2018年03月29日

【江戸川区高3女子殺人】最高裁・青木正裕被告の上告棄却―無期確定へ《囚獄にて老残!》


東京都江戸川区の高3岩瀬加奈殺人事件_無期懲役確定.jpg
3年前の2015年(平成27年)、東京都江戸川区で高校3年生の岩瀬加奈さん(当時17)が殺害され現金約7500円が奪われた事件で、最高裁判所第2小法廷(菅野博之裁判長)は27日付で、強盗殺人と強盗強姦未遂の罪に問われた、アルバイト先の元同僚・青木正裕被告(31)の上告を退ける決定を出した。
無期懲役とした1審、2審判決が確定する。最高裁判所第2小法廷の3裁判官全員一致の結論。
東京都江戸川区の高3岩瀬加奈殺人事件_無期懲役確定1.jpg

被告側は起訴された内容を認め「懲役30年が妥当だ」と主張しましたが、1審の東京地方裁判所と2審の東京高等裁判所は、「被害者を言葉巧みに騙して家に連れて行くなど計画的な犯行だった」「犯行動機は身勝手極まりなく、有期懲役が相当な事案とは言えない」として、求刑通り無期懲役を言い渡しました。
これに対して被告側が上告していました。
東京都江戸川区の高3岩瀬加奈殺人事件_無期懲役確定2.jpg

この事件を巡っては、ツイッターに書き込みをした裁判官が、東京高等裁判所から厳重注意処分を受けています。
岩瀬加奈さんの母親の岩瀬裕見子さんは、「死刑を求めていましたが刑が重くなる事はなく、裁判官のツイートの件もあり、司法は遺族を救うものではないのだと感じています」と話しています。
東京都江戸川区の高3岩瀬加奈殺人事件_無期懲役確定3.jpg


この事件は、2015年(平成27年)11月15日20時00分頃、東京都江戸川区北小岩のアパートの浴室で、東京都江戸川区本一色(ほんいっしき)の高校3年生、岩瀬加奈さん(当時17)のご遺体が見つかり、警視庁小岩署は強盗殺人容疑でこのアパートに住むアルバイト・青木正裕容疑者(29)を逮捕した。
警視庁小岩署によると、11月14日午後、青木正裕容疑者が千葉県警に「女性を殺した」と110番通報。青木正裕容疑者の話した住所から、警視庁小岩署員がアパートを調べた所、岩瀬加奈さんのご遺体を発見した。

青木正裕容疑者は2015年10月まで、岩瀬加奈さんと同じコンビニ店でアルバイトをしていた。青木正裕容疑者は先月、コンビニ店を辞めましたが、その後の警視庁小岩署への取材で、岩瀬加奈さんの勤務時間を把握した上で待ち伏せをして、偶然を装って出会い、共通の趣味の「アニメグッズをあげる」と言って自宅アパートに岩瀬加奈さんを誘い、一緒にアパートに帰宅した直後、玄関先で後ろから首を羽交い締めにし、岩瀬加奈さんのブレザーで首を絞めて殺害、バッグなどを奪ったとして、強盗殺人容疑で逮捕された。
警視庁小岩署での調べに対して青木正裕容疑者は、「生活が苦しくて自暴自棄になっていた。殺したのは興味半分」と供述、容疑を認めていた。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:44| Comment(0) | 凶悪残虐事件の終幕切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]