2018年07月22日

【殺人で捜査】福島県いわき市の民家に女性遺体、顔面出血と骨折〜殴られた可能性


福島県いわき市高齢女性殺人事件.jpg
21日10時40分頃、福島県いわき市平鎌田(たいらかまた)の民家で住人の坂本基子(もとこ)さん(83)と見られるご遺体が見つかった。ご遺体は玄関付近の畳の上で倒れていて、口や鼻から大量の血を流しており、司法解剖の結果、鼻と口付近を骨折しており、死因は顔面打撲による脳損傷だった。
22日、福島県警は殺人事件として、福島県警いわき中央署に捜査本部を設置した。
福島県いわき市高齢女性殺人事件1.jpg

福島県警いわき中央署によると、坂本基子さんはこの家に1人暮らし。坂本基子さんと連絡が取れなくなった事から近所の男性(62)が訪問、ご遺体を発見、通報した。
坂本基子さんのご遺体は横向きに倒れており、顔面に強い圧力が加えられたと見られる骨折があったほか、腫れ上がっていて、福島県警いわき中央署は、何者かに殴られた可能性があると見ている。
ご遺体発見時、玄関は無施錠で、引き戸が少し開いた状態だった。目立って荒らされた形跡は無かったと言う。
福島県いわき市高齢女性殺人事件2.jpg
坂本基子さんを良く知る近所の男性は、「19日の午後に畑仕事しているところを見た。元気そうだったのに」と、驚いた様子で話した。坂本基子さんはここ10年ほどは1人で暮らしていたと言う。
現場はJRいわき駅から東に約1.5キロメートルの農地に民家や工場などが点在する地域。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:19| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東北篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。