2018年04月26日

大分市立中学校で男性教諭が生徒の首を絞めて失神させる、市教委公表せず


大分市教育委員会隠蔽.jpg
今月、大分県大分市の市立中学校の50代男性教諭が、2年の男子生徒の首をつかんで転倒させ、打撲などを負わせた際、生徒が一時『失神』していた事が、大分市教育委員会への取材で分かった。
大分市教育委員会は22日の会見で、「生徒は後頭部に内出血、首にすり傷を負った。転倒後すぐに立ち上がった」と説明。大分市教育委員会は学校から報告を受けながらも、記者会見では『失神』について明らかにしなかった。大分市教育委員会は、「学校から報告は受けていたが、事実関係が曖昧と考え、あえて触れなかった」と釈明。「隠す意図は無く、公開する内容では無いと判断した」としている。
大分市教育委員会によると事故は、20日19時00分頃発生。
校内の昇降口の前で話をしていた男子生徒5人を男性教諭が見つけ、早く帰宅するよう複数回注意したが従わなかった為、自転車にまたがっていた1人の生徒の首の後ろを左手で掴み、自転車ごと転倒させ、ケガをさせた。教諭は柔道の有段者で指導者経験もあると言う。
大分市教育委員会は会見で「生徒は転倒したが、すぐに立ち上がった」と、説明した。しかし、同中学校校長が21日に提出した報告書には、「首を掴んだ際、数秒間意識を失った」とあり、大分市教育委員会も事実を把握していた。
一連の経緯について佐藤樹一郎市長は、26日の定例会見で、大分市教育委員会に対し、何故、事実と違う説明をしたのかを問い合わせた所、26日午前、「事が大きくなることを心配した」と言う報告があった事を明らかにしました。
大分市教育委員会・学校教育課の佐藤浩介課長は25日、失神の事実を伏せた理由として、現場にいた別の教諭2人が「生徒は倒れていたが、失神していたか分からない」などと説明した事を紹介。「生徒側から事情を聞けていなかった。隠蔽や矮小(わいしょう)化するつもりは無かった」と述べた。
24日には男性教諭が、大分市教育委員会に「胸を叩いて目を覚まさせた」と説明したが、大分市教育委員会は会見内容を修正しなかった。
大分市教育委員会は取材に対し、「被害生徒からは事情を聞けておらず、詳細は調査中だ。会見で不確実な事は公表しなかった」と強調する。
しかし、大分市教育委員会の会見に基づくニュースを見た両親、は『大分市に抗議』しており、大分市教育委員会は「事実を明らかにして再度説明したい」としている。
また市長への報告と、食い違いがあった事について、佐藤樹一郎市長は「教育委員会が事実に反する説明をしたのは信頼を損なうもので、誠に遺憾です。心からお詫びを申し上げたい」と、話しています。




posted by かえぴょん at 22:50| Comment(0) | 凶悪殺人未遂(全国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。