2018年07月12日

東京都羽村市のマンション女性刺殺事件…フィリピン国籍の30歳男を傷害致死容疑で逮捕送検


東京都羽村市フィリピン人男による女性刺殺事件・尾島沙緒里.jpg

9日22時20分頃、東京都羽村市小作台のマンションの1室で、知り合いの26歳の女性を包丁で刺したとして、警視庁福生署は、フィリピン国籍で東京都西多摩郡瑞穂町の自称・派遣社員、オクズミ・アレックス・モンテファルコン容疑者(30)を、殺人未遂容疑で逮捕した。
警視庁福生署によると、女性はこの部屋に住むフィリピン国籍の無職、モンテファルコン・イラセル・ルー・アブンドさん(26)で、オクズミ・A・モンテファルコン容疑者が、両腕や両足を、いきなり持っていた刃物で刺すなどして殺害しようとした疑いが持たれています。
東京都羽村市フィリピン人男による女性刺殺事件1.jpg
東京都羽村市フィリピン人男による女性刺殺事件2.jpg

オクズミ・A・モンテファルコン容疑者は事件の後、「彼女を刺した」と、110番通報していました。モンテファルコン・E・L・アブンドさんは病院搬送時は意識があったが、11日06時00分頃、容体が悪化して、外傷性出血性ショックで死亡した。
オクズミ・A・モンテファルコン容疑者は取り調べに対し、「彼女を包丁で刺したことに間違いないが、殺すつもりはなかった」などと供述していると言う事です。
東京都羽村市フィリピン人男による女性刺殺事件3.jpg
警視庁福生署は、容疑を傷害致死に切り替えて、11日午前、送検した。
2人は知人同士で交際していたと見られ、警視庁福生署は、交際を巡ってトラブルがあったと見て調べています。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:44| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。