2018年04月25日

【犬猫にも劣る】千葉県千葉市で死産した新生児の遺体家に隠す…沖縄の16歳少女と千葉市の17歳少年を死体遺棄容疑で逮捕

千葉県千葉市少年少女胎児遺棄事件.jpg

千葉県警は4月25日までに、死産した新生児のご遺体を遺棄したとして、沖縄県の無職の少女(16)と交際相手だった千葉県千葉市の少年(17)を死体遺棄容疑で逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。
2人は容疑を認め、「2人の子供で、気づいたら死んでいた」などと供述していると言う。
捜査関係者によると、2人は2月、千葉県千葉市内の少年の自宅の押し入れの中に、生まれたばかりの新生児のご遺体を、段ボールに入れて隠した疑いがある。胎児は、少女が妊娠中に破水するなど、成長した状態だった。ご遺体は死後、かなり時間が経った状態で発見されたと言う。
2人は出会い系サイトで知り合い、交際しており、少女(16)が少年(17)の自宅で出産したと言う。
少女が今月、沖縄県内で知人に「千葉で赤ちゃんを産んだ。死んでいたので遺体を隠した」などと話した事で、事件が発覚した。千葉県警の捜査員が少年の自宅を捜索し、赤ちゃんのご遺体を見つけた。
捜査関係者によると、2人は何らかの方法で中絶を試みた可能性もあると見て、胎児の死因を詳しく調べると共に、千葉県警は、殺人や保護責任者遺棄致死などの疑いもあると見て、捜査を進める方針。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 19:45| Comment(0) | 凶悪殺戮‥関東編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。