宅に止めた軽乗用車からポリ袋に入ったご遺体を発見した。
茨城県結城市新生児殺人死体遺棄2.jpg
茨城県結城市新生児殺人死体遺棄3.jpg

少女は同居の両親に妊娠を明かしていなかった。
茨城県警結城署は、殺害に至った動機や遺棄した詳しい経緯について調べている。
茨城県結城市新生児殺人死体遺棄4.jpg





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 01:12| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。