2018年07月07日

オウム真理教・松本智津夫死刑囚ら7人の死刑執行〜法務省


オウム真理教国家転覆テロ事件死刑執行1a.jpg
オウム真理教国家転覆テロ事件死刑執行1.jpg
法務省は6日午前、1995年の地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教の元代表、松本智津夫(熊本県出身)死刑囚(麻原彰晃、63)=東京拘置所=と元幹部の計7人の刑を執行したと発表した。
一連のオウム事件では松本智津夫死刑囚のほか、元幹部12人の死刑が確定しているが、刑の執行は初めて。
法務省によると、他に死刑執行したのは、いずれも元幹部の早川紀代秀死刑囚(68)=福岡拘置所=、中川智正死刑囚(55)=広島拘置所=、井上嘉浩死刑囚(48)=大阪拘置所=、新実智光死刑囚(54)=大阪拘置所=、遠藤誠一死刑囚(58)=東京拘置所=、土谷正実死刑囚(53)=東京拘置所=の7人。7人同時の死刑執行は異例。
オウム真理教国家転覆テロ事件死刑執行5.jpg
オウム真理教国家転覆テロ事件死刑執行4.jpg

確定判決によると、松本智津夫死刑囚は、1989年11月4日の坂本堤(さかもと つつみ)弁護士一家殺害事件や、脱会信者殺害事件で、被害者らが自分に敵対したり離反したりしたとの理由で、「ポア」と言う言葉を使い、殺害を指示。1994年6月27日の松本サリン事件では、猛毒サリンの殺傷力や噴霧装置の性能を確かめる為、「実際に効くかどうかやってみろ」と、サリンの噴霧を元幹部らに命じた。
1995年3月20日の地下鉄サリン事件では、1995年1月に発生した阪神淡路大震災に匹敵する大惨事を起こせば、間近に迫った警視庁の強制捜査を阻止できると考え、東京の地下鉄・丸ノ内線・日比谷線・千代田線の車内で同時多発的にサリンを撒くよう指示し、13人が死亡、約6,300人以上が負傷した。
オウム真理教国家転覆テロ事件死刑執行サリン2.jpg
オウム真理教国家転覆テロ事件死刑執行サリン3.jpg
オウム真理教国家転覆テロ事件死刑執行サリン.jpg

一審・東京地方裁判所の判決は松本智津夫死刑囚を「救済の名の下に日本を支配し、その王になろうと各犯行を敢行した首謀者」と位置付け、殺人や死体損壊、武器等製造法違反などの罪で、13事件全てを有罪と認定。死刑を言い渡した。
控訴審で弁護側は「松本死刑囚は心神喪失状態で訴訟能力がない」と主張、期限までに控訴趣意書を提出しなかった。これに対し2004年2月、東京高等裁判所は「訴訟能力に疑いはない」として、控訴棄却を決定。最高裁判所は2006年9月、弁護側の特別抗告を棄却し、死刑が確定した。
オウム真理教国家転覆テロ事件死刑執行サリン1.jpg
地下鉄サリン事件から23年。2006年9月の死刑確定から約11年10カ月。日本の犯罪史上最悪のテロ事件の首謀者は、事件の真相を語る事のないまま、極刑に処された。松本智津夫死刑囚の神格化や教団関係者による報復も懸念される事から、警察庁は6日、後継団体などに対する情報収集と警戒警備を強化するよう各都道府県警に通達を出した。(獄中のメンバー釈放を要求した日本赤軍人質事件)
オウム真理教国家転覆テロ事件死刑執行6.jpg

上川陽子法相は6日12時45分、法務省19階で記者会見し、冒頭で、オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら執行された7人の氏名を読み上げた。
続いて、地下鉄サリン事件など松本智津夫死刑囚の有罪が認定された13事件などの概要を説明し、「過去に例を見ない、今後二度と起きてはならない凶悪な事件は、社会を震撼させ、世界にも衝撃を与えた。とめどなく暴走を進め、犯行に及んだ」と述べた。
執行について、「被害者やご遺族が受けられた恐怖や苦しみ、悲しみは想像に絶するものがある。慎重にも慎重な検討を重ねた上で執行を命じた」と述べた。
一連の事件で死刑が確定した13人のうち、7人を死刑執行の対象とした理由については「答えを差し控える」と、説明しなかった。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:53| Comment(0) | 凶悪残虐事件の終幕切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]