2018年04月07日

【続報・急展開】鹿児島県日置市男女3人連続惨殺事件…同居の38歳岩倉知広容疑者を殺人容疑で逮捕


鹿児島県日置市男女3人惨殺事件_孫逮捕1.jpg

6日15時45分頃、鹿児島県日置市(ひおきし)東市来町(ひがしいちきちょう)湯田の住宅で、高齢の女性2人のご遺体と、男性1人が部屋の中で意識不明の状態で倒れているのを、安否確認に訪れた鹿児島県警の警察官が発見。男性は、病院に搬送されたが死亡が確認された。
鹿児島県警日置署のその後の調べで、亡くなった3人は、この家に住む岩倉久子さん(89)の長男(兄70代)の妻で、鹿児島県薩摩川内市(さつませんだいし)天辰町(あまたつちょう)の無職・岩倉孝子さん(69)と、岩倉孝子さんの姉で、鹿児島県薩摩川内市平佐町(ヒラサチョウ)の坂口訓子(くにこ)さん(72)、それに長男の知人でこの家の近くに住む職業不詳、後藤広幸さん(47)と判明したと発表した。
鹿児島県日置市男女3人惨殺事件_孫逮捕2a.jpg
鹿児島県日置市男女3人惨殺事件_孫逮捕2.jpg
鹿児島県警日置署は、現場の状況などから殺人事件と見て捜査した所、7日、近くに住む無職、岩倉知広容疑者(38)を後藤広幸さんへの殺人容疑で逮捕した。
岩倉知広容疑者(38)は、この民家に住む岩倉久子さんの孫で、民家で同居する次男(68)の息子。
また、母親の岩倉久子さんと次男で岩倉知広容疑者の父親の2人とも連絡が取れなくなっている事から、行方を捜している。
鹿児島県日置市男女3人惨殺事件_孫逮捕4.jpg

岩倉知広容疑者は調べに、「間違いありません」と容疑を認め、残る岩倉孝子さんと坂口訓子(くにこ)さんの2人について、殺害をほのめかしていると言う。
鹿児島県警日置署によると、岩倉知広容疑者は6日15時09分〜15時25分の間、岩倉久子さん方で、近くに住む後藤広幸さん(47)の首を絞めるなどして殺害した疑いがある。6日19時00分頃、岩倉知広容疑者が鹿児島県日置市内を1人で歩いているのを、鹿児島県警の捜査員が発見し、任意同行して事情を聴いていた。

鹿児島県日置市男女3人惨殺事件_孫逮捕3.jpg
事件発覚は、6日15時45分頃に、この家に住む家族の兄から「弟と連絡が取れない」と、鹿児島県警日置署に通報があり、鹿児島県警日置署員が確認のため家を訪問した所、室内で女性2人のご遺体を発見し、男性も倒れておりその後死亡が確認された。
鹿児島県警日置署によると、3人は岩倉久子さん(89)さんや次男(68)の安否確認のために民家を訪れた際に、事件に巻き込まれたと見られる。
6日正午12時00分頃、次男(岩倉知広容疑者の父親)の勤務先から長男に、「数日間出勤していない」と連絡があった。鹿児島県外に居た長男は約30分後、妻の岩倉孝子さん(69)さんに電話で、住居へ確認に行くよう依頼。坂口訓子さん(72)も同行したと見られる。
長男は妻の岩倉孝子さんとも連絡が取れなくなった事から、近所に住む後藤広幸さん(47)に14時20分頃、安否確認を頼んだと言う。
だが、後藤広幸さんとも連絡がつかなくなったため、長男は14時50分頃、「弟や妻、知人と連絡が取れない」と、鹿児島県警日置署に通報し、駆けつけた警察官がご遺体を発見した。
玄関近くの部屋の床で、岩倉孝子さんと坂口訓子さんが倒れ、少し離れた部屋の床に、後藤広幸さんが倒れていたと言う。
鹿児島県日置市男女3人惨殺事件_孫逮捕.jpg
後藤広幸さんに殴られた痕があるなど、3人のご遺体に外傷があった事などから、鹿児島県警日置署は、殺人事件と断定して捜査を開始。行方の分からなくなった岩倉知広容疑者(38)が何らかの事情を知っていると見て、捜していた。7日早朝には、長男の妻の岩倉孝子さん(69)の車が現場近くで発見された。




【第一報から急展開】
鹿児島県日置市男女3人惨殺事件1.jpg
鹿児島県日置市男女3人惨殺事件.jpg

6日15時45分頃、鹿児島県日置市(ひおきし)東市来町(ひがしいちきちょう)湯田の住宅で、高齢の女性2人が部屋の中で死亡しているのを、安否確認に訪れた鹿児島県警の警察官が発見した。別の部屋では男性1人が意識不明の状態で倒れており、病院に搬送されたが死亡が確認された。
近所の人によりますと、事件があった住宅には80代の母親と60代の息子の2人が住んでいると言う事です。3人にはいずれも外傷があり、鹿児島県警日置署は、現場の状況などから殺人事件と見て捜査を始めた。
鹿児島県日置市男女3人惨殺事件2.jpg

鹿児島県日置市男女3人惨殺事件5.jpg

鹿児島県警日置署によりますと、6日14時45分頃に、この家に住む家族の兄から「弟と連絡が取れない」と、鹿児島県警日置署に通報があり、鹿児島県警日置署員が確認のため家を訪問した所、室内で女性2人が死亡し、男性も倒れていた。女性のご遺体は死後硬直が始まっていたと言う。その際、玄関の鍵は掛かっていなかったと言う事です。
鹿児島県日置市男女3人惨殺事件4.jpg

鹿児島県警日置署は、3人の身元の確認と共に、死因の特定を急ぐ事にしています。
現場は、JR鹿児島線・湯之元駅の西約200メートルほどの住宅地の一角。近くに温泉街や市立湯田小学校がある。
また、九州電力株式会社 川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市久見崎町字片平山)までは湯之元駅から直線でおよそ30キロメートル。こういう奴がもし原発で働いていたら、何を仕出かすか分からない。原発事故は過去、全て人為的ミスで起きている。福島も設計段階の安易な人為的設計ミスだった―――。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:31| Comment(0) | 凶悪殺戮‥九州編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。