2018年05月18日

名古屋市中区のネットカフェ無差別殺人で男性死亡…“誰でもよかった”22歳男を殺人容疑で逮捕


愛知県名古屋市中区錦ネットカフェ男性殺人.jpg

17日20時25分頃、愛知県名古屋市中区錦(にしき)3丁目のビルの9階にある漫画喫茶(ネットカフェ)「マンガ・ネット館錦店」で、「刃物を持って揉み合っている人がいる」と、110番通報があった。愛知県警中署(愛知県名古屋市中区)によると、男性1人が、頭や胸などを刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。愛知県警中署は、現場で刃物を持っていた住居不詳、無職の稲田府見洋(ふみひろ)容疑者(22)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、容疑を殺人に切り替えて調べている。
愛知県名古屋市中区錦ネットカフェ男性殺人1.jpg
愛知県名古屋市中区錦ネットカフェ男性殺人2.jpg
愛知県警中署によると、死亡した男性は愛知県尾張旭市の会社員、大竹智之さん(35)。稲田府見洋(ふみひろ)容疑者は、刃渡り約15センチメートルの果物ナイフで、大竹智之さんの頭や首、胸などを強い殺意を持って刺し殺害しようとした疑い。稲田府見洋容疑者は、大竹智之さんとは「面識がない」と説明しており、「自分が死ねないから、むかついて刺した」と話していると言う。
大竹智之さんは病院に搬送されましたが、約1時間後に失血死で死亡しました。稲田府見洋容疑者は、駆け付けた愛知県警中署の警察官にもナイフで抵抗しようとしたと言う。
愛知県名古屋市中区錦ネットカフェ男性殺人3.jpg
愛知県警中署のこれまでの調べによりますと、稲田府見洋容疑者は17日18時00分過ぎに入店し、そのおよそ2時間後に大竹智之さんが入店したと言う事です。2人は2つ隣の部屋を利用していて、「些細な物音にもイライラし、限界に達し、被害者の部屋がうるさく感じたので、『物音を立てるな』と怒鳴って押し入った。ナイフは何かむかつく事があれば誰でもいいから刺そうと思って持ち歩いていた」、などと供述していると言う事です。
事件があったビルは、9階から11階がインターネットカフェになっていて、現場となった9階には35の部屋があり、いずれも鍵は無いと言う事です。愛知県警中署が詳しい経緯やきっかけとなった動機について調べています。
現場は名古屋市営地下鉄・栄駅に近く、東海地方最大の繁華街の大通りに面したビルで、商業施設やホテルが立ち並ぶ。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:45| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。