2018年05月15日

三重県鈴鹿市の住宅駐車場の車内で男性の絞殺死体…住宅内に血痕、殺人事件で捜査


三重県鈴鹿市住宅軽自動車内男性殺人.jpg

13日05時55分頃、三重県鈴鹿市稲生塩屋(いのうしおや)1丁目の解体作業員、横山麗輝(よしき)さん(25)の自宅駐車場で、軽ワンボックスカーの後部座席で、男性が仰向けに倒れ、「息をしていない。首にコードが巻きついている」と、義理の息子(25)から110番通報があった。三重県警鈴鹿署員らが駆け付けると、首に延長コードが巻かれ、男性は搬送先の病院で死亡が確認された。
死亡したのは、この家に住む横山麗輝(よしき)さんで、司法解剖の結果、死因は頸部圧迫による窒息死で、三重県警鈴鹿署は、殺人事件の可能性が高いと見て捜査を進めている。
三重県鈴鹿市住宅軽自動車内男性殺人1.jpg
三重県鈴鹿市住宅軽自動車内男性殺人3.jpg

三重県警鈴鹿署によると、横山麗輝さんの首にはひっかき傷があり、何者かに首をコードで絞められ、外そうとして抵抗した可能性がある。
捜査関係者によると、横山麗輝さんの自宅室内に血痕などの争った形跡があった。三重県警鈴鹿署は、横山麗輝さんが自宅で殺害された後、自宅駐車場の軽自動車に運び込まれた可能性もあると見ている。
三重県鈴鹿市住宅軽自動車内男性殺人4.jpg
横山麗輝さんの妻(45)の三重県警鈴鹿署に対する説明では、妻は12日夜から、三重県鈴鹿市内で経営する飲食店に働きに出ており、横山麗輝(よしき)さんは13日未明、妻に「もうすぐ帰る」と電話連絡。しかしその後連絡が取れなくなり、妻は近くに住む前夫の息子(25)に電話し、横山麗輝さんの帰宅を確認するよう依頼した。息子が現場に様子を見に到着した時、横山麗輝さん宅も軽自動車のドアにも鍵は掛かっておらず、軽自動車のエンジンキーは差し込んだままだったと言う。
関係者によりますと、横山麗輝さんと息子は、中学の同級生で、仲も良く現在は義理の親子になっています。
三重県鈴鹿市住宅軽自動車内男性殺人2.jpg
三重県警鈴鹿署は、横山麗輝さんが自宅で何らかのトラブルに巻き込まれ、電気の延長コードで首を絞めて殺害されたと見て、捜査本部を設置し捜査している。
現場は、鈴鹿サーキットの南東約3.6キロメートルの住宅街。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:51| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。