2018年05月26日

千葉県流山市の路上で男性刺され重傷…近くの33歳女を殺人未遂容疑で逮捕「腹が立って刺した」


千葉県流山市の路上男性殺人未遂で女逮捕.jpg

千葉県流山市東初石(ヒガシハツイシ)の住宅街の路上で4月20日、千葉県流山市内に住む会社員・原敏昭さん(58)が、自転車に乗った何者かに後ろから刃物の様なモノで背中を刺され、重傷を負った事件で、千葉県警流山署は24日夜、事件に関与した疑いがあるとして、現場近くに住む無職・清水麻美容疑者(33)を殺人未遂容疑で逮捕した。清水麻美容疑者は、容疑を認め、「路上ですれ違いざまに口論になった」、などと供述していると言う。
千葉県流山市の路上男性殺人未遂で清水麻美逮捕.jpg
千葉県流山市の路上男性殺人未遂で清水麻美逮捕1.jpg

逮捕容疑は、清水麻美容疑者は4月20日18時40分頃、千葉県流山市東初石2丁目の路上を歩いていた、千葉県流山市東初石の原敏昭さんの背中を刃物の様な物で刺し、殺害しようとした疑いがある。原敏昭さんは、背中の左側を刺され、自ら「刺された」と、110番通報したと言う。病院に搬送される際、意識はあったが、原敏昭さんは傷が深く、一時意識不明の重体になったが、その後回復し、命に別条は無いと言う。
千葉県警流山署によると、原敏昭さんの刺し傷が肺まで達していた事などから殺意を認定した。また、現金や貴重品を奪われるような被害は無かった。
千葉県警流山署は、特別捜査班を設置し、周辺の防犯カメラや付近を通行した車のドライブレコーダーの映像を確認して来た。
捜査関係者によると、自転車に乗った人物が、原敏昭さんの近くを通りかかる様子が、これらの映像に映りこんでいて、原敏昭さんも搬送時に、「自転車の人物に追い抜かれた」などと説明していた。
千葉県警流山署が、映像を解析するなどして、近くに住む清水麻美容疑者が浮上したと言う。
千葉県は、通り魔的な犯行の可能性も否定できないと判断、事件直後に機動隊員らを現場に投入し、周辺を警戒していた。
千葉県流山市の路上男性殺人未遂で清水麻美逮捕2.jpg
千葉県流山市の路上男性殺人未遂で清水麻美逮捕3.jpg

千葉県警流山署によると、原敏昭さんと清水麻美容疑者に面識はなく、事件直前、すれ違いざまに口論になっていた。清水麻美容疑者は「腹が立って刺した」と、容疑を認めていると言う。
現場は、東武野田線初石駅近くの住宅密集地。





posted by かえぴょん at 16:31| Comment(0) | 凶悪殺人未遂(全国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。