2018年04月18日

愛知県瀬戸市の住宅からミイラ化した男性遺体…住人の63歳男を死体遺棄容疑で逮捕


愛知県瀬戸市男性腐乱死体.jpg

17日13時05分頃、愛知県瀬戸市池田町の職業不詳、近藤満さん(69)宅の大家の男性から、「この家に住む男性の姿を最近見ていない」と、愛知県警瀬戸署に通報があった。駆け付けた署員が住宅2階の寝室で、男性のご遺体を発見した。ご遺体は死後1年ほど経過していると見られ、愛知県警瀬戸署は17日夜、この家に男性と同居する、弟で無職の近藤真澄容疑者(63)を死体遺棄容疑で逮捕した。
愛知県瀬戸市男性腐乱死体遺棄1.jpg
愛知県瀬戸市男性腐乱死体遺棄.jpg
愛知県瀬戸市男性腐乱死体遺棄3.jpg

ご遺体は、近藤真澄容疑者の兄の近藤満さん(69)と見て、身元の確認を急ぐと共に、詳しい経緯について近藤真澄容疑者から事情を聴いている。
逮捕容疑は昨年4月頃、自宅で兄の近藤満さんと見られる男性が死亡しているのを知ったのに、ご遺体を放置した疑い。近藤真澄容疑者は、「去年4月頃、兄が死亡しているのを認めた」としながらも、「放置したわけではない」と話していると言う。
愛知県瀬戸市男性腐乱死体遺棄4.jpg
愛知県瀬戸市男性腐乱死体遺棄2.jpg
愛知県警瀬戸署によりますと、ご遺体に目立った外傷は無かったが、一部がミイラ化、一部が白骨化し腐敗が進んだ状態だったと言う。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:59| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。